可愛いだけじゃない!ほんわかしながら考えさせられる哲学アニメ・ぼのぼの
2017年1月23日 更新

可愛いだけじゃない!ほんわかしながら考えさせられる哲学アニメ・ぼのぼの

1995年から『アニメ缶』枠内で『ビット・ザ・キューピッド』と共に放映されていた動物アニメ・ぼのぼの。おっとりしているぼのぼのとしたたかなシマリスくん、いじめっ子のアライグマくんが織り成す日常劇が対象年齢の子供だけでなく大人にも支持され、現在も高い人気を誇っています。ここではそんな「ぼのぼの」について振り返ってみました。

14,395 view

「ぼのぼの」とは?

 (1535199)

『ぼのぼの』は、いがらしみきおによる日本の4コマ漫画(ただしほとんどは8コマ)作品と、その主人公のラッコの名前。また、その4コマ漫画を原作とするテレビアニメーション・アニメーション映画。

不条理ギャグと哲学とほのぼのが融合した、独特の作風が特徴。
あまり話題にはならなかったが、独特な作風は子供を中心に人気を集め、現在でも根強いファンを持つ。

原作にある哲学的な要素は、節々に見られるものの抑えられ気味になっており、たまに教訓的な話もあるが、原作とは大きくかけ離れた基本的に純粋なギャグアニメーションとして製作されている。

EDテーマ① - 「近道したい」

アニメの雰囲気にぴったり合った優しい歌詞とメロディーに癒されるED。大人になって改めて歌詞を見てみると心に沁みる名曲です。2009年にはTHE IDOLM@STERの三浦あずさのカバーによってさらに知られるようになりました。

EDテーマ② - 「LOVE, TWO LOVE」

ぼのぼのEDといえば①の「近道したい」が有名ですが、この「LOVE, TWO LOVE」もポップなメロディーでドライな内容を歌っていて面白い歌です。90年代後半は世紀末と言うこともあってこういったシニカルな歌詞の歌が多かった気がします。
このアニメは「アニメ缶」という30分枠内での15分での放送だったためOPはありませんでした。EDも①「近道したい」 は3バージョン、 ②「LOVE, TWO LOVE」は本編を編集した1バージョンとぼのぼのが木登りする3バージョンの計4バージョンがありました。

「ぼのぼの」のあらすじ

 (1535206)

舞台は動物が多く住んでいる自然の中。海にお父さんと二人で住んでいるラッコのぼのぼのは、森に住んでいるシマリスくんとは大の仲良しです。ある日ぼのぼのが拾った葉っぱでシマリスくんと遊んでいると、そこにいじめっ子のアライグマくんがやってきました。

ぼのぼのたちは3人でかくれんぼをすることになりました。ぼのぼのが鬼になったのですが、仲の悪いシマリスくんとアライグマくんは日暮れまでおいかけっこをしていてへとへとになっていました。「遅えんだよ、もっと早く見つけろ」と悪態をつくアライグマくんに「ごめん、今度はもっと早く見つけるからもう一回やろうよ」と返すのでした。

ぼのぼのは岩穴に住むスナドリネコさんや歌が好きなフェネギーくんなど、たくさんの友達に出会って”おもしろいこと”を探す毎日を過ごすのでした。
 (1535207)

「ピュピュピュピュピューン」という汗の効果音や「ハイヤ、ハイヤ、ハッハッハ」というオチのBGMなど、アニメならではの演出が楽しい作品だった「ぼのぼの」。原作のほのぼのした雰囲気は損なわず、キャラクターの個性が生かされて面白いアニメでした。

個性豊かなキャラクター

ぼのぼの

ぼのぼの

この物語の主人公。
海に住んでいるラッコの子供で、空想癖のあるのんびり屋。世の中の様々なことに疑問を持っており、たびたび周りの人に質問をする。だいたいくだらない質問が多いのだが、時には持ち前の観察眼の鋭さで大人も答えられないような哲学的な質問をすることも。
シマリスくん

シマリスくん

ぼのぼのと仲良しの子リス。
ぼのぼのとは正反対で、すばしっこく行動的。甲高い声で女性のような言葉遣いをするが性別はメス。クルミが大好物で、常に持ち歩いている。アライグマくんに蹴飛ばされたり姉にしごかれたりと受難が多い。
口癖は「いぢめる?」「~なのでぃす」。
アライグマくん

アライグマくん

ぼのぼのと仲良しのいじめっ子。
口が悪く乱暴者で、主にシマリスをいじめる森のガキ大将。一方で顔が広く面倒見の良い一面もあり、友達は多い。恋をしたり行動的だったりとぼのぼのやシマリスくんより少し大人びたところも。短気で喧嘩っ早いお父さんと二人暮らしで、イモが大好物。
フェネックギツネくん

フェネックギツネくん

砂漠に住んでいるアライグマくんの友達。
通称「フェネギーくん」。
声が大きく陽気な性格で、歌を歌うのが大好き。エネルギッシュでプラス思考だが、アライグマくんからは「うるさい」と殴られることも多い。
口癖は「くすすっ」。
クズリくん

クズリくん

道端やほら穴の前など、所構わず用を足すイタチ科。
通行人がいたり周りに何か尋ねられたりしているときにも平気で用を足すのでスナドリネコさんやアライグマくんには疎まれている。
ボーズくん

ボーズくん

シマリスと仲が良いこどものビーバー。
ちょっとしたことですぐ泣いてしまう泣き虫で、泣きそうになるとものすごい形相になる。いつも笑っている優しい父親と気が強くて貫禄のある母親に大切に育てられている。
コヒグマくん

コヒグマくん

幼いこどものヒグマ。
人の真似をするのが大好きで、ぼのぼのやシマリスなどの話し方をまねるが長い言葉は真似できない。魚を取るのが得意。
54 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「映画版 ふたりエッチ ~ダブル・ラブ~」が現在大ヒット公開中!青山ひかるの胸元丸出しのニットに注目!!

「映画版 ふたりエッチ ~ダブル・ラブ~」が現在大ヒット公開中!青山ひかるの胸元丸出しのニットに注目!!

ミドル世代であれば誰もが一度は読んだことがあるであろう「ふたりエッチ」の実写映画「映画版 ふたりエッチ ~ダブル・ラブ~」が、東京・シネマート新宿ほかで現在大ヒット公開中です。
隣人速報 | 6,917 view
夢だけど、夢じゃなかった!愛知県に「ジブリパーク」を誕生させる大構想が始動!!

夢だけど、夢じゃなかった!愛知県に「ジブリパーク」を誕生させる大構想が始動!!

愛知県長久手市にある愛・地球博記念公園を「ジブリパーク」に――このたび、愛知県とスタジオジブリが愛・地球博記念公園に開業を目指している「ジブリパーク」の基本デザインがまとまり、2022年度に開業を目指すことで一致したことが明らかとなりました。
隣人速報 | 3,941 view
オトナ女子必見!「セーラームーン」の襟付きナイトブラ登場!!

オトナ女子必見!「セーラームーン」の襟付きナイトブラ登場!!

バンダイ公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」が、あのセーラームーンをモチーフにした『おやすみ用ブラ』『ブラカップ付きタンクトップ』『ルームパンツ』の予約受付を開始しました。かつてセーラームーンに憧れたオトナ女子は必見です!
隣人速報 | 5,700 view
セーラームーンの世界観を天文学的に探求!宇宙ミュージアム「TeNQ」にて企画展が開催!

セーラームーンの世界観を天文学的に探求!宇宙ミュージアム「TeNQ」にて企画展が開催!

「美少女戦士セーラームーン」と東京ドームシティの宇宙ミュージアム「TeNQ」のコラボ企画展「Over The Sailor Moon ~宇宙への招待~」が開催されます。期間は2017年12月15日から2018年4月15日まで。
隣人速報 | 649 view
【第1回】セーラームーンキャラクター人気投票トップ10

【第1回】セーラームーンキャラクター人気投票トップ10

講談社なかよしでセーラームーンキャラクター人気投票が行われ、1993年3月号に結果が掲載されました。38位までが発表された中からトップ10のキャラクターを振り返ります。1位はやっぱりあの人かな…
ローズリー | 31,390 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト