「スカイライン2000GT」「カローラレビンGT APEX」など、70~80年代の旧車の買取状況を調査!!
2023年6月29日 更新

「スカイライン2000GT」「カローラレビンGT APEX」など、70~80年代の旧車の買取状況を調査!!

愛車買取オークション「SellCa」の運営を行うクイック・ネットワークが、「SellCa」での出品データから1970~1980年代の車の買取状況について調査しました。

679 view

「スカイライン2000GT」「カローラレビンGT APEX」など、70~80年代の旧車の買取状況を調査!!

愛車買取オークション「SellCa」の運営を行うクイック・ネットワークが、「SellCa」での出品データから1970~1980年代の車の買取状況について調査しました。

【調査概要】
調査機関:自社調査
調査対象:クイック・ネットワークで取引された車のデータ177件
調査方法:自社保有データ分析 70~80年代の車で高額で落札されたものを上から5つ抽出(車種が同じものは除く)

メルセデスベンツ Sクラス

高級セダンの代名詞であるメルセデスベンツのSクラスが最初に登場したのは、1972年のことです。販売当初からその高級感にあふれた内外装や当時としては先進的な安全性能を搭載した車として大変人気を博しました。

今回写真で取り上げているものは1980年式のSクラス450SELです。カラーはブルーで走行距離は9.3万km。こちらの車は40年前の車ですが、評価も悪くなく綺麗な状態でした。最終的に約198万円で落札されています。
 (2535228)

トヨタ カローラレビン

トヨタのカローラレビンは、トヨタの中でも特に人気の高いカローラシリーズの一つとして1972年に登場しました。同年代のカローラ・クーペよりもスポーティなモデルとして登場し加速性能だけでなく優れた操縦性で人気を博しました。現在レビンの名を冠した車は中国のみでの販売となっていますが、カローラレビンは現在でも日本中に根強いファンが残っています。

今回写真で取り上げているものは1985年式のカローラレビンGT APEX。カラーはホワイトで走行距離は12.9万kmです。こちらの車は何と事故車評価がついています。売却金額は最終的に約283万円で落札されています。
 (2535231)

フォルクスワーゲン タイプⅡ

フォルクスワーゲンのタイプⅡは1950年に登場しました。乗用車としてももちろん使えますが、貨物車仕様なども用意されており様々な用途で使用されていました。キャンピングカーとしての用途もあり、アウトドアを好む方にも利用されてきました。見た目も独特でそのレトロで可愛らしい見た目も愛され続ける要因の一つです。

今回写真で取り上げているものは1989年式のタイプⅡです。カラーはイエローで走行距離は何と0km。30年以上も前の車ですが、最終的に約303万円で落札されています。
 (2535234)

メルセデスベンツ SL

メルセデスベンツのSLが最初に登場したのは1954年で、ガルウィングの特徴的なドアはかなりのインパクトがありました。その後製造された2代目ではオープンカーとしての地位を確立したため、オープンカーといえばメルセデスベンツのSLを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。SLシリーズは現在でも製造されるほどの人気車種です。

今回写真で取り上げているものはその後継車である1989年式の300SLです。カラーはグリーンで走行距離は7.4万kmです。こちらの車もとても30年以上前とは思えないほど綺麗な状態で保管されていました。そのため、最終的に約364万円で落札されています。
 (2535238)

日産 スカイライン

日産のスカイラインは1957年に登場しています(当時プリンス自動車)。日本の車文化に大きな影響を与えた車種の1つで、様々なモデルが登場していますが、1969年に登場したスカイラインGT-Rは日本のスポーツカーを語るうえで絶対に欠かせない車両です。

今回写真で取り上げているものはその後継車である1974年式のスカイライン2000GTです。カラーはブラウンで走行距離は6.7万km。こちらの車は事故車判定を受けており、古い車ということで様々な不具合がありました。しかしながら、最終的に約862万円で落札されています。
 (2535241)

愛車買取オークションサイト「SellCa」とは

クイック・ネットワーク株式会社が運営する愛車買取オークションサービスです。これまでの中古車流通フローではいくつも中間業者が間に入っていたためその分買取価格が低くなる傾向にありました。「SellCa」ではお客様のお車を査定後、約7000社以上のバイヤーが登録しているSellCa独自のインターネットオークションに出品し、そこでバイヤーが競り合うシステムとなっています。余計な中間業者を省き、お客様と全国のバイヤーを直接つなぐという手法をとることで、これまで中間業者が得ていた利益をお客様に還元できる仕組みとなっています。「SellCa」にお申し込み後、査定を受けていただくだけで出品することが可能です。また、「SellCa」は成約した場合のみ手数料がかかり、その額も何と一律でたった29,700円(税込)となります。加えて、設定金額に達しなければ無理に売っていただく必要もありません。その際のキャンセル料も不要です。

公式サイト

25 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

旧車王が「旧車」に興味があるユーザーを対象に大調査!旧車乗りはエンジンオイルのこだわりが強い?

旧車王が「旧車」に興味があるユーザーを対象に大調査!旧車乗りはエンジンオイルのこだわりが強い?

旧車に特化した買取サービス「旧車王」を運営するカレント自動車が、旧車に興味のある150人を対象に旧車のエンジンオイルに関するアンケートを実施、このたび調査結果が発表されました。
隣人速報 | 383 view
旧車王が「旧車」に興味を持っているユーザーを対象に大調査!旧車好きはEVについてどう思ってる!?

旧車王が「旧車」に興味を持っているユーザーを対象に大調査!旧車好きはEVについてどう思ってる!?

旧車に特化した買取サービス「旧車王」を運営するカレント自動車株式会社が、旧車に興味のある167人を対象に「旧車好きに聞くEVに関するアンケート」を実施、その調査結果がこのたび発表されました。
隣人速報 | 387 view
昭和のヤンチャな連中の憧れ「旧車」を特集した『THE 街道レーサーFILE』が好評発売中!!

昭和のヤンチャな連中の憧れ「旧車」を特集した『THE 街道レーサーFILE』が好評発売中!!

70年代~80年代にヤンチャしていた方々必見!スコラマガジンより、昭和の時代に一世を風靡した「旧車」を特集したムック『THE 街道レーサーFILE』が現在好評発売中です。
隣人速報 | 2,030 view
「チャンプロード」に代わる旧車會の新たなバイブル!?旧車を題材にした萌えマンガが登場!!

「チャンプロード」に代わる旧車會の新たなバイブル!?旧車を題材にした萌えマンガが登場!!

旧車會に朗報!?「旧車」×「JK」の青春カーグラフィティコメディを描く漫画『ぜっしゃか!‐私立四ツ輪女子学院絶滅危惧車学科‐①』が現在好評発売中です。
隣人速報 | 6,369 view
ミドル世代必見!『OPTION(オプション) 2022年8月号』はオプション流マニアック旧車選び特集!!

ミドル世代必見!『OPTION(オプション) 2022年8月号』はオプション流マニアック旧車選び特集!!

株式会社三栄より、「もっとクルマを楽しみたい」方のチューニング雑誌『OPTION(オプション) 2022年8月号』が発売されます。発売予定日は6月24日、価格は1100円(税込)。
隣人速報 | 842 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト