過熱しすぎた投機相場が落ち着いたら、信頼出来る大手「DMM Bitcoin」で仮想通貨取引を検討しましょう。
2018年2月7日 更新

過熱しすぎた投機相場が落ち着いたら、信頼出来る大手「DMM Bitcoin」で仮想通貨取引を検討しましょう。

2017年に投資家の間で大いに話題となり、大儲けする人が続出したビットコイン。2018年に入り、多額の不正送金とその後の動向が注目されるコインチェック。これらはいずれも「仮想通貨」の売買を舞台に起こっている出来事です。では「仮想通貨」と冷静に向き合うにはどうすればよいでしょうか?

1,052 view

はじめに ~仮想通貨売買用の口座を持ってみる~

本稿では、2017年あたりから巷を賑わせている「仮想通貨」という存在について、読者の方に簡単な解説をさせていただきます。

原則「仮想通貨?」「ビットコイン??」と、あまり馴染みのない方向けに書いております。
そして、興味を持たれたらコチラ(↓)から「DMM Bitcoin」の無料口座開設をしていただけますと、私たちに「チャリン♪」と紹介手数料がいただける仕組みとなっております。

もちろん、「もうやってるよ!」とか「興味あるけど他のトコロで口座作るから」といった方々も、お気軽に目を通していただけたら幸いです。

ハイリスクハイリターンな投機対象となった「仮想通貨」

「仮想通貨」を語るとき、大きく分けて2つの側面があります。

一つは仮想通貨の根幹を為す、分散型のコンピューターネットワークであるブロックチェーン・テクノロジーが、既存の中央集権型金融システムにとって代わる未来への待望論。

コスト面を含めテクノロジーが持つ圧倒的なメリット、そして既得権益の打破。
革新的な技術を背景とする、新時代の経済のあり方を語る上での仮想通貨です。
仮想通貨という概念の本質とも呼ぶべきものですが、本稿ではこちらは割愛いたします。ネット上にいくらでも情報がありますので。

そして二つ目は、すでに仮想通貨バブルとも呼ばれている「儲かる投資(投機)対象」としてのビットコインに代表される仮想通貨。言ってみれば仮想通貨という商材を取引して、既存の通貨(円)を増やすことです。

「仮想通貨=ビットコイン」ではありません

「仮想通貨といえばビットコイン。」

これはおよそ正しい認識ですが、仮想通貨=ビットコインではありません。
全てわかる方は皆無と思いますが、2018年2月時点で仮想通貨の種類は実に1500種類。

但しこれらの大元となったのはビットコインで、その他の仮想通貨はほとんどがビットコインをベースに誕生し、根本的な仕組みはビットコインと変わりません。

ビットコイン以外の膨大な種類の仮想通貨群を総称して「アルトコイン」とも呼んでいます。
アルトコインとは、Alternative Coin(代替のコイン)の略で、ビットコイン以外の暗号通貨(価値記録)の総称です。ほとんどのものはビットコインを元にしたものであり、根本的な仕組みはビットコインと変わりません。

全世界で1,100種類以上のコインが作成されてると言われています。代表的なアルトコインに、イーサリアム、ライトコイン、日本発祥のモナーコインなどがあります。

仮想通貨は投機対象なのか?

この議論になると、冒頭でお話しした2つの側面が混在して語られることが多く

「仮想通貨自体は素晴らしい未来の技術。今起こっていることで仮想通貨=悪とするのは間違い!」とか「いや、技術は確かにそうだけど実際はそれで大損してる人がたくさん…」といった論調になる事態が散見されます。

なので言います。
現時点では「ハイリスク・ハイリターンの投機対象」です。

仮想通貨の代表格「ビットコイン」につけられた価値の変遷

下図4枚、2018年2月5日時点でのビットコインの値動きを示したものです。
※この直後、大暴落をするのですが、それは置いといて…
2011年から7年間の推移

2011年から7年間の推移

2011年初頭、ビットコインに付けられた価値は数十円の単位でした。
それが2017年の冬には一時200万円以上となりましたが、そこからわずか1~2か月で3分の1まで急落しました。
ですが、7年という時間軸では実に「1万倍」の変動があったということです。
2017年から1年間の推移

2017年から1年間の推移

次に時間軸をギュッと縮めて直近1年間の動向をみます。
2017年の年初、ビットコインの価値は約10万円でした。ですので一年間で最大約20倍の変動があったのです。
直近3か月の推移

直近3か月の推移

上の2つは、どちらも「最初から持ってればな~」の典型的なグラフですが、次はそうはいきません。
3か月前と直近はほぼ同じですが、その間に3倍になり3分の1に動いています。
一番高いときにビットコインを購入した場合、わずか1か月ちょっとでその価値は3分の1になっていますね。
2018年2月5日の推移

2018年2月5日の推移

この日は一貫して下落基調だったようですが、100万円⇒88万円と推移しています。
1日で12%下がっているということですね。
いかがでしょうか。まさに猛烈な値動きですよね。
それも、1年以上前から「持ち続けている」人にとっては夢のような素晴らしい投資対象です。

ですが人間というのは誰しも、自分が一度購入したものの価値がどう動くのは絶えず気になるもの。

上図2枚のように持ち続けることはなかなか難しく、下図2枚の動きにハラハラして結局損をしたり、その後でまた猛烈に価値が上がり続けるのが悔しくてまた買ってみたり、そんな人々がほとんどではないかと思われます。ですから「夢のような素晴らしい投資対象」でなく「ハイリスクハイリターンな値動きの投機対象」というのが、より多くの経験者にとっての感覚ではないでしょうか。

ちなみに「投資」と「投機」は何が違うの?といった話題も、本稿ではフワリと割愛させていただきますね。

新しい投資商品が一般に定着するまで

「投資商品」はその多くが広く普及することなく消えるもの。ときには詐欺のような商材が出回ったりと、とかく物騒な感覚を抱かれます。

長きにわたって一般認知されているものといえば「株式」「不動産」くらいなものかもしれません。
ここで一つ、新しい投資商品が一般に定着した例として「FX」を振り返ってみましょう。
36 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【パチスロ】爆裂連チャンに興奮した「3号機」について語るスレ。

【パチスロ】爆裂連チャンに興奮した「3号機」について語るスレ。

まだパチスロが、そこまで流行ってなかった1990年に登場した3号機。2号機に比べギャンブル性が抑えられたため、普通に裏モノが存在していた3号機。知らずに座って一撃5千枚なんて経験した人もいたのではないでしょうか。そんな、アツい「パチスロ3号機」について語りましょう!
出馬表決定!G1競馬2018【宝塚記念】みんなの『事前予想』で勝ち馬を当てろ!~過去データを振り返るクイズ付~

出馬表決定!G1競馬2018【宝塚記念】みんなの『事前予想』で勝ち馬を当てろ!~過去データを振り返るクイズ付~

有馬記念と同様に、ファン投票で出走馬を決める【宝塚記念】。第59回を迎える2018年の日程は6月24日(日)!みんなの勝ち馬予想アンケートを見て、レースの参考にしてみて下さい!(クイズは第1回~第58回までの結果から出題)
出馬表決定!G1競馬2018【安田記念】みんなの『事前予想』で勝ち馬を当てろ!~過去データを振り返るクイズ付~

出馬表決定!G1競馬2018【安田記念】みんなの『事前予想』で勝ち馬を当てろ!~過去データを振り返るクイズ付~

日本中央競馬会の初代理事長を務めた「安田伊左衛門」に由来する【安田記念】。第68回を迎える2018年の日程は6月3日(日)!みんなの勝ち馬予想アンケートを見て、レースの参考にしてみて下さい!(クイズは第1回~第67回までの結果から出題)
出馬表決定!G1競馬2018【東京優駿(日本ダービー)】みんなの『事前予想』で勝ち馬を当てろ!~過去データを振り返るクイズ付~

出馬表決定!G1競馬2018【東京優駿(日本ダービー)】みんなの『事前予想』で勝ち馬を当てろ!~過去データを振り返るクイズ付~

競馬に関わる全ての関係者 の憧れ【東京優駿(日本ダービー)】。第85回を迎える2018年の日程は5月27日(日)!みんなの勝ち馬予想アンケートを見て、レースの参考にしてみて下さい!(クイズは第1回~第84回までの結果から出題)
出馬表決定!G1競馬2018【優駿牝馬(オークス)】みんなの『事前予想』で勝ち馬を当てろ!~過去データを振り返るクイズ付~

出馬表決定!G1競馬2018【優駿牝馬(オークス)】みんなの『事前予想』で勝ち馬を当てろ!~過去データを振り返るクイズ付~

日本のクラシック競走のひとつとされる【優駿牝馬(オークス)】。第79回を迎える2018年の日程は5月20日(日)!みんなの勝ち馬予想アンケートを見て、レースの参考にしてみて下さい!(クイズは第1回~第78回までの結果から出題)

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト