【X電車で行こう】サイコパス的な魅力を放つOVA!ストーリーや魅力などご紹介!
2020年12月12日 更新

【X電車で行こう】サイコパス的な魅力を放つOVA!ストーリーや魅力などご紹介!

独特の世界観で繰り広げられるストーリーが魅力的な『X電車で行こう』。鉄道を題材としたアニメは多いものの、その中でも飛びっきりの異彩を放つ作風が魅力的です。今回はOVA版『X電車に行こう』にスポットを当て、そのストーリーや魅力・類似作品などを紹介していきたいと思います。

224 view

『X電車で行こう』とは?

『X電車で行こう』

『X電車で行こう』

原作者 :山野浩一
出版社 :早川書房
     (ハヤカワ文庫)
発売時期:1973年
巻数  :全1巻
『X電車で行こう』(エックスでんしゃでいこう)は、山野浩一の短編小説、またそれを表題作とした短編小説集。
こちらの短編小説を原作として、1987年にはOVA化が実現しました。
OVA版『X電車で行こう』

OVA版『X電車で行こう』

監督:りんたろう
制作:マッドハウス
発売:1987年
本編:50分ほど
話数:全1話
もともとの原作のタイトルは、ジャズ音楽で有名なデューク・エリントン氏の楽曲『A列車で行こう』から取ったもの。そのため、アニメ劇中の音楽はジャズ風のものに統一されており、この当時のアニメ作品には珍しい作風となっています。
アニメは原作を題材にはしているものの、ストーリーは大幅に変更されており、画面上に吹き出しを入れるといった斬新な演出手法を取っているところも見逃せません。

OVA『X電車に行こう』の本編動画・ストーリー

数日後に解体を控えた電気機関車EF5661は、なぜか忽然と姿を消してしまいました。
航行代理店に勤務する主人公・西原トオルの体にも異変が訪れ、頭痛や鼻血などの症状が出るようになります。
さらには地下鉄のホームで消えたはずの電気機関車EF5661が走っているのを目の当たりにしてから、トオルの身の回りでは不思議な出来事が起こるようになり、怪しげな男たちに身柄を拘束されてしまうのでした。
電気機関車EF5661とトオルを結ぶ奇妙な運命が明らかになっていき…

OVA『X電車に行こう』の魅力とは?

洗練されたジャズ音楽

OVA『X電車で行こう』の主題歌には、作品タイトルのモチーフである『A列車で行こう』が採用されており、劇中の音楽はジャズピアニストや作曲家としても有名な山下洋輔さんが担当しています。

Duke Ellington - Take the a train

1939年、デューク・エリントン氏が、楽団所属のピアニストであるビリー・ストレイホーンに作詞・作曲を依頼して作られた楽曲。
1941年にエリントン楽団の演奏によるレコードが発売されると爆発的なヒットを記録し、その後はエリントン楽団のテーマ曲として知られるようになります。
日本人で構成されたコーラスグループ『デューク・エイセス』は、この楽曲でNHK紅白歌合戦に出場。美空ひばりさんなどの日本人歌手もカバーを発表し、日本国内でも広く認知されるようになりました。
この主題歌だけではなく、本編に流れる秀逸なジャズ音楽にも注目してみてくださいね。

個性的なアニメ描写

アニメ本編きわだに、漫画のような吹き出しを入れる手法を取り入れたことでも奇抜さが際立つOVA版『X電車で行こう』。
https://www.irasutoya.com/2015/01/blog-post_688.html (2244853)

現在のアニメにもあまり見られない演出ですよね。あくまでも実験的な取り組みとして、吹き出しを入れみたようですが、結果的には成功といえるものではなかったようです。
視聴者としては、その制作側のチャレンジ精神や意欲は買いたいと思います。
またOVA版『X電車で行こう』には美男・美女が登場しないという部分でも、他には類を見ない作品といえるでしょう。美男・美女の存在は、どこか現実世界にこんな人いないと思えてくるところがありますよね。そういった意味で、“身近さ”を感じてしまうから不思議です。
そして、本編には濡れ場がありますが、色気やエロさを強調するのではなく、”笑い”に振っているのも見逃せないポイント。映画『釣りバカ日誌』にあるような”合体”に似たような演出でユニークさが際立っています。

サイコパス&ホラー要素

突然、発作のように鼻血を出すトオルの姿は少し怖いですよね。忽然と姿を消す電車EF5661、トオルを拉致する謎の集団など、ミステリー仕立ての構成となっていて、ついつい物語に惹き込まれてしまいます。
視聴していて、分からないことだらけのOVA版『X電車で行こう』。その描写には気持ち悪さが付きまとい、不気味な印象が拭えません。この感覚に類似した他コンテンツを挙げるのなら…
25 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【禁断の目次録クリスタル・トライアングル】アニメ版・和製インディー・ジョーンズ!

【禁断の目次録クリスタル・トライアングル】アニメ版・和製インディー・ジョーンズ!

古代文明の謎を紐解く戦う考古学者・神代耕一郎。その在り様は、名作映画『インディー・ジョーンズ』を思い浮かべたミドルエッジ世代も多いはずです。今回の記事では、こちらの作品に焦点を当てて、その本編映画やストーリー・魅力をご紹介させていただきます。ハラハラドキドキの展開を一緒に振り返っていきましょう。
tsukumo2403 | 187 view
OVA版【冒険してもいい頃】AV制作から始まるサクセスストーリー?魅力や関連商品など

OVA版【冒険してもいい頃】AV制作から始まるサクセスストーリー?魅力や関連商品など

アダルトビデオの制作事情をギャグテイストに描いた『冒険してもいい頃』。アニメとしては、あまりにも革新的な内容で男性ファンから注目されました。今回の記事では、OVA版『冒険してもいい頃』に注目して、その本編動画やストーリー・魅力を振り返っていきたいと思います。関連商品も併せてご紹介させていただきます。
tsukumo2403 | 736 view
【ザ・サムライ】現代に生きる侍の姿を描いたアニメ!ちょっぴりエッチなのも嬉しい!

【ザ・サムライ】現代に生きる侍の姿を描いたアニメ!ちょっぴりエッチなのも嬉しい!

原作コミックが注目され、テレビドラマや実写映画・アニメもになった『ザ・サムライ』。現代の世に生きるサムライという”時代錯誤”をテーマに扱った内容は多くの視聴者の心をワシ掴みにしました。今回の記事ではOVA版を中心に、本編動画やストーリー・魅力を振り返っていきたいと思います。
tsukumo2403 | 4,720 view
【エルフ・17】美少女エルフが活躍する『水戸黄門』的アニメ?ストーリー・魅力を紹介!

【エルフ・17】美少女エルフが活躍する『水戸黄門』的アニメ?ストーリー・魅力を紹介!

1980年の後半に発売された、エルフを題材にしたアニメ作品。SFチックなストーリー性に加え、時代劇『水戸黄門』を思わせるシチュエーションが面白いです。今回の記事では、そんなOVA版『エルフ・17』にスポットを当て、そのストーリー・本編動画や魅力などを紹介させていただきます。
tsukumo2403 | 350 view
【レリックアーマーLEGACIAM】美少女&ロボットもの良作アニメ!魅力などご紹介!

【レリックアーマーLEGACIAM】美少女&ロボットもの良作アニメ!魅力などご紹介!

1980年代に発売されたOVA作品『レリックアーマーLEGACIAM』。美少女とロボットものの組み合わせが斬新なコンテンツで、よほどコア層のアニメファンしか知らない存在といえるでしょう。今回は、そんな『レリックアーマーLEGACIAM』にスポットを当て、そのストーリーや本編動画・魅力などを紹介していきたいと思います。
tsukumo2403 | 448 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト