バンドブームを巻き起こした「イカ天」でブレイクしたバンド特集
2022年6月5日 更新

バンドブームを巻き起こした「イカ天」でブレイクしたバンド特集

1989年から1990年まで放送された「三宅裕司のいかすバンド天国」通称、「イカ天」。2年弱の放送期間でありながら大変話題になり、数々のバンドを世に排出してきましたよね。今回はイカ天出身でブレイクしたバンドをご紹介していきます。

6,731 view

「三宅裕司のいかすバンド天国」とは

「三宅裕司のいかすバンド天国」とは、TBSの深夜番組「平成名物TV」の1コーナーです。番組名だと思っていた人も多いのではないでしょうか。番組の1コーナーが社会現象になるというのはなかなか珍しいですよね。1989年2月11日から1990年12月29日までという短い間でありながら、音楽界に大きな影響を与えました。

毎週10組のアマチュアバンドが出演し、チャレンジャー賞バンドを決定。前回のチャンピオンであるイカ天キングバンドと対決し、買った方がイカ天キングになるというシステム。5週連続で勝ち抜くとメジャーデビューができます。

では、イカ天に出場した人気バンドを紹介していきますね。

FLYING KIDS

 (2378935)

FLYING KIDSは、3代目イカ天キングに選ばれ、5週勝ち抜き、初代グランドイカ天キングになりました。

東京造形大学のバンドサークルのメンバーを中心に結成した7人組グループ。初期はファンクミュージックを中心とした楽曲で人気でした。初代グランドイカ天キングに選ばれたのち、1990年に「幸せであるように」でメジャーデビューしました。

1994年頃からはポップ路線になり、スマッシュヒットを飛ばしますが1998年に解散。

ボーカルの浜崎さんはソロ活動をしながらドラマ出演なども行っていました。

その後、2007年に浜谷さん以外のオリジナルメンバー6人で再結成。2014年に飯野さんが脱退し、2017年に新メンバーが4名加入し現在も活動中です。

KUSU KUSU

 (2378945)

FLYING KIDSがイカ天キングだたっ時にチャレンジャー賞バンドだったのがKUSU KUSU。「在宅審査員賞」も受賞していました。

FLYING KIDSに挑むものの4-3で負けてしまったため、イカ天キングにはなっていません。ですが、イカ天に出演したことをきっかけに人気が出ます。イカ天の『アマチュアバンドベスト10』では10週連続1位になったこともあるほど、視聴者人気が高かったんです。

その後、イカ天出場時のキャッチフレーズと同名のアルバム「光の国の子供達」をインディーズでリリース。オリコンのアルバムチャートで12位を獲得しました。1990年にポリドールと契約し、メジャーデビューします。

1994年に「冬眠」として活動休止しますが、2000年、2009年に一夜限りの復活をしています。

JITTERIN'JINN

 (2378937)

6代目のイカ天キングはJITTERIN'JINN。1989年5月に出演し、イカ天キングになるのですが翌週にはセメントミキサーズというバンドに敗れたため、イカ天キングだったのは1週のみでした。独特の2ビートが評価され、その後もポップな曲調な楽曲で人気が出ました。

1989年には「エヴィリディ」でメジャーデビュー。1990年には「プレゼント」「にちようび」「夏祭り」が立て続けにヒットしてブレイクします。「夏祭り」はWhiteberryのカバーもヒットしましたね。

その後、ベースが脱退し、新メンバーが安定せず現在はサポートメンバーになっています。現在はインディーズで活動されていましたが、2010年以降は活動休止状態になっています。

BEGIN

 (2378943)

12代目のイカ天キングで2代目のグランドイカ天キングです。FLYING KIDSがグランドイカ天キングになったのは1989年4月。BIGINは9月です。グランドイカ天キングになるのはなかなか厳しかったことが分かりますね。

沖縄県石垣島出身の幼なじみ3人で結成したバンドで元々ハードロックをやっていたのですが、フォーク調に転向しました。イカ天に出演した時はすでに現在のスタイルで「恋しくて」などを披露しました。

最初にイカ天キングに挑戦した週はNORMA JEANのグランドイカ天キングがかかっていた週だったのですがそれを阻止し、その後5週連続で勝ち抜いたのでした。本人たちも沖縄に戻るつもりだったのに予期せぬ大人気となったそうです。

BIGINは現在もメンバーも変わらず活動されていますね。イカ天出場バンドでメンバーも変わらず続いているのはなかなかレアですね。

たま

 (2378939)

たまは14代目のイカ天キングで、3代目グランドイカ天キング。

イカ天キングとチャレンジャー賞バンドとの戦いは7名の審査員が審査するのですが、たまはそのうち3回が7:0という圧倒的な差をつけて飼っています。

たまのメンバーは全員が元々ソロ活動をしていて自分がボーカルをとる曲は自分で作詞・作曲をし、全員で編曲を行うというスタイルでした。

1990年に「さよなら人類」でデビューするやいなや、楽曲だけでなくそのビジュアルで話題になり「たま現象」などという言葉も生まれましたね。1995年にさよなら人類の作詞作曲をした柳原さんが脱退し、3人編成で活動を続けていましたが2003年に解散しました。

ですが解散後も柳原さん以外の3人はセッションなどで共演されています。

BLANKEY JET CITY

 (2378941)

BLANKEY JET CITYは25代目のイカ天キングで、5週勝ち抜き6代目グランドイカ天キングとなりました。1990年8月から9月なので今回ご紹介したほかのバンドに比べると少し後に出演しています。

グランドイカ天キングに選ばれたことで東芝EMIと契約し、ロンドンでアルバムをレコーディングし、1991年にリリース。オリコン初登場8位とヒット作となりました。

1996年からメンバーそれぞれがソロ活動を開始。再びバンド活動をするも1999年からまたソロ活動期間になり、2000年に解散しています。

他にもイカ天に出場したバンドはたくさんいますが、中でも印象的に残ったバンドを紹介させていただきました。「バンド」といっても色々なジャンルのバンドが出演していたんだなと改めて思いました。この番組をきっかけに音楽が好きになった人もたくさんいるでしょうね。
20 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

未来のトップアイドル「ミスFLASH2022」を発掘するオーディションが開催!!

未来のトップアイドル「ミスFLASH2022」を発掘するオーディションが開催!!

芸能人とコミュニケーションがとれるネット配信サービス「マシェバラ」と、光文社発行の写真週刊誌「FLASH」によるコラボレーション企画「ミスFLASH2022選考オーディション」が、第2期エントリーを6/4(金)13:00まで受付することを発表しました。
隣人速報 | 1,707 view
X JAPANのYOSHIKI、28年ぶりの写真集『XY』を発売!異例の「発売前重版」やメイキング映像にも注目!

X JAPANのYOSHIKI、28年ぶりの写真集『XY』を発売!異例の「発売前重版」やメイキング映像にも注目!

X JAPANのYOSHIKI(54)が、28年ぶりとなるオール撮りおろし写真集『XY』を発売することが決定しました。
隣人速報 | 549 view
「イカ天」の人気バンド、宮尾すすむと日本の社長のEPICソニー時代の楽曲が配信スタート!!

「イカ天」の人気バンド、宮尾すすむと日本の社長のEPICソニー時代の楽曲が配信スタート!!

TBS系列で放送されていた「平成名物TV・三宅裕司のいかすバンド天国」の10代目イカ天キングとして知られるバンド「宮尾すすむと日本の社長」がEPICソニーに在籍していた時代の全楽曲が、このたび配信スタートしました。
隣人速報 | 740 view
イカ天世代感涙!BS-TBS「X年後の関係者たち」で1990年前後の『バンドブーム』が特集される!!

イカ天世代感涙!BS-TBS「X年後の関係者たち」で1990年前後の『バンドブーム』が特集される!!

BS-TBSで放送中のバラエティ番組「X年後の関係者たち~あのムーブメントの舞台裏~」の1月18日(火)放送分にて、1990年前後に日本中を熱狂させた「バンドブーム」が特集されることが明らかとなりました。
隣人速報 | 6,368 view
BEGINメジャーデビュー25周年のツアー映像が発売!

BEGINメジャーデビュー25周年のツアー映像が発売!

BEGINのメジャーデビュー25周年を記念したツアーの様子を収めたライブ映像がDVDとBlu-rayでリリースされた。1989年に通称イカ天で、その歌唱力と曲の秀逸さからグランドイカ天キングにまで登りつめたBEGIN。イカ天時代も振り返る。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト