フォルクス、ウェンディーズ、らんぷ亭…ダイエーグループだった飲食店たち
2016年5月28日 更新

フォルクス、ウェンディーズ、らんぷ亭…ダイエーグループだった飲食店たち

かつて日本有数の企業集団であったダイエーグループ。その中で外食チェーンであったフォルクス、ウェンディーズ、ビッグボーイ、らんぷ亭などの過去と現在。そしてなぜダイエーは牛肉関係の外食店が多かったのかについて紹介。

31,630 view

かつては栄華を誇ったダイエーグループ

創業者・中内功による強烈なリーダーシップにより、かつては日本最大の流通企業だったダイエーグループ。
マルエツやプランタン、プロ野球のホークスなどの買収により一大企業グループとなっていったが、外食・飲食店チェーンの買収や創業も積極的に行っていたことはあまり一般には知られていない。

ここでは、以前はダイエーグループだった外食チェーンについて紹介する。
昔のダイエー店舗

昔のダイエー店舗

丸が欠けたロゴは2代目のシンボルマーク(1975年 - 2005年)
いつまでも完全を追い求め続ける「永遠の未完成」を意図している。

ステーキハウス『VOLKS フォルクス』(1970年~2005年2月)

ステーキ・ハンバーグ専門のファミリーレストラン。
「VOLKS(フォルクス)」とはドイツ語で「国民・民衆」という意味。

1970年、ダイエーがファミリーレストラン事業の一環として大阪市大淀区(現・北区)に設立し、一号店の中津店を出店。

当時、牛肉は輸入が制限され、ステーキはとても高価なご馳走であった。
ステーキ=お金持ちの食べ物というイメージであった時代に、「サラリーマン家庭でも手軽にステーキが食べられるレストランを」という中内功によるコンセプトで創業された。
ステーキハウス『フォルクス』

ステーキハウス『フォルクス』

カジュアルに手頃な価格で食べれるステーキは多くの家族に喜ばれ、日本のステーキレストランのさきがけとして広まった。
だが、次第に経済成長を遂げ舌が肥えてきた客にとって低価格のステーキでは満足感が低く、かといってステーキの質を高めれば価格が高くなり客が離れるというこというジレンマに。
価格変更を繰り返すなど戦略に一貫性を欠き苦戦した。
日本で初めてサラダバーを導入

日本で初めてサラダバーを導入

1972年にはアメリカのステーキレストランで始まったサラダバーを導入。
チェーン展開するレストランとしては全国で初めてのことであった。
当初はレタスともやしだけという簡素な品揃えであったが、1975年に現在のような多彩な野菜が並べられるサラダバーに充実化が図られた。
現在はおかわり自由のスープバーやブレッドバーも導入している。
フォルクスのステーキ

フォルクスのステーキ

テレビ番組「お試しかっ!」のコーナー「全て当てるまで帰れま10」で紹介されたときの人気No1はUS産 熟成サーロインステーキであった。
(2012年12月10日放送)
2005年にダイエーの経営不振を理由に、「ステーキのどん」を運営していた株式会社どん(現・株式会社アークミール)に全株式を売却した。
※株式会社アークミールは吉野家ホールディングス傘下

現在の店舗数は44店舗。
(2016年2月1日時点)

『Victoria Station ヴィクトリアステーション』(~1999年12月31日)

アメリカ発祥のプライムリブ(ローストビーフ)を中心としたステーキ・ハンバーグ専門のファミリーレストラン。
アメリカ合衆国で展開していたチェーン店を、ダイエーが日本国内において店舗展開した。
ヴィクトリアステーション

ヴィクトリアステーション

欧米の古い客車をデザインにした店内や、サラダバーのシステムを早くから取り入れ、当時先進的な存在であった。
実際に海外の鉄道で使用されていた貨車や車掌車を改装し、客席の一部にしていた店舗もあった。
最盛期で30店舗程度まで拡大していったが、その後、ダイエーの経営悪化により1999年12月31日を以って全店が閉鎖。
運営会社のヴィクトリアステーションジャパンは、2001年にダイエー系のアミューズメント施設を運営するファンフィールドに吸収合併され消滅した。

かつて、ダイエー傘下でファミレス事業を行っていた株式会社ビッグボーイジャパンが現在でも北海道内で「ヴィクトリア・ステーション」と言う屋号でステーキ中心のファミレス事業を行っているが、こちらとは一切関係はない。
ステーショングリル(横須賀)

ステーショングリル(横須賀)

ヴィクトリアステーション元社員らにより当時のスタイルに近い形のレストラン「ステーショングリル」が横須賀にて1店舗のみ出店されている。
プライムリブも提供中。

プライムリブも提供中。

アンガス・ビーフを使用した「プライムリブ」は、最高級の厚切りローストビーフ。
ヴィクトリアステーションの看板メニューであったプライムリブを当時のレシピで再現している。

『Big Boy ビッグボーイ』(1977年11月~2002年12月)

1936年にボブ・ワイアンがアメリカのカリフォルニア州グレンデールで創業したステーキ・ハンバーグ専門チェーン。
1977年、日本ではダイエー系列のレストランとして、株式会社セントラル・レストラン・システムズを設立、翌年株式会社ビッグボーイジャパンに商号変更し、国内第1号店を大阪府箕面市に開店した。
Big Boy ビッグボーイ

Big Boy ビッグボーイ

マスコットキャラクターの名称は「ボビー」。
ビッグボーイを象徴する赤と白のチェック柄のズボン姿とサスペンダーを着用し、ハンバーガーを持つ仕草で愛されている。
55 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

心霊スポット?光の当たり具合よって「ダイエー」のロゴが浮かび上がるイオンの看板が話題に!!

心霊スポット?光の当たり具合よって「ダイエー」のロゴが浮かび上がるイオンの看板が話題に!!

皆さんご存知のスーパーマーケット・ダイエー。昭和時代は日本を代表するスーパーのひとつであったものの、バブル崩壊後の1990年代より業績不振になり、2015年からはイオングループの完全子会社となりました。そんなダイエーの「看板」が、今ツイッターでちょっとした話題となっています。
隣人速報 | 6,930 view
時空探偵マツ・de・デラックス【case LEOPARD-美しき獣-】第3話

時空探偵マツ・de・デラックス【case LEOPARD-美しき獣-】第3話

とある町の1台しか在庫を持たない中古車屋”ガレージ MIDDLE EDGE”。店主は性別不明の「マツ・ド・デラックス」。そしてその2階には謎の探偵「松田K介」と助手の「富田葵」が事務所を構える。そこには店舗に飾られた「名車」に係る「依頼人」が訪れ、様々な人間模様が・・・・。第1話は「日産レパード」を中心に親子の絆を再確認させるため時空探偵「マツ・de・DX」が時を超えて奔走する!!ベテラン実力派漫画家「なかがわひろき」×昭和の生き証人「山本圭亮」がお送りするSF昭和ファンタジー!ミドルエッジだけで読めるスペシャル連載が満を持して登場!!
全盛期は400店舗を誇ったダイエーグループのドムドムハンバーガー、日本初のハンバーガーチェーンを応援したい。

全盛期は400店舗を誇ったダイエーグループのドムドムハンバーガー、日本初のハンバーガーチェーンを応援したい。

マクドナルドの不祥事事件などで少し元気のないハンバーガーチェーン。しかしこんなときこそ、国産ハンバーガーチェーンにスポットが当たる!かもしれません。かつてダイエーグループから国産初のハンバーガーチェーンとして誕生した「ドムドムハンバーガー」、みなさんもきっと食べたことがあるはず。そんな「ドムドムハンバーガー」、あなたの街にはありますか?
青春の握り拳 | 264,724 view
トリプルスリーを期待されながら、いつしか悪役のイメージが定着した【松永浩美】にまつわる5つの出来事

トリプルスリーを期待されながら、いつしか悪役のイメージが定着した【松永浩美】にまつわる5つの出来事

類まれなるスピードと走攻守に渡るセンスのよさでパリーグを代表する三塁手に成長しながら、首位打者にはあと一歩届かなかった松永浩美。晩年はトレードやFAで球団を移籍。本意ではない発言が独り歩きし、悪役のイメージが強い彼の選手生活をひもとくと、プロ野球史に残る記録や出来事の数々がうかびあがってくる。
t-matsu | 18,345 view
珍プレーキング捕手〈達川光男〉

珍プレーキング捕手〈達川光男〉

2試合に1回のペースで珍プレーを出していたといわれる伝説の名捕手「達川光男」さんの生い立ちや、面白珍エピソードをご紹介していきます。
ニケノケ | 2,471 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト