【速く、強く、美しく】時代を駆け抜けた名馬キョウエイマーチ
2016年11月25日 更新

【速く、強く、美しく】時代を駆け抜けた名馬キョウエイマーチ

牝馬クラシック路線で活躍する馬はたくさんいるが、古馬になって活躍できる牝馬は限られたごく一部だけである。そんなごく一部の牝馬の一頭がキョウエイマーチだった。クラシック路線から7歳まで全28戦を駆け抜けた、女傑の軌跡を追う。

1,192 view

偉大な父 ダンシングヴレーブ

 (1568601)

キョウエイマーチ
父 ダンシングヴレーブ 母 インターシャルマン
父 ダンシングヴレーブは追い込みを得意としており1980年代のヨーロッパの最強馬とも呼ばれる名馬。
種牡馬としてはマリー病という奇病に悩まされ続けたが、日本に輸入され数が少ないながらも質の高い産駒を多く輩出した。

デビューまでの険しい戦い

1994年4月19日キョウエイマーチは、インターナショナル牧場で生まれた。しかし、生まれた直後に骨端症である事が判明した。骨端症とは、成長期にある骨端部の一部が壊死してしまう病気の総称で、脚部への不安が残り、競走馬へとなれない場合が多い。ちなみに、キョウエイマーチの兄も同じ骨端症を発症しており、そのまま競走馬になりきれなかった。そんな難病にも、朝夕の血の循環を良くする薬、痛み止めの投与、炎症を起こしている箇所への湿布等々、牧場関係者の懸命な努力もあり、キョウエイマーチは何とか競走馬への道を開く事が出来た。

デビューそしてクラシック本命候補へ

3歳時

キョウエイマーチ 3歳新馬戦 楽に逃げて大差の圧勝 - YouTube

1996年第5回阪神1日目4R サラ系3歳新馬 ダ1200m 1着 キョウエイマーチ 松永幹 1:13.4
出典 youtu.be
何とか競走馬になった、キョウエイマーチは栗東の野村厩舎に入厩した。脚部に不安が残るキョウエイマーチのデビュー戦は11月のダート1200m戦となった。スピードの違いでスタートから独走して2着に2秒以上の差をつけて完勝した。ちなみ、このレースの3着馬のマチカネフクキタルは後の菊花賞馬である。
2戦目の500万下千両賞では3着となった。3歳戦は2戦1勝で終えることになった。

4歳時

4歳となったキョウエイマーチの初戦はダート戦の寒梅賞。このレースを見事勝利し、オープン入りを果たすと続くエルフィンステークスも連勝した。続くクラシック一冠目桜花賞のトライアルの報知杯4歳牝馬特別に出走した。初めて一線級のライバルたちとの対戦であったが、一番人気に支持をされた。レースでは楽に先頭に立つとそのまま2着シーズプリンセスに7馬身差のレコード決着という圧勝劇を演じ、桜花賞の最有力候補として名をあげた。

大外18番・不良馬場、最悪の条件の桜花賞

1997年 4月 6日(日) 2回阪神6日 天候: 雨 馬場状態:不良 10R 第57回 桜花賞 キョウエイマーチ 3歳・オープン・G1(定量) (牝)(指定) 芝・内 1600m 18頭立 1 キョウエイマーチ 2 メジロドーベル 3 ホーネットピアス 4 ワンダーステラ 5 オレンジピール 6 フミノパラダイ...
桜花賞トライアルを圧勝し、桜花賞の最有力馬となっていたキョウエイマーチだったが、この年のライバルは名門メジロ牧場からの刺客メジロドーベルと前走チューリップ賞でメジロドーベルを破ったオレンジピールであった。しかし、実質はキョウエイマーチとメジロドーベルの二強ムードであった。そして、桜花賞当日はドシャ降りの雨で馬場は不良馬場。さらにキョウエイマーチは大外18番スタートとなった。スタートしてすぐコーナーを迎える阪神の1600m戦は大外枠が圧倒的不利とされているレースでキョウエイマーチにとっては最悪の条件であった。
そんな中で、スタートをうまく決め2番手についたキョウエイマーチは掛かりそうになりながらも鞍上の松永幹夫騎手が上手くなだめ直線へ向かう。直線に入り先頭にたったキョウエイマーチはそのまま逃げ切り、終わってみれば2着メジロドーベルに4馬身差の圧勝で栄冠を手にした。
鞍上の松永騎手はこれが桜花賞初制覇、野村調教師も初G1制覇、インターナショナル牧場にとっても自家製産馬での初G1制覇と「初」づくしの勝利となった。
 (1568607)

松永 幹夫(まつなが みきお、1967年4月10日 - )は日本中央競馬会 (JRA) の調教師、元騎手。
童顔で甘いマスクを持ち、騎デビュー直後から女性ファンが多くついた。名前をもじってミッキーという愛称でも呼ばれる。
JRAの競馬学校の第2期生。同期には横山典弘、熊沢重文らがいる。1986年にデビューし、引退するまで山本正司厩舎に所属した。
調教師として
2007年2月で引退した師匠の山本の後を継ぎ、3月1日に厩舎を開業。管理馬の初出走は3月4日、阪神競馬第8競走のダノンシャトルで5着。初勝利は同年3月25日中京競馬第7競走のアグネススピリッツで、騎手は松永と同期の横山典弘だった。
2009年8月2日、ダンスアジョイが小倉記念に勝ち、馬ともども重賞初制覇[7]。奇しくも騎手時代に重賞勝ちがなかった小倉競馬場での達成となった。同年10月18日、レッドディザイアが秋華賞で勝利。騎手時代にファビラスラフインで制した競走で、調教師としてのGI初制覇を果たした。
2014年12月13日、中山大障害でレッドキングダムが優勝し、JRA障害G1レースで初勝利した。

【楽天市場】競馬 / 松永幹夫 〜ターフの神様に愛されて〜 【DVD】:HMV ローソンホットステーション R

3994円
競馬 / 松永幹夫 〜ターフの神様に愛されて〜 【DVD】
松永幹夫騎手の名場面をまとめたDVD

距離の壁に泣いたオークス

1997年 5月25日(日) 3回東京4日 天候: 晴 馬場状態: 重 10R 第58回 優駿牝馬 オークス メジロドーベル 3歳・オープン・G1(定量) (牝)(指定) 芝 2400m 16頭立 1 メジロドーベル 2 ナナヨーウイング 3 ダイイチシガー 4 プロモーション 5 オレンジピール 6 エイシンカ...
続く牝馬クラシック二戦目のオークス。桜花賞圧勝したキョウエイマーチは一番人気に支持された。先手を取り先頭で直線を迎えたが、余力がなく直線半ばで失速し11着と敗れた。勝ったのは桜花賞2着のメジロドーベルだった。
35 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【異端の最強牝馬】ヒシアマゾン

【異端の最強牝馬】ヒシアマゾン

強烈なパフォーマンスと人々の記憶に残るレースの数々だったヒシアマゾン。調教技術の向上により現在では、牡馬を相手に活躍する牝馬は多くなってきたが、その先駆けともいえるヒシアマゾンを追っていきます。
mayu0906 | 2,145 view
競馬ファン集まれ!もっとも印象に残っている馬と言えば? この馬で勝った!!

競馬ファン集まれ!もっとも印象に残っている馬と言えば? この馬で勝った!!

競馬ファン集まれ!もっとも印象に残っている馬と言えば? この馬で勝った!この馬で負けた!思い出の馬について語ろう!
1992年、無敗で皐月賞とダービーを制したミホノブルボンが死去

1992年、無敗で皐月賞とダービーを制したミホノブルボンが死去

1992年の皐月賞・日本ダービーを制したミホノブルボンが、老衰のため死亡していたことが分かった。28歳だった。”坂路の申し子”と言われ、人気だったミホノブルボンの訃報をお伝えする。
GI6勝の武幸四郎騎手が引退。兄・豊とは史上初の「最多勝利新人騎手」を兄弟で受賞!

GI6勝の武幸四郎騎手が引退。兄・豊とは史上初の「最多勝利新人騎手」を兄弟で受賞!

日本中央競馬会(JRA)は、調教師4人、騎手2人が引退すると発表した。その中には武豊騎手(47歳)の弟でGI6勝を挙げた武幸四郎騎手(38)=栗東・フリー=もおり、武は今月末で引退する。
『中央競馬史上最強牝馬』名牝馬12選:メジロラモーヌ・ノースフライト・ニシノフラワー・シンコウラブリイ・ヒシアマゾン・エアグルーヴほか

『中央競馬史上最強牝馬』名牝馬12選:メジロラモーヌ・ノースフライト・ニシノフラワー・シンコウラブリイ・ヒシアマゾン・エアグルーヴほか

中央競馬史上初の牝馬三冠馬のメジロラモーヌから「マイルの女王」ノースフライト、「女帝」エアグルーヴ、37年ぶりの牝馬での有馬記念を制覇したダイワスカーレット、64年ぶりの牝馬でダービーを制覇した史上最強牝馬のウオッカなど、名牝馬12頭をおさらいしてみましょう。史上最強決戦のウオッカとダイワスカーレットの激戦(ハナ差)など伝説の決戦動画が満載です。
トントン | 30,400 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト