【サクラ軍団の爆進王】サクラバクシンオー
2016年11月25日 更新

【サクラ軍団の爆進王】サクラバクシンオー

7ハロン以下のスペシャリストサクラバクシンオー。当時はスプリント路線というものはなく、マイル戦として括られていた時代に稀代のスピードで衝撃と革命を起こした。この「超一流馬」の偉業を追う。

1,398 view

生い立ち

サクラバクシンオー
父 サクラユタカオー 母 サクラハゴロモ
父サクラユタカオーは天皇賞秋優勝馬、母サクラハゴロモは天皇賞と有馬記念を制したアンバーシャダイの妹。従兄には阪神三歳ステークス優勝馬のイブキマイカグラ。

サクラバクシンオーを管理することになる名伯楽境勝太郎氏は幼駒自体の同馬を「典型的なユタカオーの仔」としたうえで、「柔らかみのある好馬体ではあったけど、当時はあんなに走るようになるとは想像しなかった」と語っている。
 (1568620)

境 勝太郎(さかい かつたろう、1920年3月6日 - 2009年4月12日)は、日本の競馬騎手、調教師。
1937年に札幌競馬倶楽部(後に日本競馬会→国営競馬→日本中央競馬会)所属で騎手デビュー。第二次世界大戦をはさみ、1966年までに八大競走3勝を含む540勝を挙げた。騎手引退後は調教師に転身。1970年代後半より、俗に「サクラ軍団」と呼ばれた全演植(さくらコマース)所有馬の主戦厩舎として、1988年度東京優駿(日本ダービー)優勝馬サクラチヨノオーや、ともにGI競走優勝馬で種牡馬としても活躍したサクラユタカオー、サクラバクシンオー親子、1996年度JRA年度代表馬のサクラローレルなど数々の活躍馬を手がけた。1997年2月末をもって定年引退し、以後は競馬評論家として活動した。

境勝太郎氏の相馬眼を学ぶならこれ!

「馬体診断」勝つ馬の法則―パドックで獲る!馬券に勝つ! | 境 勝太郎 | 本-通販 | Amazon.co.jp

Amazon公式サイトで「馬体診断」勝つ馬の法則―パドックで獲る!馬券に勝つ!を購入すると、Amazon配送商品なら、配送料無料でお届け。Amazonポイント還元本も多数。Amazon.co.jpをお探しなら豊富な品ぞろえのAmazon.co.jp

デビューまで

サクラバクシンオーは父サクラユタカオーと同じで体質が弱く、脚部不安を抱えており、3歳の秋にやっと境厩舎に入厩した。調教では非凡なスピードを見せていたが、この当時は母父がアンバーシャダイという血統背景もあり、クラシック路線を目指していた。また、陣営は「常にこれが最後のレースになる」という覚悟でレースに送り出していたという。評論家の大川慶次郎は「休む時に休ませ、いいときに使っている。サクラバクシンオーが引退まで故障をせずにこれたのは境調教師のおかげ」と語っていた。境調教師自身は日々、サクラバクシンオーの脚元のケアをした厩務員吉村克彦のおかげだと語っている。
 (1568623)

大川 慶次郎(おおかわ けいじろう、1929年2月6日 - 1999年12月21日)は日本の競馬評論家。東京府北豊嶋郡王子町15番地(現在の東京都北区王子)出身。慶應義塾大学文学部心理学科卒業。予想家としては通算4度パーフェクト予想を達成し、「競馬の神様」と呼ばれファンに親しまれた。
ラジオ出演で知名度が上がったのをきっかけに『ホースニュース・馬』を発行するホースニュース社と予想家契約を結ぶ。1961年9月[1]3日、同紙上で予想家としては初となるパーフェクト予想を達成[1]。たまたま同席していた『週刊読売』の記者がこのことを「競馬の神様のご請託」と題うって記事にし、それに『週刊文春』などほかの雑誌が追従、予想家としての知名度は飛躍的に向上した。大川の妻によると「競馬の神様」という呼称について大川自身は、「競馬の神様だなんて、とんでもない。単に人がつけたニックネームだ。べつに俺は神でもなければ才人でもない、ただの大川慶次郎だ」としばしば口にしていたという[3]。
しかしながら、パーフェクト予想達成後に予想を外すことを恐れるあまり無難な予想しかできなくなり、極度のスランプに陥ってしまう。本人の述懐によると、このスランプから完全に脱したのは『勝馬』『ダービーニュース』を経て『ケイシュウNEWS』の予想家となった1969年以降のことであったという。
1994年に『ケイシュウNEWS』を去った後はもっぱらフジテレビ『スーパー競馬』の解説者・日刊スポーツ専属評論家として活動した。また1981年にみずから設立した競馬予想会社・ホースメン会議の総監督も亡くなるまで務めた。

デビューそして短距離路線への挑戦

 (1568625)

クラシック路線を狙っていた4歳春

デビュー戦は4歳になった1月のダート1200m戦だった。このデビュー戦を5馬身差の圧勝で飾り、続く500万条件戦では、スタートでの出遅れが響き、2着と敗れた。しかし、距離を1200mに戻した3戦目は2着に4馬身差の逃げ切り勝ちをおさめた。タイムも1分8秒8は同日に同条件で行われていた古馬900万下のタイムを0秒3上回る好タイムであった。
陣営は次走にクラシックの皐月賞トライアル、スプリングS(1800m)に出走する。三番人気の評価を得ていたが、当日の重馬場も堪えたようだが、一番敗因は距離にあった。
このレースを気にクラシック路線はあきらめ、短距離路線へと舵をきる。

短距離重賞への挑戦

中山
スプリングS惨敗後は、1200mのクリスタルCに出走。調教の順調さなどは欠いたが見事勝利し、初重賞制覇を成し遂げる。その後、6月の1600m戦のニュージーランドT四歳ステークスではシンコウラブリィの7着と敗れてしまう。夏場は休養に充てて、秋は京王杯スプリングCを3着とし、キャピタルS1着と善戦しスプリンターズSへ出走する。

初の挑戦。スプリンターズS

キャピタルSを快勝し、スプリンターズSに向かったサクラバクシンオー。この年のスプリンターズSには、ダイタクヘリオスやニシノフラワー等の強豪がひしめいていた。スタートしていつも通り先手を奪ったものの、前半600mを32秒という驚異的なラップを刻み、6着と沈んでしまう。この敗戦が1400m以下のレースで生産で一度の敗戦となった。
レースは後方待機をしていたニシノフラワーが最後ヤマニンゼファーを差し切り優勝している。

本格化の兆し

38 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

平成最後の〝有馬記念〟と来年40周年を迎える「機動戦士ガンダム」がコラボ!〝有馬戦士ガンダム〟の特設サイトが始動!

平成最後の〝有馬記念〟と来年40周年を迎える「機動戦士ガンダム」がコラボ!〝有馬戦士ガンダム〟の特設サイトが始動!

各分野とのコラボ実績、及びその完成度に定評のある日本中央競馬会(JRA)が超大物とコラボレーション! 今回のお相手は、2019年に40周年を迎える「機動戦士ガンダム」! 定番の動画はもちろんのこと、プレゼント企画と連動したゲームやキャンペーンが展開されている。「アリマ、行きまーす!」の声はもちろん古谷徹さん!
ニュースFレン | 3,067 view
締切間近!?元ミニスカポリスの宮内知美がMCを務める「競馬好き飲み会」が5/24(水)に開催!

締切間近!?元ミニスカポリスの宮内知美がMCを務める「競馬好き飲み会」が5/24(水)に開催!

2017年5月24日(水)19時から東京カルチャーカルチャー・渋谷で第2回『競馬好き飲み会』を開催!競馬仲間との新たな出会い!仲間を増やして競馬をもっと楽しもう!
皇帝の息子は帝王!トウカイテイオー

皇帝の息子は帝王!トウカイテイオー

トウカイテイオーはシンボリルドルフの代表産駒である。 皇帝ルドルフの子が帝王というネーミングとは裏腹にシンボリルドルフの絶対的な強さに比べ、トウカイテイオーは強さと脆さ両方持ち合わせていた。しかし、それがまた彼の人気を高める要因でもあった。
hirokibulk | 4,463 view
芦毛伝説を継ぐ名優!メジロマックイーン

芦毛伝説を継ぐ名優!メジロマックイーン

1990年、中央競馬を賑わせたオグリキャップが引退した。しかし、その年の菊花賞で新たな芦毛のスターが誕生した。 それがメジロマックイーンである。親子三代天皇賞馬という偉業も達成した彼の軌跡を追いたい。
hirokibulk | 2,258 view
フランス生まれの快速牝馬!ファビラスラフイン

フランス生まれの快速牝馬!ファビラスラフイン

外国産馬全盛の時代、クラシックには出走できなかったが クラシックでは無い牝馬三冠最後のレース秋華賞を制し 初代女王となったのがファビラスラフイン 一年間の短い現役生活だったが、中身の濃い現役生活だった。
hirokibulk | 2,249 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト