バブル期に人気を博した北欧の名車「サーブ(SAAB)」が70年の歴史に幕を閉じる
2016年6月25日 更新

バブル期に人気を博した北欧の名車「サーブ(SAAB)」が70年の歴史に幕を閉じる

1980~90年代のバブル期に日本でブームになったサーブ。しかし、ブランドを保有するナショナル・エレクトリック・ビークル・スウェーデンが電気自動車の開発に注力するため、2017年に消滅することになった。

12,730 view

時代の最先端を駆け抜けた自動車ブランド「サーブ」(SAAB)が、2017年に消滅

個性的な車体で日本でも根強い人気を誇ったスウェーデンの自動車ブランド「サーブ」(SAAB)が、2017年に消滅することになった。(ブランドを保有するナショナル・エレクトリック・ビークル・スウェーデン(NEVS)が発表)
2017年に消滅することになった「サーブ」

2017年に消滅することになった「サーブ」

NEVSのサイトによると、今後は電気自動車の開発に注力し、「サーブ」の商標は使わないとの事だ。
NEVSのマティアス・バーグマン社長は「多くの主要市場ではEVにとって転換点が近づいている」として、「私たちの歴史と遺産について慎重に検討を重ねた結果、我々自身の商標を使うことになった」とコメントしている。
ナショナル・エレクトリック・ビークル・スウェーデン(N...

ナショナル・エレクトリック・ビークル・スウェーデン(NEVS)

NEVS社は中国企業が資本を保有しており、車両の研究と、新エネルギー自動車技術の開発を手掛ける。またサーブ・オートモービルに対し、資産、技術、知的財産を買収している。そして2014年にはスウェーデンの工場を閉鎖するなど経営再建を進めてきた。

北欧の名車「サーブ」(SAAB)

「サーブ」(SAAB)が誕生したのは、第2次大戦後である。航空・軍需品を手掛けるサーブ社の自動車部門として誕生した。
サーブ(SAAB)にとって初の量産車となった92

サーブ(SAAB)にとって初の量産車となった92

空力を考慮した水滴形のデザインや、軽量なモノコックボディーなど、航空機製造で培った技術がふんだんに取り入れられていた。
出典 gazoo.com
航空機のフォルムを応用したデザインや、先端技術を取り入れた個性的なサーブ(SAAB)の自動車はたちまち話題となり、その名が世界中に知られることとなった。

以来、1958年からのシートベルトの標準装備、1971年には衝撃吸収バンパーを世界初採用、1972年にはサイドインパクトバーを世界初採用、飛行機が空気の薄い高空を飛ぶために考案されたターボを1976年量産車に世界初採用、1991年フロンフリーエアコンを世界初採用するなど、様々な点で自動車業界をリードしてきた。

バブル期に日本でもブームに!

1978年から93年にかけて販売された「サーブ・900」

1978年から93年にかけて販売された「サーブ・900」

1980~90年代のバブル期には、作家の五木寛之が紹介したことで日本でも「サーブ・900」の人気に火がつき、飛行機を連想させるグリルなど北欧らしい個性的なデザインがブームになった。

サーブ(SAAB)のちょっと変わっているところ

イグニッションキーの位置

イグニッションキーの位置

運転席と助手席の間にあるキーの差し込み口。
ライトのスイッチの位置と形

ライトのスイッチの位置と形

普通の車のようにウィンカーレバーの端ではなく、ハンドルの向こう側(左上)にスイッチがある。
変な開き方をするボンネット

変な開き方をするボンネット

「サーブ・900」の中でもとくに人気が高かったモデルは900カブリオレで、強いラウンド型で立ち気味のフロントウィンドウとスラントノーズを備え、独特なプロポーションがスタイリッシュな印象を与えた。
900カブリオレ

900カブリオレ

出典 gazoo.com
順調に売上を伸ばしていると思われた「サーブ」(SAAB)だが、アメリカの「ゼネラルモータース」の子会社となってから急激に経営が悪化し、リーマンショックの影響などで2011年には破産。その後、オランダのスパイカーによる買収を経て、NEVS社が保有する形となった。しかし、サーブは70年間で歴史に幕を下ろすことになる。
20 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

バブル時期に流行った!?見栄張りカーグッズを振り返る!!

バブル時期に流行った!?見栄張りカーグッズを振り返る!!

1980年代後半 ~ 1990年代初頭のバブル時期にカーグッズも、やはりバブリーな物が流行りました。中にはダミーや、使いもしないのに見栄だけで付けてるなんて方もいました。そんな物10選、振り返ってみました。
ギャング | 20,163 view
時空探偵マツ・de・デラックス【case LEOPARD-美しき獣-】第4話

時空探偵マツ・de・デラックス【case LEOPARD-美しき獣-】第4話

とある町の1台しか在庫を持たない中古車屋”ガレージ MIDDLE EDGE”。店主は性別不明の「マツ・ド・デラックス」。そしてその2階には謎の探偵「松田K介」と助手の「富田葵」が事務所を構える。そこには店舗に飾られた「名車」に係る「依頼人」が訪れ、様々な人間模様が・・・・。第1話は「日産レパード」を中心に親子の絆を再確認させるため時空探偵「マツ・de・DX」が時を超えて奔走する!!ベテラン実力派漫画家「なかがわひろき」×昭和の生き証人「山本圭亮」がお送りするSF昭和ファンタジー!ミドルエッジだけで読めるスペシャル連載が満を持して登場!!
X JAPANのYOSHIKI、28年ぶりの写真集『XY』を発売!異例の「発売前重版」やメイキング映像にも注目!

X JAPANのYOSHIKI、28年ぶりの写真集『XY』を発売!異例の「発売前重版」やメイキング映像にも注目!

X JAPANのYOSHIKI(54)が、28年ぶりとなるオール撮りおろし写真集『XY』を発売することが決定しました。
隣人速報 | 205 view
「不良少女とよばれて」「ポニーテールはふり向かない」で活躍した伊藤かずえ!30年間乗り続けている「初代シーマ」を披露!

「不良少女とよばれて」「ポニーテールはふり向かない」で活躍した伊藤かずえ!30年間乗り続けている「初代シーマ」を披露!

女優として長年活躍する伊藤かずえ(53)が、自身のツイッターにて30年間乗り続けている愛車「日産・シーマ」の写真を投稿しました。
隣人速報 | 2,172 view
東村山に変な銅像が!?東京・東村山市が志村けんさんの銅像を建立するプロジェクトを始動させる!!

東村山に変な銅像が!?東京・東村山市が志村けんさんの銅像を建立するプロジェクトを始動させる!!

東京・東村山市は、今年3月に新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなった同市の名誉市民・志村けんさんの銅像を建立するため、クラウドファンディングサイト「READY FOR」にて資金獲得のための「ありがとう志村けんさん。東村山市に銅像をつくるプロジェクト」をスタートさせました。
隣人速報 | 993 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト