【ニャンニャン事件からピアスヌード!】「高部知子」の積木くずし人生…。
2015年12月1日 更新

【ニャンニャン事件からピアスヌード!】「高部知子」の積木くずし人生…。

元欽ちゃんファミリー「わらべ」の一員だった高部知子さん。積木くずしで演技派女優と絶賛された直後の「ニャンニャン事件」…。そして、ピアスヌードと衝撃を与えまくっていた彼女を振り返ってみましょう。

54,308 view

高部知子さんって、どんな人?

高部 知子(たかべ ともこ 1967年8月25日)

高部 知子(たかべ ともこ 1967年8月25日)

日本の女優・タレント・精神保健福祉士。慶應義塾大学文学部哲学科(通信教育課程)卒業。東京福祉大学精神保健福祉士養成課程修了。浄土宗西山深草派教師。

東京都生まれ。幼少期は病弱で、読書が趣味だった。一方で、読んだ書物の登場人物になりきって演技を試みる癖があった。
プロダクション(ボンド企画)にスカウトされ、1980年NHKのテレビドラマ『ガラスのうさぎ』でデビュー。

(引用:wikipedia)
『めだかの兄弟』わらべ

『めだかの兄弟』わらべ

1982年、テレビ朝日『欽ちゃんのどこまでやるの!?』で「萩本家の愛娘」3人で構成されたユニット「わらべ」の長女・のぞみを演じた。

(引用:wikipedia)
1983年には、穂積隆信の家族で実際に起きた非行問題をまとめたノンフィクションをドラマ化した『積木くずし~親と子の200日戦争』で主人公・不良少女役を演じた。

そして、大スキャンダル「ニャンニャン事件」が…

【高部知子】写真週刊誌『FOCUS』より

【高部知子】写真週刊誌『FOCUS』より

ニャンニャン事件(ニャンニャンじけん)とは、1983年(昭和58年)、日本の芸能界で起こった事件(スキャンダルの一種)である。
当時、人気の絶頂にあった未成年の女性アイドルの、「ベッドで二人仲良くニャンニャンしちゃった後の、一服」している写真が写真週刊誌『FOCUS』に掲載されたことに端を発する。

(引用:wikipedia)
『積木くずし~親と子の200日戦争』

『積木くずし~親と子の200日戦争』

1983年には穂積隆信の家族で実際に起きた非行問題をまとめたノンフィクションをドラマ化し、最高視聴率45.3%を記録した『積木くずし~親と子の200日戦争』で主人公・不良少女役を熱演して、「第二の大竹しのぶ」とも言われた存在だった。

(引用:wikipedia)
『FOCUS』編集部の取材に対して、高部の当時の所属事務所のボンド企画(現在は倒産)は写真に写っているのが高部本人で本物と認めており、掲載された写真のリラックスした表情から交際相手との性行為の前後の写真ではないかと見る者が多く、またタバコを咥えていたことは未成年の喫煙の観点から問題視されて、一大スキャンダルとなった。
 (1506615)

この影響で高部は出演中の『欽ちゃんのどこまでやるの!?』と文化放送のラジオ番組を降板させられ、『積木くずし』の再放送も中止、高部が主演するはずだった劇場版の『積木くずし』もクランクインしていたが、降板して代役が立てられた。高部が起用されていた三菱鉛筆、ハウス食品、牛乳石鹸のCMも中止になった。通学していた堀越高校は無期停学になり謹慎を余儀なくされた。
『FOCUS』編集部に写真を持ち込んだのは18歳の少年で、事件の3カ月前に『積木くずし』のエキストラとして知り合った高部の3歳年上の元交際相手だった。

動機は金銭目的ではなく、当初民放のテレビ局に写真を持ち込んだところ、取材が始まったが局の上層部から企画が潰され、さらに暴走族や暴力団から嫌がらせを受けるようになったため、自衛のために持ち込んだと編集部に語っていたという。実際に少年は謝礼を一切要求しなかったという。

写真をリークした少年は、ストレス性胃潰瘍で入院した後、同年9月4日、茨城県東茨城郡桂村(現在の城里町)の林道で、自動車の排気ガスを使った自殺死体で発見された。

やがて無期停学処分が解け…

1984年に1年3ヶ月ぶりにTBS系の連続テレビドラマ...

1984年に1年3ヶ月ぶりにTBS系の連続テレビドラマ『転校少女Y』の主役で本格復帰。

『転校少女Y』(てんこうしょうじょワイ)は、1984年10月9日 - 12月25日にTBS系列で放送された東宝制作のテレビドラマ。全12回。
主演の高部知子は一時期芸能活動を自粛していたが、この作品で復帰した。

(引用:wikipedia)
1984年11月、シングル「雨の街」でソロデビュー。岡...

1984年11月、シングル「雨の街」でソロデビュー。岡村孝子のバックアップを受けてソロ・アルバム『雨・ア・ガ・リ』も発売したがヒットには繋がらなかった。

雨の街(孝子・知子) - YouTube

作詩作曲 岡村孝子 編曲 萩田光雄 歌 高部知子・岡村孝子
高校を卒業後、22歳で幼馴染と結婚し、芸能界を引退。夫婦でコンビニエンスストアの経営に務める。2人の子供をもうけ、その夫唱婦随の姿がワイドショーの「あのひとは今」コーナーで取り上げられたこともあったが数年後、離婚。その後再婚するが、再び離婚する。

芸能界復帰!ピアスヌード写真集『Objet D'amour』発表!

1999年芸能界に復帰し、局部にピアスをつけたヌード写...

1999年芸能界に復帰し、局部にピアスをつけたヌード写真集『Objet D'amour』を発表する。

インパクトがありすぎました。

インパクトがありすぎました。

 (1506729)

29 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

関連する記事こんな記事も人気です♪

欽どこの「わらべ」の3人

欽どこの「わらべ」の3人

バラエティー番組「欽ちゃんのどこまでやるの!」から出てきたアイドル「わらべ」。個性豊かな3姉妹とその家族に注目してみました!懐かしいあのシーンや歌、あの時代にタイムスリップしてみませんか?
はんまのまま | 11,380 view
『積木くずし』も気になるでしょう出演者その後・・・

『積木くずし』も気になるでしょう出演者その後・・・

積木くずし 〜親と子の200日戦争〜1983年2月15日~放送された全7作。なんと最終回には45.3%の視聴率を叩き出した大ヒットドラマ、皆さんも出演者の現在が気になるのではないでしょうか?
ギャング | 110,990 view
家族が崩壊・・・社会現象にもなった衝撃的な実話『積木くずし』

家族が崩壊・・・社会現象にもなった衝撃的な実話『積木くずし』

民間放送で最高視聴率45.3%を記録した衝撃の作品『積木くずし』この視聴率は現在も越えられることはなく歴代1位となっています。非行へ走った娘を目の当たりにした時、家族はどう向き合えばいいのでしょうか?
まろにぃ | 33,013 view
水戸黄門の入浴シーンで余りにも有名な「由美かおる」。奇跡のプロポーションは圧巻です!

水戸黄門の入浴シーンで余りにも有名な「由美かおる」。奇跡のプロポーションは圧巻です!

有名な話ではありますが、15歳でデビューした由美かおるのプロポーションは、現在に至るまでほぼ変わっていないらしいです。水戸黄門の入浴シーンだけではなく、その奇跡のプロポーションをじっくり堪能してみようではありませんか。
obladioblada | 4,477 view
1975年『潮騒』は山口百恵の15歳の初々しいヌードシーンで話題になった注目の三島作品!

1975年『潮騒』は山口百恵の15歳の初々しいヌードシーンで話題になった注目の三島作品!

三島由紀夫原作の『潮騒』ですが、これまで5作品で映画化がされています。中でも4作目・1975年公開では、撮影時15歳で清純派歌手の山口百恵さんが主演を務めたことでそのヌードシーンに注目が集まりました。 そしてここでは、原作者でもある三島由紀夫についても少し、触れてみたいと思います。
あおい@ | 3,311 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト