過熱しすぎた投機相場が落ち着いたら、信頼出来る大手「DMM Bitcoin」で仮想通貨取引を検討しましょう。
2018年2月7日 更新

過熱しすぎた投機相場が落ち着いたら、信頼出来る大手「DMM Bitcoin」で仮想通貨取引を検討しましょう。

2017年に投資家の間で大いに話題となり、大儲けする人が続出したビットコイン。2018年に入り、多額の不正送金とその後の動向が注目されるコインチェック。これらはいずれも「仮想通貨」の売買を舞台に起こっている出来事です。では「仮想通貨」と冷静に向き合うにはどうすればよいでしょうか?

1,166 view

狂乱の盛況、行き過ぎた投機対象、ルールの整備、投資商品へ

古くは90年代、外貨預金という金融商品がありました。
当時、銀行員の端くれだった私は、海外在住歴の長いお客様に外貨預金を提案したりしていたものです。

外貨は日々、日本円との価値が変動します。「ドル円レート」がまさにそれですよね。
年に数回、外貨預金をお持ちのお客様と会うとき「円ベースで増えましたね~」なんて会話をしたものです。いまにして思えば、実に牧歌的な時代でした。

FX「外国為替証拠金取引」

FXとは「外国為替証拠金取引」の略です。
株をやっている方なら分かるかもしれませんが、株でいうところの「現物」「信用」という扱いが始まったのがFXでした。

上記の例でいえば、いままで預金を積み立てる程度の対象だった金融商品が、FXは自分の元金を何倍にも膨らませて取引することが出来る、という仕組みの商品になったんです。

日本でFXが始まったのは1998年、当時のダイワフューチャーズ社が最初にFX取引サービスを開始しました。
このFX取引が個人投資家に解禁になってから、市場規模は物凄い勢いで成長していました。実際は2000年ごろから人気が出始めたと言えます。

当時は、ネットベンチャーと呼ばれる会社がこぞってFX取引が出来る会社を設立したのも懐かしいですね。
あのabemaTVのサイバーエージェント社も「サイバーエージェントFX」を真っ先に立上げ、素晴らしい業績を誇っていたことを憶えています。

倍率400倍!口座に1万円入れれば400万円分の取引が出来る!?

このFX、先ほど説明した仮想通貨の価値の変遷とは異なり「レバレッジ」という存在が大いなる熱狂を生み出しました。

各国の通貨価値が急激に変動することはあまりありませんが、例えばその変動が0.1円でも「元金×レバレッジ400倍」という、まるでウォーズマンの1200万パワーのような状況で取引をすると、莫大な損益を生み出すこととなりますよね。

後にレバレッジ規制が行われる2010年まではレバレッジ100倍や200倍、400倍のFX会社が実に沢山ありましたが、この行き過ぎたレバレッジに魅力を感じた多くの若者が安易にFXを始め、あっという間に自己破産するようなケースが頻出したのが2000~2010年でした。

現在でも法人口座や海外口座はレバレッジ規制の対象ではないため、25倍を超えるレバレッジで利用できるFX会社も多いのですが、日本のFX会社の個人口座では現在、レバレッジは「最大25倍」と定められています。

2000年代初頭に雨後の筍のごとく登場したFX会社でしたが、いまは大手を中心に信頼出来るFX会社が残っています。

仮想通貨は投機対象を経て投資商品に進めるか

まさに熱狂的な値動きを示した2017年、多くの個人投資家がビットコインをはじめとした仮想通貨で財を成し、またそれをみて仮想通貨に興味を持った人は急増したと思います。

折しも年末には人気タレントの出川哲朗さんを起用したコインチェック社のCMが大量に流され、年明けにコインチェック社で口座開設した人も多かったことでしょう。
しかし1月下旬には残念ながら不幸な時間が起き、未だコインチェック社を取り巻く真相は明らかになっているとは言えません。一連の事象で、財を失うことになるかもしれない投資家の不安心理は高まる一方だと思います。

また世界的にみても仮想通貨の取り扱いには賛否両論、様々な表明が出るようになっています。
いわば2017年の熱狂から2018年初頭の出来事を経て、冷静にルール整備が必要とされる時期が来たといえるでしょう。

適正なルール整備、信頼出来る大手の参入から投資商品へ

そんな中、企業グループとしてFXも手掛けてきたDMM.comグループが運営母体となる「DMM Bitcoin」が登場したことが、本稿の執筆と仮想通貨の口座開設をおススメしようとしたきっかけでした。

時期はいま、ちょうど「冷静に」仮想通貨の価値推移をみることが出来る状況だと思います。
もう熱狂的な投機対象のフェーズを終えたところとみてよいのではないでしょうか。

これからは適正なルール整備。そして何より信頼出来る大手が登場することで、自己責任で安全に向き合える投資商品としての仮想通貨に推移していくべきかと考えます。

この信頼というのは仮想通貨においては2点。
ひとつは、コインチェック社が弱かったとされる堅牢なシステム構築。
そして、企業としての体力である財務体質。

元来、他人のお金を取り扱う企業には厳格なルールや適性が求められてきた日本経済。
「儲かるから」といった理由で参入が後を絶たなかった、かつてのFXと近年の仮想通貨業者。

そいうった時期を経つつも、いずれは信頼出来る大手が参入し、利用される方がより安心出来る環境や枠組みが整っていくのだと思います。

ちょうど一服感のあるいま、信頼出来る大手のDMM.comグループが運営母体となる「DMM Bitcoin」でまずは無料で口座を開設し、じっくりと仮想通貨について自身の理解を深めながら投資を検討してみるのはいかがでしょうか。
36 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

競馬ゲームはゲーセンの花形!メダルゲームの楽しさを教えてくれました。

競馬ゲームはゲーセンの花形!メダルゲームの楽しさを教えてくれました。

大きなゲームセンターに行くと、奥の方に賑やかなメダルゲームコーナーがありましたよね。スロットやポーカーなどの機械の真ん中にひときわ賑やかな競馬ゲーム!メダルゲームの楽しさを教えてくれました。
青春の握り拳 | 1,184 view
小学生なのにギャンブル心に目覚めた!『糸ひきあめ』!!

小学生なのにギャンブル心に目覚めた!『糸ひきあめ』!!

昔から駄菓子屋の定番駄菓子の「糸ひきあめ」当たりを引けば、大きな飴がゲットでき、小学生ながらギャンブル心に火が付き熱くなって何度もやっていた方いませんか?そんな「糸ひきあめ」のあれこれ調べてみました。
ギャング | 1,752 view
カイジのスピンオフ「中間管理録トネガワ」のイベントであの“焼き土下座”をモチーフにしたメニューが登場・・・!

カイジのスピンオフ「中間管理録トネガワ」のイベントであの“焼き土下座”をモチーフにしたメニューが登場・・・!

世界初・国内最大となる"謎"をテーマとした大人気のテーマパーク「TOKYO MYSTERY CIRCUS(東京ミステリーサーカス)」は、「賭博黙示録カイジ」のスピンオフ作品「中間管理録トネガワ」とコラボレーションしたリアル脱出ゲーム「悪魔的大忘年会からの脱出」のオリジナルフードを公開しました。
隣人速報 | 641 view
競輪とキン肉マンがまさかのコラボ!「キン肉マン 超人ケイリン編」が大好評開催中!!

競輪とキン肉マンがまさかのコラボ!「キン肉マン 超人ケイリン編」が大好評開催中!!

日本を代表する人気スポーツのひとつである競輪。今年でついに70周年を迎えます。現在、競輪とキン肉マンがタッグを組み、「キン肉マン 超人ケイリン編」として様々な企画が始動しています。
隣人速報 | 1,582 view
【万枚確定!パチスロ爆裂機対決!】あなたはどっち?「設定6:アラジンA V.S. 設定6:コンチ4X」

【万枚確定!パチスロ爆裂機対決!】あなたはどっち?「設定6:アラジンA V.S. 設定6:コンチ4X」

あなたの意見がリアルタイムに反映される投票コーナー「あなたはどっち?」!懐かしい【パチスロ爆裂機対決!】設定6確定で、あなたが打ちたいのはどっち?

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト