「コーンフレークやないかい!」で脚光を浴びたケロッグ社の懐かしい商品パッケージ。
2020年1月6日 更新

「コーンフレークやないかい!」で脚光を浴びたケロッグ社の懐かしい商品パッケージ。

2019年のM-1で圧倒的な優勝を飾った漫才コンビ「ミルクボーイ」。その代表ネタ「コーンフレーク」は、私たち世代がつい頷いてしまうネタでしたよね。幼いころにとても食べたかったコーンフレーク。生産者さんの顔は浮かばなくても、ケロッグ社がちゃんと過去のパッケージ画像を紹介してくれていますよ。

3,679 view

コンボ

コンボ(1970年)

コンボ(1970年)

キャラクターは日本オリジナルのキングコンボ。力強くてどこかおちゃめなキャラクターは約30年間、愛され続けました。

フルーツポン

フルーツポン(1965年)

フルーツポン(1965年)

キャラクターはサム。ブルーの羽にカラフルで大きなくちばしを持つとってもトロピカルな鳥です。1965年~1976年までがフルーツポン、2002年からはフルーツループのキャラクターとして活躍しました。

ハニーポン

ハニーポン(1967年)

ハニーポン(1967年)

キャラクターはミツバチのハニーちゃん。

ライスクリスピー

ライスクリスピー(1969年)

ライスクリスピー(1969年)

キャラクターはピッチー、パッチー、プッチー。

ブロンコ

ブロンコ(1975年)

ブロンコ(1975年)

キャラクターはブロンコ。
だいたいこのへんまでが、私たちの幼いころにスーパーで目にした商品だったと思います。改めて商品パッケージをみて気が付きましたが、けっこうおまけが充実してる!

だからコーンフレークが好きだったのかもしれないな~と感じました。

参考にしたのはこのサイト!

コンフレークの由来

一応、コーンフレークの由来も載せておきますね。
コーンフレーク(英: corn flakes)は、水で練ったコーンミールを加熱してから圧搾し、長さ1cm程度の薄い破片に成型したシリアル食品である。

器に盛って牛乳や豆乳をかければすぐに食べることができるため、特に朝食用に普及している。製造時に砂糖、麦芽シロップ、異性化糖などで味付けされているものがほとんどである。

本来の食べ方の他、ケーキやパフェ、菓子類の副材料として用いられる事もあるほか、チョコレートをコーティングしたチョコフレークというスピンオフ商品もある。

1894年にアメリカ合衆国のジョン・ハーヴェイ・ケロッグ博士によって発明され健康食品として販売されるようになった。代表的なシリアル食品のひとつである。

食べたい!コーンフレーク!!

食べたくなったらお徳用がオススメ!!

寝ぼけまなこには美味しくても、目が覚めてきたらちょっと残しちゃうかもしれませんが…。

Amazon | ケロッグ コーンフロスティ徳用箱 395g | ケロッグ | 食品・飲料・お酒 通販

498
ケロッグ コーンフロスティ徳用箱 395gが食品・飲料・お酒ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

おまけ:ミルクボーイのネタに登場した懐かしアイテムワードたち

44 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「時空探偵マツ・ド・デラックス」を10倍楽しむ方法!

「時空探偵マツ・ド・デラックス」を10倍楽しむ方法!

「時空探偵 マツ・ド・デラックス」のキャラクターから読者の皆様が見落としているかもしれない部分をひも解いて見るわ!18回の連載で色々なキャラクターや車が登場したけど、意外と「サー」っと流して読んだ方、いやいや気づいていましたよっていう方がいると思うんだけど、そこをあたし「マツ・ド・デラックス」がWikipedia風に紹介するわ!かるーく楽しんで頂戴!あっ!細かいことは気にしちゃダメよ!

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト