あの実験本にスポットライトが――筒井康隆「残像に口紅を」が〝いま〟アツい!
2017年12月8日 更新

あの実験本にスポットライトが――筒井康隆「残像に口紅を」が〝いま〟アツい!

 1989年に登場したあまりにも堂々とした実験小説「残像に口紅を」がいま話題になっています。オリコンの文庫部門ランキングではトップ10にも入る勢い。火つけ役はまたもや《アメトーーク!本屋で読書芸人》

556 view

実験小説「残像に口紅を」、再度脚光を浴びる

 1989年に登場した筒井康隆の小説「残像に口紅を」。
五十音中の日本語の音が1種類ずつ小説の文面から失われてゆき、同時に主人公のまわりでは、その音を含む名をもつあらゆる存在が失われていく
 というあまりにも堂々とした実験小説は、
後半からのページが袋とじになっており、「ここまで読んで面白くなかったという方はこの本を送り返してください。代金を返します」と但し書きがついていた。
 という企画がくっついていたほど。本としても堂々としていたことがうかがえます。

火付け役は「アメトーーク! 本屋で読書芸人」

 きっかけは「アメトーーク! 本屋で読書芸人」でお笑い芸人・カズレーサーが高山一実に紹介したこと。

 この番組がオンエアされてからぐんぐん売上が伸び、11月27日から12月3日までが統計されたオリコンの文庫部門ランキングでは8位に入るという大活躍をみせました。


 紹介された時は《ギミック》がおもしろいと言われていましたが、そこは天下の筒井康隆先生。ギミック以外の部分も充実していることおおいに期待できるので流通が増えたこの期に要チェックかもしれません。




 ちなみに今年で83歳、まもなくキャリア60周年を迎えようとしている筒井康隆先生はまだまだご健在で、こんなニュースも入っております。

筒井康隆×塩田武士『騙し絵の牙』スペシャル対談が実現! 大泉洋が文章に合わせ頭のなかで動き出す『騙し絵の牙』、第一章&特集記事も完全無料公開!

株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹)は筒井康隆と『騙し絵の牙』著者・塩田武士による対談記事を雑誌『ダ・ヴィンチ』2018年1月号および書籍・コミックのレビューサイト『ダ・ヴィンチニュース』(https://ddnavi.com/) にて発表しました。また、これを記念し、本書に主人公として「あてがき」された俳優・大泉洋と著者・塩田武士による対談記事などを収録した『騙し絵の牙』無料お試し版の配信を、電子書籍ストアにて開始しました。
筒井康隆×塩田武士

筒井康隆×塩田武士

今回筒井康隆が塩田武士の最新作『騙し絵の牙』について、「前作『罪の声』を超える傑作」と絶賛したのをきっかけに、両作家による奇跡の対談が実現。

 筒井氏は「大泉君に 気を取られていて、こういうどんでん返しがあるとは、騙された。『大いなる助走』『巨船ベラス・レトラス』の“以後”を塩田君が書いてくれた」と話し、『騙し絵の牙』の魅力から、二人の小説、エンターテイメントに対する想いまで、赤裸々に語られました。
 そのほか、筒井氏が『旅のラゴス』アニメ化のオファーをスタジオジブリに断ったという噂の真相や、SNSにまつわる意外な経験など、“何でも創作に反映させられる”(塩田談)筒井氏ならではのユーモアあふれるエピソードにも注目です。

また2017年本のランキングを発表する『ダ・ヴィンチ』「BOOK OF THE YEAR」特集号でも本書がランクイン。この対談は雑誌『ダ・ヴィンチ』2018年1月号に掲載されているほか、書籍とコミックのレビューサイト『ダ・ヴィンチニュース』でも読むことができます。

ダ・ヴィンチニュース(前編)

※後編は12/8配信予定

雑誌『ダ・ヴィンチ』2018年1月号(2017年12/6発売)

雑誌『ダ・ヴィンチ』2018年1月号(2017年12/...

雑誌『ダ・ヴィンチ』2018年1月号(2017年12/6発売)

『騙し絵の牙』無料お試し版 配信ストア

21 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

たけし軍団総出演『ビートたけし殺人事件』原作を執筆したそのまんま東がヒロイン「かとうかず子」と私生活でも恋仲に!

たけし軍団総出演『ビートたけし殺人事件』原作を執筆したそのまんま東がヒロイン「かとうかず子」と私生活でも恋仲に!

1989年1月に約30分ずつ4回に分けて放送された、たけし軍団が総出演した『ビートたけし殺人事件』。フライデー襲撃事件により芸能活動を自粛していたそのまんま東が、執筆した推理小説を原作に、ヒロインにかとうかず子を迎え制作された。
ひで語録 | 1,662 view
【オリコンウィークリー】WINKが表紙、西田ひかるのフルーチェCM、秋元康作詞塾など1989年2月13日号を振り返る

【オリコンウィークリー】WINKが表紙、西田ひかるのフルーチェCM、秋元康作詞塾など1989年2月13日号を振り返る

「オリコンチャート」として、日本で一番知られている芸能雑誌、「オリコンウィークリー」。今回、1989年2月13日号を見る機会がありましたので、ご紹介します。
ジバニャンLOVE | 1,193 view
【巨人戦・プロ初登板・ノーヒットノーラン】中日・近藤真一さん

【巨人戦・プロ初登板・ノーヒットノーラン】中日・近藤真一さん

1987年8月9日、プロ初登板・巨人戦・ノーヒットノーランという、前代未聞の金字塔を打ち立てた投手、中日ドラゴンズの近藤真一さん。(現:近藤真市さん。)その怪物・近藤さんにインタビューした本がありましたので、ご紹介します。
ジバニャンLOVE | 4,065 view
清原のバットが飛ぶ!大乱闘を演じた【平沼定晴投手】第二の職業人生

清原のバットが飛ぶ!大乱闘を演じた【平沼定晴投手】第二の職業人生

1989年9月23日、プロ野球西武対ロッテ戦で、大乱闘事件が起きました。左ひじに直撃の投球を受けた清原和博氏が、怒ってまずバットを投げつけて、そして跳び蹴りを食らわすという激しい乱闘。その投手、平沼定晴さんのその後について書かれている本がありましたので、ご紹介します。
ジバニャンLOVE | 5,048 view
第8回山田風太郎賞発表! 同賞歴代受賞者6名の競作に加え、第3回受賞者冲方丁ほか豪華4大連載も。(『小説 野性時代』12月号)

第8回山田風太郎賞発表! 同賞歴代受賞者6名の競作に加え、第3回受賞者冲方丁ほか豪華4大連載も。(『小説 野性時代』12月号)

KADOKAWAが送るエンターテイメント小説誌『小説 野性時代』の12月号が11月13日より発売されました。第8回山田風太郎賞の激戦を制した作品の他、冲方丁、高杉良、東山彰良、本多孝好の豪華4大新連載、東山彰良×葉室麟の対談などを収録!

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト