エル・サムライが面白すぎる!ダメ人間エピソードが多いのに魅力溢れるマスクマン
2020年11月22日 更新

エル・サムライが面白すぎる!ダメ人間エピソードが多いのに魅力溢れるマスクマン

「哀愁のマスクマン」のリングネームを持つエル・サムライ。今回は、エル・サムライのダメ人間エピソードや哀愁漂うエピソードを紹介します。ダメな人っぽいのになぜか魅力的なエル・サムライの世界へようこそ!

2,469 view

エル・サムライのプロフィール

エル・サムライ(本名:松田 納)

専修大学北上高等学校出身。
高校在学中は、レスリング部でインターハイや国体に出場するほどの実力者でした。

1985年に高校卒業と同時に新日本プロレスに入門してプロレスラーとしての道へ。
1991年にメキシコ遠征、その際にマスクマンとして「エル・サムライ」名義で活躍した事がエル・サムライ誕生のきっかけとなっています。

帰国後もエル・サムライとして活躍し、IWGPジュニアヘビーやタッグの王座を獲得するなど存在感あるマスクマンとして新日本プロレスを支えた功労者として知られています。

エル・サムライから目が離せない!驚異の巻き込まれ体質レスラー

 (2238446)

エル・サムライは、プロレスラーとして素晴らしい試合の数々を行っていて、その実力・人気はプロレスファンなら誰もが認めるところです。

しかしエル・サムライを良く知る方ならご存知だと思いますが、エル・サムライというプロレスラーは言うなれば「巻き込まれ体質」で、しかもその頻度が尋常じゃなかったのが印象的です。

マスクマンであるにも関わらず、掟破りとされる「マスク剥がし」をしょっちゅうされたり、バトルロイヤルでなぜかエル・サムライだけがボコボコにされたり・・・。

とにかく矢面に立たされては、執拗に攻撃を受けてしまう可哀相な立ち位置が多かったエル・サムライですが、どうやら彼のダメ人間エピソードも関係していたようです。

エル・サムライのダメエピソード①とにかく練習嫌い

 (2238449)

エル・サムライが所属する新日本プロレスは、とにかく練習量が多い事で有名です。

特に長州力や獣心サンダーライガーら主力選手は、「練習の虫」として有名で天山選手が当時を振り返って、「ライガーさんはとにかくいつも練習場にいた」と語っています。

当然、門下生や後輩レスラーに対しても厳しい練習を課す中でエル・サムライは「ほとんどメニューをこなさない」という異端児でした。

特に、ウェイトトレーニングなどは大嫌いでサボり魔として有名だったそうです。

ちなみに全く練習をしない・・という訳ではなく、盟友でリングアナの田中ケロさん曰く「丸め込みばっかしてる」との事。
エル・サムライは独自メニューとして、走り込みや技の練習などを中心にする自由奔放なスタイルだった事は、様々な関係者が語っています。
練習をサボるエル・サムライに対して、怒っていた男がいます。

その人物とは、革命戦士「長州力」。
当時、長州力は新日本プロレスでも大きな発言権を持ち、お灸をすえるという目的でエル・サムライの対戦相手を焚き付けていた事も、異常な巻き込まれ体質の原因となっていた事は間違いないようです。

とは言え、練習をサボるのに試合にはしっかりと出場できるエル・サムライの実力は、周囲も認めざるを得なかったという事でしょう。

エル・サムライのダメエピソード②タバコとギャンブル大好き

 (2238454)

プロレスラーと言えば豪胆なお酒エピソードはよく耳にしますが、タバコやギャンブルを公に好きと公表するレスラーはあまり居ません。

しかし!我らがエル・サムライは自他共に認める無類のギャンブル好きで、しかもヘビースモーカーとしても有名です。

ギャンブル、と言っても違法性があるものではなく、パチンコと競馬が大好きで内田忠夫の談によれば
「パチンコ屋に行けば大抵いる」
と言われてしまうほど、通い詰めているそうです。

練習嫌いでヘビースモーカー、そして趣味はギャンブル。

中々にダメ人間っぷりが光るエル・サムライですが、類は友を呼ぶのでしょうか。

エル・サムライのダメエピソード③幼少期の友人

 (2238457)

これはダメエピソードとして扱うのは少し語弊があるのですが、エル・サムライが幼少期に遊んでいた友達について。

エル・サムライは子供の頃に、人間性の悪さで何かと有名な芸人「三又又三」とよく遊んでいたそうです。
たまたま1つ歳下の三又が近所だった事から遊んでいたそうですが、「三つ子の魂百まで」という言葉もあります。

生粋のクズとして有名な三又と遊んだ事が、エル・サムライの趣味・嗜好に悪影響を及ぼした・・・のかもしれませんね。

まとめ

エル・サムライは、練習嫌いや無類のギャンブル好きなどのちょっとダメな部分が目立つレスラーです。

しかし、芸人の三又さんと大きく異なる点は「やる事はしっかりやっている」という部分です。

リングに立てば、観客を沸かせる素晴らしいファイトを魅せてくれますし、練習も決められたメニューはやらなくとも独自の考え方でしっかりと調整しているからこそ、試合で充分なパフォーマンスを発揮しています。

また口下手で断れない性格から、ボロボロなのにタッチを求められればすぐに応じてしまう所も魅力です。

今回はエル・サムライのダメエピソードを中心に紹介しましたが、機会があれば次は魅力について熱く語りたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。
19 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

プロレス総選挙2017  マツド・デラックス的プロレス総選挙!その3 覆面レスラー編

プロレス総選挙2017 マツド・デラックス的プロレス総選挙!その3 覆面レスラー編

WBCの延長で放送時間がゴールデンから一気に深夜番組となってしまった「プロレス総選挙2017」!!結果を2回に渡ってお知らせしたけど、もうそれはいいわよね!マツド・デラックス的にあたしの独断でそれぞれの部門のベスト10を作ってみたわ!これはひとそれぞれ好きな人が違うから皆にも投稿してもらいたいわよ!今回は、前回の「日本人ヘビー級レスラー」「外国人ヘビー級レスラー」に続く「覆面レスラー」よ!!
「Uに捧げた青春! 悪性リンパ腫と戦うレスラー 垣原 賢人」

「Uに捧げた青春! 悪性リンパ腫と戦うレスラー 垣原 賢人」

1980年代後半から1990年代初頭にかけて、日本のプロレス界・格闘技界を華麗に席巻した伝説の団体「UWF(ユニバーサル・レスリング連盟)」 そんなUWF所属選手たちの強烈な個性から芽吹いた若き天才レスラー「垣原 賢人」。 華々しくスポットを浴びた栄光と影が入り混じる格闘人生を振り返る。
taketake | 7,830 view
【ウルトラマン】初代タイガーとのヒーロー対決で話題になった謎の覆面レスラーの正体とは

【ウルトラマン】初代タイガーとのヒーロー対決で話題になった謎の覆面レスラーの正体とは

初代タイガーマスク・佐山聡とのスーパーヒーロー対決でも知られる謎の覆面レスラー、ウルトラマン。 日本を代表するヒーロー、ウルトラマンの覆面を被った男の正体や経歴、その後の活動などを紹介。 当時の懐かしい試合映像もあります。
きちんとチキン | 31,028 view
【殺人医師二世】ドクトル・ワグナー・ジュニアのことが知りたい!!

【殺人医師二世】ドクトル・ワグナー・ジュニアのことが知りたい!!

ジュニアヘビー級の選手層が厚い新日本プロレスにおいて、独特の世界観を作り出している「殺人医師二世」こと、ドクトル・ワグナー・ジュニア。気になるその経歴は?そして実力とは?
AQCO | 5,813 view
【訃報】“暴走戦士”の異名で日米のプロレス界で活躍した「ロード・ウォリアーズ」のアニマル・ウォリアーさん死去。

【訃報】“暴走戦士”の異名で日米のプロレス界で活躍した「ロード・ウォリアーズ」のアニマル・ウォリアーさん死去。

アメリカ出身の元プロレスラーで、タッグチーム「ザ・ロード・ウォリアーズ」として活躍したアニマル・ウォリアーさんが、9月22日に亡くなっていたことが明らかとなりました。60歳でした。
隣人速報 | 1,537 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト