「まき」という名前の芸能人といえば誰?
2022年8月4日 更新

「まき」という名前の芸能人といえば誰?

芸能界には同じ名前の人も数多く存在しますよね。今回は90年代以前から活躍している「まき」さんにスポットを当てていきます。あなたの思い出のまきさんは誰ですか?

1,096 view

坂井真紀

 (2417684)

坂井真紀さんは1970年生まれ。1990年の20歳の時に4代目リハウスガールに選ばれ、芸能界入りします。1992年にはTBCのCMに出演し『ぜったいきれいになってやる』のフレーズで話題になりましたね。

この年にドラマデビューも果たします。歌手としてもデビューしていました。

1992年に「ダブルキッチン」に出演して注目を集め、「長男の嫁」などにも出演。代表作は2クール(半年)に渡って放送された「私の運命」ですね。

2003年から2008年の間しばらく地上波のドラマに出演していなかったのですが、2008年以降はまたコンスタントに出演されています。

2001年から2007年までは「ココリコミラクルタイプ」にもレギュラー出演して話題になりました。

水野真紀

 (2417686)

水野真紀さんも同じ1970年生まれ。出生名は江野脇 由紀です。現在は結婚されて後藤田由紀になっています。本名は由紀で芸名が真紀というのはなかなか珍しいと思います。

1987年に第2回『東宝シンデレラ』コンテストで審査員特別賞を受賞し芸能界入り。短大大学中の1989年、映画『冬物語』でヒロインを務めました。1990年に連続テレビ小説「凛凛と」でドラマデビューします。

松下電工(現在のパナソニック)のCMに出演し「きれいなお姉さんは好きですか?」のフレーズで注目を集めました。初代「きれいなおねえさん」とも呼ばれていますね。

その後も数々のドラマに出演して女優として活躍されています。サスペンスドラマのシリーズに出演することが多いですね。

2001年から『水野真紀の魔法のレストラン』に出演。現在も放送中です。2002年には調理師学校に通い、調理師免許も取得しています。

さらに2018年から大学に通い、2021年に幼稚園教諭一種免許を取得しています。

持田真樹

 (2417690)

持田真樹さんは1975年生まれ。中学2年生の時にスカウトされ、1989年に芸能界入りしました。

1991年にテレビ朝日系のバラエティ番組『桜っ子クラブ』の桜っ子クラブ さくら組のメンバーになり、CDデビューもしました。

1993年にはドラマ「高校教師」に出演。衝撃的なシーンが多く話題になりました。相沢直子という役でしたがインパクトの強い役だったのでその後も「直子」と呼ばれることが多々あったそうです。その後もコンスタントにドラマ出演されていましたが、2011年以降は出演されていません。2012年にご結婚されています。

1993年にはソロでCDデビューもしています。

カルーセル麻紀

 (2417688)

カルーセル真紀さんは1942年生まれ。出生名はは平原 徹男さん。現在は改名して平原 麻紀になっています。

幼少期から女性的思考を持っていて、中学生の時に三島由紀夫さんの小説を読んだことや、“麗しのゲイボーイ”と呼ばれていた丸山明宏(現・美輪明宏)さんの影響で自分の進む道を決めます。

1963年に芸能界デビューして、1968年に歌手デビュー。「麻紀」だけでは短すぎるとして勤めていた名前から「カルーセル麻紀」となりました。

1973年に性別適合手術を受け、2004年には戸籍も女性になっています。「日本人として初めて性別適合手術を受けた人」、「戸籍を男性から女性にしたパイオニア」ともいわれています。

元男性ということをネタにした軽快なトークが人気でお姉系タレントのパイオニアとも言えますね。

大黒摩季

 (2417692)

大黒摩季さんは1969年生まれ。

1989年の20歳の時にビーイングのオーディションに合格するのですが、コーラスをするように言われます。同じころソニーやビクターのオーディションにも合格していて「すぐにデビューしよう」という話も合ったそうなのですが、大黒さんはビーイングでコーラスをする道を選んだそうです。すごい選択ですよね。B'z、ZARD、TUBE、T-BOLAN、DEEN、織田哲郎などのコーラスを担当しました。

1992年に「STOP MOTION」でデビュー。2枚目の「DA・KA・RA」が大ヒットして第34回日本レコード大賞新人賞受賞しました。

その後も数々のヒット曲をリリースしていましたがライブを含め露出が一切なかったため、本当に存在するのか?という説もありましたね。1997年にソロライブを開催し、初めてファンの前に姿を現しました。

2010年から子宮疾患で無期限活動休止をしていましたが2015年から作家として復帰、2016年にアーティストとして復帰しました。

宮前真樹

宮前真樹さんは1973年生まれ。16歳の時にフジテレビ『パラダイスGoGo!!』の乙女塾1期生となり、CoCoのメンバーとして歌手デビューしました。当時はショートカットがトレードマークでしたね。

1994年にCoCoが解散し、そこからソロ活動をします。歌手活動とバラエティ番組がちゅうしんでしたが、ドラマや舞台にも少し出演しています。

2004年「宮前真樹バースデーライブ2004」で芸能活動を休止することを発表。

その後フランス料理の専門学校に通い、食育インストラクター、食農検定資格を取得。現在は料理研究家として活躍し、本も出版しています。

後藤真希

 (2417696)

21 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • 🤖 hero 2022/8/6 07:06

    「マキ上田」「バトルフィーバーJかデンジマン」とかの特撮で女悪役幹部だったような

    バーボン 2022/8/5 04:37

    まきと言えば
    "マキ上田"しかいない。
    ジャッキー佐藤より地味で
    人気は無かったけれど
    時代の頂点にいたのは確か。

    すべてのコメントを見る (2)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「ゆき」という名前で思い浮かぶ芸能人は誰?

「ゆき」という名前で思い浮かぶ芸能人は誰?

芸能界には同じ名前の人も多くいますが。「ゆき」という名前の人も多いですよね。今でいうと柏木由紀さんなどを思い浮かべる人が多いかもしれませんが、80年代、90年代に活躍した「ゆき」さんを挙げていきます。
saiko | 10,599 view
バンドブームを巻き起こした「イカ天」でブレイクしたバンド特集

バンドブームを巻き起こした「イカ天」でブレイクしたバンド特集

1989年から1990年まで放送された「三宅裕司のいかすバンド天国」通称、「イカ天」。2年弱の放送期間でありながら大変話題になり、数々のバンドを世に排出してきましたよね。今回はイカ天出身でブレイクしたバンドをご紹介していきます。
saiko | 6,786 view
バブルの頃の今では考えられ無い、むしろ恥ずかし~い!!いわゆるハデ婚。

バブルの頃の今では考えられ無い、むしろ恥ずかし~い!!いわゆるハデ婚。

80年代後半から90年代始め、時はバブル絶頂期、芸能人の方も一般人の方もハデ婚が盛んでした。今では考えられない、むしろ恥ずかし~い結婚式や披露宴を色々まとめてみました。
ギャング | 17,601 view
今や『テトリス』と対戦も可能に!?『ぷよぷよ』の魅力に迫る!

今や『テトリス』と対戦も可能に!?『ぷよぷよ』の魅力に迫る!

落ち物パズルが大流行した1980年代~1990年代に「ステージクリア」「対人戦」などの個性あふれるゲーム性、可愛らしいキャラクターで人気を不動のものにした『ぷよぷよ』の意外に知らない歴史やテクニック、愛され続ける理由をご紹介します!
80~90年始めヤンチャ大好きカラオケ曲、厳選10!!

80~90年始めヤンチャ大好きカラオケ曲、厳選10!!

80~90年代にかけてヤンチャな不良が好んで、カラオケでよく唄った曲を私なりに厳選して選んでみました。
ギャング | 15,229 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト