「ぼ、ぼくは、お、おむすびが、好きなんだな!」山下清・ドラマ裸の大将放浪記!
2020年4月23日 更新

「ぼ、ぼくは、お、おむすびが、好きなんだな!」山下清・ドラマ裸の大将放浪記!

1980年から1997年まで放送されていた人気シリーズ、ドラマ「裸の大将放浪記」。日本のゴッホと呼ばれた画家・山下清の放浪が基になっていたヒューマンドラマ。山下清がおむすびを食べるシーンも印象深い名作ドラマだ。

52,959 view

山下清をモデルにしたドラマ「裸の大将放浪記」

1980年~1997年。フジテレビや花王名人劇場、花王ファミリースペシャル枠で放送。

画家・山下清(配役は芦屋雁之助)をモデルとしたドラマ。

八幡学園の施設職員に追われながらも、シャツに短パン姿で方々の地元民におむすびを貰いながら隠密旅をする。そして、去り際には絵を残し「山下清」であることをカムアウトする水戸黄門ライクなドラマ。
「裸の大将放浪記」 山下清役の芦屋雁之助(あしや がん...

「裸の大将放浪記」 山下清役の芦屋雁之助(あしや がんのすけ)

雁之助版は前期と後期に分けられている理由として、雁之助が「50になって裸になるのはしんどい」と言って降板を申し入れた。それにより1983年放送13回目で一旦終了し、ストーリー上でも清が亡くなるところで前期が終わる。

視聴者から続編が待望され、熱い要望を受けたこともあり、雁之助さん自身、知人から助言を受け、がんばろうと考え直されたことから続編が製作された。
翌1984年10月に復活。13回目で死亡した前期とはストーリーを変え、清が天才画家として有名になったところから始まる。1997年まで放送された。最終回は放浪癖をやめて、八幡学園に戻ったところで終わっている。

芦屋雁之助演じる山下清の大好物は「おむすび」!

本作のキーアイテムに「おむすび」がある。
毎回のように山下清は舞台となった土地の人に、おむすびを恵んでもらっていた。
その台詞は下記のようなものだったと思う。

言い逃れの嘘(方便)だった!

清はおむすびが好物で、たずね行く街で「お母さんに死ぬ間際に『おなかがすいたら出会った人たちからおむすびをもらって食べるように』言われた」といって人々から施しを受ける。
しかしこれは言い逃れるための嘘で、ドラマまたは史実も含め、清の母は清の死後に亡くなっており、清の最期も看取っている。

「焼きおにぎり」の回もあった!

行き倒れていた清は、醤油工場の娘・和美(河合奈保子)に拾われる。
病身の父(藤岡琢也)の代わりに和美が取り仕切る工場。
伝統の手作り醤油が自慢だが、業績は厳しい状況。
そんな時、融資をしている銀行が、他社への吸収合併を持ちかけてくる。

不利な契約をしようとする合併先の社長に、醤油の味を確認してもらう。
なんとか味の素晴らしさを認めてもらい、危機を脱した。

山下清は工場の手伝いが上手く出来ず、怒られたりする。
しかし、自慢の醤油を塗ったおにぎりを食べる事が出来た。
焼きおにぎり

焼きおにぎり

裸の大将 67話 和歌山風・清の焼きおにぎり!では、醤油工場が舞台で棒におにぎりを刺して焼くシーンがあった。

ランニング姿に半ズボン、リュックには傘が入っていた!

清は「ルンペン(浮浪者)」として扱われ、身なりは短く刈り込んだ坊主頭に白いランニングシャツ、ベージュの半ズボン、リュックに傘を入れ、スケッチブックを抱えているといういでたち。
冬には袢天を着ることもある。
お馴染みの一張羅!

お馴染みの一張羅!

八幡学園に連れ戻されたシーンでは、スーツにベレー帽といった服を着せられて、画家のようないでたちにさせられて管理されているそうだ。

ドラマと実際の山下清の相違点

このドラマは、山下清という実在の人物をモデルにしているが、ドラマティックな展開を考慮した上で脚色されたもので、ドラマ化するにあたって、実在の山下とは異なるオリジナルの設定がある。

ドラマでは毎回、山下が旅先で貼り絵を作成することが決まりごとになっているが、実際の山下は放浪する際、画材道具やスケッチブックは持参しておらず、八幡学園に帰ってきた時に、印象に残った所を思い出し、1ヶ月もかけて貼絵にし、卓越した記憶力で日記も書いていたそうだ。
また、その貼り絵も自発的に作成するのではなく、施設のスタッフ(当時は「指導員」)に促されてからしか作業しなかったと言う。

この作品に登場する、山下清が実際に指導を受けていた知的障害児施設は昭和3年創設された「八幡学園(福祉型障害児入所施設)」であり、千葉県市川市に実在する。

山下清の人物像

山下清―山下清放浪日記 (人間の記録 (98))

山下清―山下清放浪日記 (人間の記録 (98))

※表紙は山下清本人
29 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

1977年から放送されているテレ朝の「土曜ワイド劇場」がなんと”日曜の午前中”に移行!!

1977年から放送されているテレ朝の「土曜ワイド劇場」がなんと”日曜の午前中”に移行!!

長年にわたり親しまれてきたドラマ枠「土曜ワイド劇場」。約40年間、テレビ朝日の土曜夜の定番番組であったが、4月から2時間規模の新ドラマ枠「日曜ワイド」(日曜・前10時)としてスタートする事が分かった。
メル・ギブソン出演で人気だった映画「リーサル・ウェポン」!そのリメイクドラマ版がヒット中!

メル・ギブソン出演で人気だった映画「リーサル・ウェポン」!そのリメイクドラマ版がヒット中!

米5大ネットワークの一つ、FOX局が今秋より放送開始した新ドラマ「リーサル・ウェポン」。1980年代後半から1990年代にかけて4本の作品が制作された人気映画を、TVシリーズとして新たにリブートした作品となっている。
中学生日記!名優を何人も輩出!いじめや性の悩みを中学生が演じ、50年も続いた名物番組でした!

中学生日記!名優を何人も輩出!いじめや性の悩みを中学生が演じ、50年も続いた名物番組でした!

NHKドラマ「中学生日記」は現役の中高生が出演。素人の演技がリアルに見え、様々な問題提起を視聴者に行っていましたね!
ひで語録 | 77,237 view
一連のヤ〇ザ映画ではチンピラ役から親分役までこなす強面俳優!『山口祥行』!!

一連のヤ〇ザ映画ではチンピラ役から親分役までこなす強面俳優!『山口祥行』!!

今やVシネマや任侠系映画には欠かせない「ネオVシネ四天王」とも呼ばれた強面俳優山口祥行さん。若い頃や嫁や子供など気になり勝手に追ってみました。
ギャング | 5,052 view
元米米CLUBのイケメンダンサー!『竹下宏太郎』の現在・・・。

元米米CLUBのイケメンダンサー!『竹下宏太郎』の現在・・・。

1980年代後半から振付師として活動し、米米CLUBのイケメンダンサーとして知られた竹下宏太郎さん。そして現在の活動は・・・。
ギャング | 13,731 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト