『氷点』(1966年)の映像作品
2020年2月28日 更新

『氷点』(1966年)の映像作品

『氷点』は古き良き時代の名作ドラマの一つ。三浦綾子の小説『氷点』は1966年の最初のテレビドラマ化以降2006年までに9回も映像化されました。

983 view

『氷点』1966年1月23日 - 4月17日、NETテレビ(現:テレビ朝日)で連続ドラマ化 最終回の視聴率が42.7%という大ヒット作

『氷点』1966年1月23日 - 4月17日、NETテ...

『氷点』1966年1月23日 - 4月17日、NETテレビ(現:テレビ朝日) 辻口陽子(初代):内藤洋子

1966年1月23日 - 4月17日、NETテレビ(現:テレビ朝日)で連続ドラマ化(2006年11月8日からCS放送のテレ朝チャンネルで再放送)。放送時間(日本時間)は毎週日曜22:00 - 23:00。出演は新珠三千代、内藤洋子、芦田伸介、市原悦子、田村高廣、北村和夫。

新珠三千代が継子・陽子いじめの悪女・夏枝を演じ演技派女優としての評価を高めた。徹役を務めた岸田森が、この作品でTV本格デビュー。

最終回の視聴率が42.7%(ビデオリサーチ・関東地区調べ)という大ヒット作となった。北海道では、当時北海道テレビ放送が未開局(1966年当時の既存局は北海道放送と札幌テレビ放送の2局のみ)のため、本来の放送時間帯とは異なる日曜日の昼過ぎの放送だったが、非常な人気を博し、その時間帯には目に見えて外出する人が少ないとさえ言われた。
(出典:.wikipedia/氷点)

『氷点』1966年1月23日 - 4月17日 - YouTube

内藤洋子15歳
辻口陽子(演:内藤洋子)

辻口陽子(演:内藤洋子)

辻口陽子
辻口家の養女(表向きは実子)。当初「佐石の娘」とされており、養父に妻への復讐の道具として引き取られたが、実際は無関係であった。いわゆる不義の子。
芯が強く明るく素直、慈悲深く自己を律する模範的な性格の持ち主。独立心が強く努力家でもある一方で、人に対して頑なで、気性の激しい一面も見受けられる。
肩まで垂らした黒髪、生き生きとした何かが絶えず燃えている様な瞳の魅力的な美人で、伸びきった美しい肢体や物腰から声音まで実母に酷似している。幼少期は形のいい濃い眉が偶然にも佐石とそっくりであった。
啓造に言わせると幼い頃から「気味が悪いくらい善意に満ち溢れた子供」であり、他人の悪意をも善意に受け取る屈託のない少女。自分は常に正しくありたいという少女特有の傲慢な思いで養母の虐めに耐えてきたが、その姿勢こそが夏枝を悪人に見せる原因とも言える。自殺未遂を起こした後、自分自身の罪と向き合う様になる。自殺を図るまで他人を憎む事に否定的だったが、出生の事実を知った後、実母の恵子と夏枝を疎むようになる。
読書と勉強が好きで幼少期から一貫して学業に優秀。養父母を除いた周囲の人々から純粋に愛され慕われている。本人曰く、南瓜と薩摩芋が好物。
1966年、テレビドラマ『氷点』に主演、また、恩地日出夫監督の『あこがれ』に主演し、ゴールデン・アロー賞などを獲得、瞬く間にアイドルとして一世を風靡する。

やがてテレビドラマ『氷点』が高視聴率を続けたことで遊覧コースとして観光バスが自宅前を通過する程の事態となる(『あちらに見えますのはドラマ『氷点』で陽子を演じている内藤洋子さんのご自宅でございます』)。
 (1631362)

夏枝役の新珠三千代

夏枝役の新珠三千代

第一話の夏枝役の新珠三千代・・眼科医・村井を誰もいない家に迎え入れその間に愛娘ルリ子が殺されてしまう。
夏枝役の新珠三千代

夏枝役の新珠三千代

辻口役の芦田伸介

辻口役の芦田伸介

辻口役の芦田伸介。妻の不貞を疑い、復讐するため愛娘を殺した犯人の子を引き取り、夏枝に育てさせる。
眼科医・村井役の田村高廣

眼科医・村井役の田村高廣

夏枝に思い寄せる眼科医・村井役の田村高廣。
陽子が愛娘を殺した犯人の子だと知り、陽子を陰湿にイジメ...

陽子が愛娘を殺した犯人の子だと知り、陽子を陰湿にイジメまくる夏枝・・。

 (1631368)

陽子は中学の卒業式で総代として答辞を読むことになるが・・・

陽子は中学の卒業式で総代として答辞を読むことになるが・・・

陽子は中学の卒業式で総代として答辞を読むことになるが、夏枝はその原稿を白紙にすり替える。一瞬、壇上で動揺する陽子だが「世の中には思いも寄らぬ出来事がある。どんなに意地悪をされても笑って生き抜く勇気を持ち続けたい」と語り、絶賛を浴びる。

『氷点』1966年3月26日、大映から山本薩夫監督、水木洋子脚色で映画化

映画『氷点』1966年3月26日

映画『氷点』1966年3月26日

1966年3月26日、大映から山本薩夫監督、水木洋子脚色で映画化。
映画『氷点』1966年3月26日

映画『氷点』1966年3月26日

辻口夏枝:若尾文子
辻口陽子:安田道代(現:大楠道代)
辻口徹:山本圭
辻口啓造:船越英二
藤尾辰子:森光子
高木雄二郎:鈴木瑞穂
村井靖夫:成田三樹夫
北原邦雄:津川雅彦
辻口陽子役(2代目):安田道代(現:大楠道代)

辻口陽子役(2代目):安田道代(現:大楠道代)

70年代以降の 「氷点」

「続・氷点」1971年10月25日 - 1972年 1月24日

「続・氷点」1971年10月25日

「続・氷点」1971年10月25日

25 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【あなたの心に残るギャグ・セリフクイズ】あのシーンが蘇る!みんながマネした流行言葉たちにクイズで挑戦!!②

【あなたの心に残るギャグ・セリフクイズ】あのシーンが蘇る!みんながマネした流行言葉たちにクイズで挑戦!!②

小学校の休み時間にマネしたギャグ、中学や高校になって口癖のように使ってみたセリフ。テレビを通して観た、様々なギャグやセリフが心に残っている人は多いことでしょう。そんなギャグやセリフを10個ピックアップ、それぞれにまつわるテーマをクイズにしてみました。ぜひ、懐かしみながら挑戦してみて下さい!
【イントロクイズ】懐かしのフジテレビ『月9』ドラマ主題歌

【イントロクイズ】懐かしのフジテレビ『月9』ドラマ主題歌

1980~1990年代に高視聴率を獲得したフジテレビの月曜夜9時のドラマ、通称『月9』ドラマの主題歌に関するイントロクイズです。
【あなたの心に残るギャグ・セリフクイズ】あのシーンが蘇る!みんながマネした流行言葉たちにクイズで挑戦!!①

【あなたの心に残るギャグ・セリフクイズ】あのシーンが蘇る!みんながマネした流行言葉たちにクイズで挑戦!!①

小学校の休み時間にマネしたギャグ、中学や高校になって口癖のように使ってみたセリフ。テレビを通して観た、様々なギャグやセリフが心に残っている人は多いことでしょう。そんなギャグやセリフを10個ピックアップ、それぞれにまつわるテーマをクイズにしてみました。ぜひ、懐かしみながら挑戦してみて下さい!
菊池桃子・田中美奈子ら、トレンディ女優が"アラフィフ"世代の恋愛エピソードを演じる!!

菊池桃子・田中美奈子ら、トレンディ女優が"アラフィフ"世代の恋愛エピソードを演じる!!

11日放送の、関西テレビ・フジテレビ系特番「ラブドラマバラエティー 50キュン恋愛物語」で、賀来千香子、有森也実、菊池桃子、森口瑤子、田中美奈子ら、"アラフィフ"世代が最近"キュン"とした恋愛を基にしたエピソード・ドラマに出演する。80年代から90年代前半にヒットした曲もドラマで起用されている。
red | 2,561 view
一連のヤ〇ザ映画ではチンピラ役から親分役までこなす強面俳優!『山口祥行』!!

一連のヤ〇ザ映画ではチンピラ役から親分役までこなす強面俳優!『山口祥行』!!

今やVシネマや任侠系映画には欠かせない「ネオVシネ四天王」とも呼ばれた強面俳優山口祥行さん。若い頃や嫁や子供など気になり勝手に追ってみました。
ギャング | 2,689 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト