【洋楽編】愛すべきワン・ヒット・ワンダー(一発屋)のその他の曲をまとめてみた
2023年12月12日 更新

【洋楽編】愛すべきワン・ヒット・ワンダー(一発屋)のその他の曲をまとめてみた

80年代・90年代を彩った個性豊かな愛すべきワン・ヒット・ワンダー(一発屋)の皆さん。それはまるで花火のように一瞬の出来事!今回はそんな彼らの特大ヒット以外のその他の楽曲に注目してみたいと思います。

666 view

MCハマー

Amazon | U can't touch this [Single-CD] | MC Hammer | ミュージック | ミュージック (2493008)

90年代初頭、累計1,000万枚以上を売り上げた2ndアルバム『プリーズ・ハマー・ドント・ハーテム (Please Hammer, Don't Hurt 'Em)』からシングルカットされた「ユー・キャント・タッチ・ディス(U Can't Touch This)」が大ヒットを記録し、世界中にダンス・ブームを巻き起こしたMCハマー。日本でも当時彼の髪型や服装、ダンススタイルを真似した「ハマ男(はまお)」がブームとなりました。同時期にはボビー・ブラウンを真似た「ボビ男」も流行っていましたよね。

MC Hammer - Turn This Mutha Out

そんなMCハマーは一発屋の印象がとても強いのですが、実はアメリカではファーストアルバム『Let's Get It Started』もヒットしており、特に人気の高かった「Pump It Up」「Let's Get It Started」「Turn This Mutha Out」「They Put Me in the Mix」はミュージックビデオも制作されています。また1991年に発売された3rdアルバム『ハマーIII (2 Legit 2 Quit)』に収録されている「トゥー・レジット (Too Legit To Quit)」のプロモーションビデオにはあのジェームス・ブラウンが出演!しかし「ユー・キャント・タッチ・ディス」が売れ過ぎてしまったが故に、その陰に隠れてしまった感は否めない所です。一時アーティスト名を「ハマー」に改名したこともありました。

ヴァニラ・アイス

Amazon | Ice Ice Baby | Vanilla Ice | 輸入盤 | ミュージック (2493011)

1990年、アルバム『To The Extreme』からシングルカットされた「Ice Ice Baby」が700万枚を売り上げる大ヒットを記録し、白人ラッパーとして一躍時の人となったヴァニラ・アイス。その勢いのまま俳優デビューを果たすなど、爆発的な人気を誇っていましたよね。

Vanilla Ice - I Love You

その後も特大ヒットとはならなかったものの「I Love You」「Rollin' in my 5.0」、自身もゲスト出演した映画『ミュータント・ニンジャ・タートルズ2』の挿入歌「Ninja Rap」などバリエーション豊かな楽曲をリリース。1998年にはリンプ・ビズキットのプロデュースで知られるロス・ロビンソンの元、「ミクスチャー・ロック」に路線変更したこともありました。ちなみに代表曲の「Ice Ice Baby」はこれまでに何度もリメイクし直し、歌い続けている模様です。

スキャットマン・ジョン

1995年、52歳で歌手としてメジャーデビューを果たし、ファーストアルバム『スキャットマンズ ワールド』がいきなり全世界で600万枚以上を売り上げるという大ヒット記録したスキャットマン・ジョン。その中でもこのアルバムからシングルカットされた「スキャットマン (Ski-Ba-Bop-Ba-Dop-Bop)」は自身の障害である吃音症を逆手に取った珍しい歌唱法を用いた独自のスタイルを確立しています。日本国内でも250万枚の売り上げを記録した同作でスキャットマン・ジョンは一躍時の人となりました。

Scatman (ski-ba-bop-ba-dop-bop) Official Video HD - Scatman John

Amazon | SU SU SU SUPER キ・レ・イ | スキャットマン・ジョン | ダンス・エレクトロニカ | ミュージック (2493050)

1996年には日本限定発売のシングル「Su Su Su Superキ・レ・イ」がカネボウ化粧品のCMソングに起用され、本人もCMに登場。ちなみに同曲のプロデュースを担当したのは作詞作曲にも携わった後藤次利さんです。そんな日本でも大活躍した遅咲きのアーティスト「スキャットマン・ジョン」でしたが、晩年は喉頭癌を患い、1999年に発売した3枚目のアルバム『Take your Time』が最後の作品となり、1999年12月に肺癌のため57歳という若さでこの世を去りました。プロモーションのため毎年のように来日してくれた日々がとても懐かしいですね。「プッチンプリン」のCMを覚えている人も多いのではないでしょうか。

アイリーン・キャラ

アイリーン・キャラ - Wikipedia (2558103)

ジェニファー・ビールスが主演し世界的大ヒットを記録した青春映画『フラッシュダンス』(1983年)。その主題歌「フラッシュダンス…ホワット・ア・フィーリング」を歌ったのがアイリーン・キャラでした。映画同様、主題歌も世界中で大ヒットを記録し、ビルボードHOT100で第1位、そして1984年には「アカデミー歌曲賞」と「ゴールデングローブ主題歌賞」を受賞。日本では麻倉未稀さんがドラマ『スチュワーデス物語』の主題歌として日本語カヴァーしたことでも有名ですよね。

Fame • Theme Song • Irene Cara

しかし曲が大ヒットしたにもかかわらず、その報酬をほとんど受け取ることが出来なかったことからレコード会社を訴え、勝訴するもその後は思うような音楽活動が出来ず不遇の時代を経験。音楽活動再開後はガールズバンド「Hot Caramel」を率いて小規模ながら活動を続けていたといいます。

そんなアイリーン・キャラ、何故か一発屋のイメージが付きまといますが代表曲「フラッシュダンス…ホワット・ア・フィーリング」の前にもアカデミー歌曲賞を受賞しており、これが二度目。彼女自身が主演を務め大ヒットした映画『フェーム』のココ役でも有名ですよね。そして自身が歌った主題歌「Fame」も忘れてはいけません。映画界・音楽界で成功を収めながらも波乱万丈な人生を送ったアイリーン。2022年11月に自宅で死去していたことが発表されました。63歳でした。
20 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【一発屋?orヘヴィロテ?・洋楽編(2)】(1)に続き今回は80年代を中心に集めてみました。

【一発屋?orヘヴィロテ?・洋楽編(2)】(1)に続き今回は80年代を中心に集めてみました。

 一発屋なのかヘヴィーローテーションなのか、ハヤテのように現れてヒットを飛ばし華麗に去って行ってしまったあの曲をもう一度! 中には「一発屋」ではないけれども「その一曲がデカ過ぎて…!」というアーティストの曲もあります。今回は80年代と90年代洋楽が中心です。
Yam | 6,385 view
ウォン・カーウァイや『アメリ』のジャン=ピエール・ジュネら有名監督の初期作品がラインナップ!ザ・シネマメンバーズセレクション~あの監督の初期作品集

ウォン・カーウァイや『アメリ』のジャン=ピエール・ジュネら有名監督の初期作品がラインナップ!ザ・シネマメンバーズセレクション~あの監督の初期作品集

洋画専門チャンネルザ・シネマでは、【ザ・シネマメンバーズ セレクション】として、有名監督たちの初期作品を幅広いジャンルから集めてお届けいたします。2月5日(月)~10日(土)の期間に、 4Kレストア版でTV初放送となるウォン・カーウァイ監督のデビュー作『いますぐ抱きしめたい』を含む6作品を特集放送いたします。
名フレーズが忘れられない!80、90年代に放送された思い出のCM集

名フレーズが忘れられない!80、90年代に放送された思い出のCM集

ドラマやバラエティ番組などの途中で入るCMは、見ていないようで結構印象に残っているものです。何度も放送される分、ドラマの内容より覚えていることもあるのではないでしょうか?今回は80.90年代に放送された思い出のCMたちを抜粋しまとめました。聞き覚えのある名フレーズに記憶が蘇ること間違いなしです。
あやおよ | 510 view
お笑い「コント」がテーマのオススメ記事

お笑い「コント」がテーマのオススメ記事

ミドルエッジ編集部が選んだお笑いの「コント」がテーマのオススメ記事。数多くの記事から厳選したものをご紹介します!!
萩本欽一からEXITまで!お笑い第○世代をまとめてみた!

萩本欽一からEXITまで!お笑い第○世代をまとめてみた!

少し前に「第7世代」が注目されましたが、1~6までの世代にはどんな芸人さんがいるのかご存じですか? 第1世代から第7世代までまとめてみました。
saiko | 577 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト