【緑魔子】エキゾチックな魅力を放つ魔性の女!その脱ぎっぷりや夫・石橋蓮司のことも!
2021年5月15日 更新

【緑魔子】エキゾチックな魅力を放つ魔性の女!その脱ぎっぷりや夫・石橋蓮司のことも!

美人女優として名を馳せた緑魔子さん。その美しさも去ることながら、脱ぎっぷりの良さで多くの男性ファンを魅了しました。おっぱいは大きくありませんでしたが、貧乳好きには堪りませんよね。俳優・石橋蓮司さんの妻としても有名です。今回の記事では、そんな彼女の全盛期を振り返っていきたいと思います。

13,417 view

マルチな活躍ぶりをみせた緑魔子さん

本名  :石橋良子
     (本名:小島)
生年月日:1944年3月26日
血液型 :A型
出生地 :台湾・台北市
職業  :女優
活動期間:1964年~

緑魔子さんの経歴

1944年、台湾・台北市で生まれた緑魔子さん。当時は戦時中だったため、台湾は日本が統治しており、終戦に伴ない帰国し、高校卒業まで宮崎県児湯郡で過ごしました。ご両親は貧乏で、生活は苦しく、中学生から家庭教師のアルバイトをしていたそうです。
https://www.irasutoya.com/2013/09/blog-post_1467.html (2276598)

英会話が得意で、高校二年生のときには英語の弁論大会で九州地区一位にもなったそう。その時は、将来、英会話を活かした仕事をしたかったそうですが、経済的な理由でそれも叶わなかったといいます。
高校卒業後は上京し、家政婦やホステスといった仕事をするも、女優を目指すようになります。本名の”小島良子”でNHK演技研究所に在籍し、その後は、東宝ニューフェイスとしてご活躍されました。
1964年、東映の映画『二匹の牝犬』のヒロインに抜擢され、緑魔子さんは映画デビュー。新人ながらも、その演技力の高さや、制作スタッフも驚くほどの大胆なヌードを披露して、ブルーリボン賞新人賞を獲得、映画の興行成績も大成功を収めます。
この映画を通じ、配役のイメージや新鮮さの象徴として緑、魔性を秘めた女、この二つの意味を込めた『緑魔子』の芸名を命名されました。
デビュー作品で勢いを得た緑魔子さんは、映画だけに止まらずテレビドラマでも活躍するように。そして、映画『夜の青春』シリーズの共演を通じて石橋蓮司さんとの交際が始まり、お二人は事実婚の関係になります。
東映の専属女優として活躍してきた緑魔子さんですが、1968年に解雇されてしまいました。ヌード・濡れ場を前提としたポルノ映画のような作品ばかりに出演させられ、その我慢が限界に達したよう。そのことを会社に抗議すると、そんなことでは映画界ではやっていけないと衝突したことが解雇処分の理由みたいです。
しかし、その演技力は本物で、ご本人が納得すれば全裸になることも辞さない緑魔子さん。そんな彼女を周囲が放っておくわけもなく、他社からは出演オファーは殺到すしることになります。

1976年、当時は事実婚状態にあった石橋蓮司さんと共に劇団『第七病棟』を設立。使われなくなった建物を改造した劇場で主演を務め、それ以降は、映画出演は数年に一度の頻度になり、舞台女優としての活動が中心になっていきました。

緑魔子さんと夫・石橋蓮司さんとの関係性

現在では、数々の映画・テレビドラマでご活躍されている石橋蓮司さん。恐い悪役や哀愁漂う中年・お年寄りといった印象が強い個性派俳優ですよね。
緑魔子さんと石橋蓮司さんはご夫婦というのも有名だと思います。しかし、お二人の奇妙な関係性については、少し一般的なものとは違うようなのでご紹介させていただきたいと思います。
お二人の出会いは、1965年公開の『夜の青春』シリーズ『かも』での共演でした。その後も共演する機会に恵まれ、お互いの距離は次第に近くなっていきます。そして、同棲生活を始めますが、形式的なものに捉われず、1972年、お二人の間には女の子が生まれますが、それでも婚姻届は提出せずに事実婚状態にありました。
転機が訪れたのは1979年。愛娘が小学生になって、入学手続きをする際、婚姻届を出したほうが手続きを簡略化できると学校の先生にすすめられたため、とうとうお二人は正式な夫婦となります。
https://www.irasutoya.com/2013/05/blog-post_1453.html (2276612)

1980年代の半ばには緑魔子さんと石橋蓮司さんは別居するように。その理由は、すぐケンカになってしまうためなのだといいます。しかし、一緒に芝居したり、競馬に行くなど、二人の関係性は悪くなかったようです。
2012年には30代女性と半同棲生活にあると、石橋蓮司さんの不倫疑惑が報じられました。
この疑惑に対し、石橋蓮司さんはあくまで家事を手伝ってもらっているだけだと話して否定されました。本当のところは定かではありませんが、この報道後も緑魔子さんと石橋蓮司さんは離婚することもなく、その意思もなさそうです。
ずっと別居しながら、婚姻関係を続けているというところに一般的な感覚との違いがありますよね。夫婦というより、同志・パートナーといった表現のほうがお二人には合っているように思えます。
47 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【杉本美樹】池玲子と共に東映の二大看板を務めたポルノ女優!女番長シリーズなど全盛期の活躍ぶりをヌード・濡れ場と一緒に振り返る!

【杉本美樹】池玲子と共に東映の二大看板を務めたポルノ女優!女番長シリーズなど全盛期の活躍ぶりをヌード・濡れ場と一緒に振り返る!

1970年代、池玲子と共に東映ポルノ女優の二大看板として男性ファンから人気を獲得した杉本美樹さん。ハードな拷問シーンもこなし、彼女のヌード・濡れ場で抜いたミドルエッジ世代も少なくないはず。今回の記事では、そんな杉本美樹さんの全盛期を振り返っていきたいと思います。
tsukumo2403 | 8,690 view
【楊思敏】神乃麻美・小林麻美の名義でもご活躍!その軌跡や弾ける裸体をプレイバック!

【楊思敏】神乃麻美・小林麻美の名義でもご活躍!その軌跡や弾ける裸体をプレイバック!

現在は、台湾を中心に活躍している楊思敏さん。名前だけ聞くと日本人というイメージがもてないかもしれませんが、本名は鴇田麻美といい、日本出身の日本人です。彼女の抜群のプロポーションを覚えているミドルエッジ世代もいるでしょう。今回の記事では、そんな楊思敏さんの軌跡をエッチな目線を加えて振り返っていきたいと思います。
tsukumo2403 | 1,895 view
撮影当時12~13歳で ヌードシーンも演じていた『邑野みあ』現在は〇〇店を営んでいるという!!

撮影当時12~13歳で ヌードシーンも演じていた『邑野みあ』現在は〇〇店を営んでいるという!!

1998年に子役としてデビューした邑野みあさん。ドラマ『蒼い記憶』や『永遠の仔』・『青春の門』等で地上波放送ながらヌードシーンを演じ特に前2作は撮影時12歳・13歳で全裸で挑んでいました。2008年頃に芸能界を引退され現在は川崎市で〇〇店を営んでいると言います。
ギャング | 8,723 view
【白島靖代】ビーバップなどの映画に出演してご活躍!プロ野球選手・土橋勝征との結婚や官能ショット&シーンなどもチェック!

【白島靖代】ビーバップなどの映画に出演してご活躍!プロ野球選手・土橋勝征との結婚や官能ショット&シーンなどもチェック!

1980年代後半に登場し、美人女優として存在感を発揮した白島靖代さん。主演作には恵まれなかったものの、名バイブレイヤーとしてご活躍しましたね。今回の記事では、そんな白島靖代さんにフォーカスして、その軌跡をエッチな目線を加えて振り返っていきたいと思います。
tsukumo2403 | 2,848 view
【飯島直子】深夜番組『DAISUKI!』ご出演が懐かしい!TUBE前田亘輝との離婚やかつて披露した官能ショットなどもプレイバック!

【飯島直子】深夜番組『DAISUKI!』ご出演が懐かしい!TUBE前田亘輝との離婚やかつて披露した官能ショットなどもプレイバック!

癒し系女優として、多くの男性ファンを虜にした飯島直子さん。見た目には大人っぽいのに、キャラクター性は天然といったところも魅力的ですよね。人気を誇った深夜番組『DAISUKI!』、コカ・コーラ『ジョージア』のテレビCMが懐かしいです。今回の記事では、そんな飯島直子さんの軌跡を振り返っていきたいと思います。
tsukumo2403 | 4,304 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト