バブル時期に流行った!?見栄張りカーグッズを振り返る!!
2019年2月26日 更新

バブル時期に流行った!?見栄張りカーグッズを振り返る!!

1980年代後半 ~ 1990年代初頭のバブル時期にカーグッズも、やはりバブリーな物が流行りました。中にはダミーや、使いもしないのに見栄だけで付けてるなんて方もいました。そんな物10選、振り返ってみました。

16,422 view

①自動車電話

 (2086109)

バブル時期に国産車ではハイソカーと呼ばれる、TOYOTAクラウンやNISSANシーマ、外車ではベンツやBMWを中心としたドイツ車が人気があり大変流行りました。
流行った分、そこら中走っているので、高級車だろうが珍しくも何ともありません。
そこで高級車オーナー達はワンランク上のグッズで見栄を張るようになるのです。
まだ携帯電話が出ない時代、自動車電話はバブルの象徴の様なアイテムでした。
これメチャ高くて、購入時の「保証金」が20万円+「加入料」8万円で「月額基本料金」が3万円、更に通話代が6秒10円というから、正にバブリーなグッズでしたね。

でも見栄を張りたい

クラウン 4000ロイヤルサルーンG

クラウン 4000ロイヤルサルーンG

余談ですが当時、友人の1人が無理なローンを組んでTOYOTAのクラウンを新車で買いました。
毎月のローンと保険代やら駐車場代・ガス代で給料もカスカスでした。
因みにバブルの頃って駐車場代も高かったんですよ。青空駐車場でも5~6万、屋根付きや立体駐車場なんてなったら8~15万なんてザラでしたから。
で!友人も、せっかくクラウンに乗っているんだから、自動車電話を付けたいと言い出し、何を思ったのか、自宅にあったインターフォンの子機?(チャイムが鳴ったら応対する方の受話器みたいなやつ)を運転席と助手席の間にセットして信号待ちの時など横断者から見える様にインターフォンの受話器で電話しているふりをしていました。
(因みに自動車電話が出だした当時は黒では無くクリーム色で、確かにインターフォン受話器に似ていました。)
そこまでして見栄張る!?

インターホン

インターホン

出典 jmty.jp

②自動車電話専用アンテナ

自動車電話といえば自動車電話専用アンテナ、こちらもバブル時期の象徴的なアイテムでした。
ちゃんと自動車電話のアンテナとして使ってる社用車に乗ったお偉いさんや社長さんもいましたが、若い人が乗っているハイソカーに付いてる物は、ほとんどがダミーアンテナだったと思います。
当時、コレ静電気防止のアースなんて触れ込みで販売されていましたが、出来が良くて本物と見分けがつかない事から爆発的に流行ったんですよ。
オートバックスなんかで1000円チョットで手に入り簡単に見栄が張れる優れものとして。

そんな私も当時、愛車につけていました💦
また、より本物みたく見える様にアンテナ部分にNTTのシールを貼りっけてW

③車にテレビ

ユピテルポータブルカラーテレビ

ユピテルポータブルカラーテレビ

※当時はこんな小型アナログテレビを助手席の前のダッシュボードの上に置いていました。
まだナビなど普及していない時代、車にテレビがバブリーなアイテムグッズでした。
ただワンセグでも無いアナログテレビなので映りは悪く走行中は最悪の映りで高速道路など先ず見れないモノでした。
それでもテレビを付けたがる人結構いましたね。

④ブーメランアンテナ

現在では、ほぼ見かける事の無い代物ですが、ワンセグ以前の車載テレビの映りを良くする効果があるもので、元々はアメ車のストレッチリムジン等に装着されていたのが始まりだとか。
ただ実際に付けてもテレビの映りは、さほど変わりなく、ダミーが出回っていたので飾りで付けていた人もいました。
特に4ドアベンツに付けてる方、多かったです。

⑤レース生地のシートカバー

 (2086166)

現在だと高級車のシートといえば本革シートと言うイメージだと思いますが、バブル初期の頃って高級車でも布シートが多く、良くても革シートはオプションで別料金って感じでした。
そこで流行ったのが、レースのハーフカバー。
ヘッドレストと背もたれの上部を覆うだけの半カバーです。
今でもハイヤーやお偉さんの社用車なんかは、レースのカバー付いている車を見かけます。
オヤジ臭いと言われそうですが💦何故かこのレース生地のシートカバーが結構な割合で高級車にはついていました。
因みにハーフカバーですが、純正だとトヨタ クラウンのエクセレントタイプ様は1台分で54,000円もする高級品なんですよ。
50 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

時空探偵マツ・de・デラックス【case LEOPARD-美しき獣-】第4話

時空探偵マツ・de・デラックス【case LEOPARD-美しき獣-】第4話

とある町の1台しか在庫を持たない中古車屋”ガレージ MIDDLE EDGE”。店主は性別不明の「マツ・ド・デラックス」。そしてその2階には謎の探偵「松田K介」と助手の「富田葵」が事務所を構える。そこには店舗に飾られた「名車」に係る「依頼人」が訪れ、様々な人間模様が・・・・。第1話は「日産レパード」を中心に親子の絆を再確認させるため時空探偵「マツ・de・DX」が時を超えて奔走する!!ベテラン実力派漫画家「なかがわひろき」×昭和の生き証人「山本圭亮」がお送りするSF昭和ファンタジー!ミドルエッジだけで読めるスペシャル連載が満を持して登場!!
バブル期に人気を博した北欧の名車「サーブ(SAAB)」が70年の歴史に幕を閉じる

バブル期に人気を博した北欧の名車「サーブ(SAAB)」が70年の歴史に幕を閉じる

1980~90年代のバブル期に日本でブームになったサーブ。しかし、ブランドを保有するナショナル・エレクトリック・ビークル・スウェーデンが電気自動車の開発に注力するため、2017年に消滅することになった。
red | 12,445 view
マツダ「ロードスター」に30周年記念車が登場!アメリカでは500台が速攻で完売!!

マツダ「ロードスター」に30周年記念車が登場!アメリカでは500台が速攻で完売!!

1989年の発表以来、高い人気を誇るマツダのスポーツカー「ロードスター(Roadster)」。その30周年を記念し、北米マツダがシカゴモーターショー2019にてロードスターの30周年記念車を発表、米国での割り当て分である500台がわずか4時間で完売したことを公表しました。
隣人速報 | 1,657 view
ミドルエッジ世代の男女が選ぶ「かつては美少女だったと思う美熟女タレント」が決定!注目の第1位は!?

ミドルエッジ世代の男女が選ぶ「かつては美少女だったと思う美熟女タレント」が決定!注目の第1位は!?

ランキングサイト「ランキングー!」にて、40~60代の男女3,222名に「かつては美少女だったと思う美熟女は?」というアンケート調査が実施されました。注目の第1位は誰なんでしょうか?10位から順にご紹介したいと思います!
隣人速報 | 47,671 view
【39】ポケベル、50周年の節目を迎えるも来年でサービス終了へ

【39】ポケベル、50周年の節目を迎えるも来年でサービス終了へ

かつて一世を風靡し、当時を生きたひとや現在の一部界隈のひとにはおなじみの「ポケベル」。サービス開始から50周年という節目を迎えている今日この頃だが、来年にはサービスを終了するという発表があった。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト