mayu0906さんの記事

【確信の逃亡劇】サニーブライアン

【確信の逃亡劇】サニーブライアン

1997年のクラシック戦線を駆け抜けたサニーブライアン。それは奇跡でもフロックでもなくサニーブライアンの能力を信じた関係者の確信があった。怪我により短い競走馬人生ではあったが、その中で眩いばかりに光輝いた二冠馬の軌跡を追います。
mayu0906 | 7,104 view
【栄進寳蹄】海外レース勝利を身近にしてくれた名馬エイシンプレストン

【栄進寳蹄】海外レース勝利を身近にしてくれた名馬エイシンプレストン

無類の香港好き。この言葉がとてもよく合う馬は未だに【エイシンプレストン】だけだと思う。日本では善戦止まり・・しかし、香港では無類の強さを発揮した個性派のエイシンプレストンの軌跡を追う。
mayu0906 | 829 view
【速く、強く、美しく】時代を駆け抜けた名馬キョウエイマーチ

【速く、強く、美しく】時代を駆け抜けた名馬キョウエイマーチ

牝馬クラシック路線で活躍する馬はたくさんいるが、古馬になって活躍できる牝馬は限られたごく一部だけである。そんなごく一部の牝馬の一頭がキョウエイマーチだった。クラシック路線から7歳まで全28戦を駆け抜けた、女傑の軌跡を追う。
mayu0906 | 916 view
【サクラ軍団の爆進王】サクラバクシンオー

【サクラ軍団の爆進王】サクラバクシンオー

7ハロン以下のスペシャリストサクラバクシンオー。当時はスプリント路線というものはなく、マイル戦として括られていた時代に稀代のスピードで衝撃と革命を起こした。この「超一流馬」の偉業を追う。
mayu0906 | 1,092 view
【社台の優等生】ダンスインザダーク

【社台の優等生】ダンスインザダーク

「武豊」・・・。当時、最年少最速でJRA1000勝を達成、日本人騎手として初海外G1制覇等々、多くの栄冠と「天才」の名を手にしていた。しかし、そんな彼にも唯一届かないタイトルと言われていたのが、「日本ダービー」だった。そんな天才が日本ダービー制覇を強く意識した馬、それが「ダンスインザダーク」。ここでは天才武豊と社台の優等生ダンスインザダークのクラシックへの挑戦を追う。
mayu0906 | 1,033 view
【未だに輝く1等星】ホクトベガ

【未だに輝く1等星】ホクトベガ

『ベガはベガでもホクトベガ」これはあまりにも有名な実況である。芝のG1を勝利した後にダートで真骨頂を見出した名馬の軌跡を追います。
mayu0906 | 1,440 view
【音速の末脚】フサイチコンコルド

【音速の末脚】フサイチコンコルド

フサイチコンコルドその持ち合わせた個性がゆえに、ファンも多かった馬である。そして、たった5戦でターフを去ってしまった。その姿はまさに音速のコンコルドのようだった。
mayu0906 | 1,008 view
【異端の最強牝馬】ヒシアマゾン

【異端の最強牝馬】ヒシアマゾン

強烈なパフォーマンスと人々の記憶に残るレースの数々だったヒシアマゾン。調教技術の向上により現在では、牡馬を相手に活躍する牝馬は多くなってきたが、その先駆けともいえるヒシアマゾンを追っていきます。
mayu0906 | 1,823 view
【期待を一身に背負った大器】バブルガムフェロー

【期待を一身に背負った大器】バブルガムフェロー

その着差以上に強い内容で圧倒的なパフォーマンスを見せた大器。バブルガムフェローをただの早熟馬とみることもできる、しかし、バブルガムフェローに期待し、可能性を信じ続けた関係者の軌跡を追っていく。
mayu0906 | 1,313 view
SS産駒の先駆け。『漆黒の名馬ジェニュイン』

SS産駒の先駆け。『漆黒の名馬ジェニュイン』

漆黒の馬体に白のシャドーロール、誰もが見いってしまうサラブレット・・それがジェニュインだった。1992年生まれ、今や日本競馬会を席巻しているサンデーサイレンスの初産駒にして、初のG1タイトルをもたらした。ここからサンデーサイレンス時代が始まることになる。
mayu0906 | 999 view
10 件