戦国時代を題材にした映画・TVの中で「明智光秀」を演じた印象に残る俳優たち③【1980年代】
2018年5月21日 更新

戦国時代を題材にした映画・TVの中で「明智光秀」を演じた印象に残る俳優たち③【1980年代】

「戦国時代を題材にした映画・TVの中で「明智光秀」を演じた印象に残る俳優たち②【1970年代】」の続編です。1980年代と言えば、丁度高度経済成長期を脱し、安定成長に転じ、後半はバブル期に突入する時期であり、レジャーや娯楽にもお金を掛けた頃ではなかろうか? このような時期に誰が”光秀”を演じ、私たちを楽しませてくれたのでしょうか?

442 view
明智光秀 マウスパッド 【シルエット】

明智光秀 マウスパッド 【シルエット】

こんなマウスパッドを使っている部下がいたら、いつ”寝首を罹れるか”分からないから気が気でないだろう?!(笑)

”中国大返し”ばかりが注目されることに一石を投じた作品は?!

大河ドラマ おんな太閤記 完全版 第壱集 DVD-BO...

大河ドラマ おんな太閤記 完全版 第壱集 DVD-BOX 全7枚【NHKスクエア限定商品】

『おんな太閤記』(おんなたいこうき)は、1981年1月11日から12月20日までNHKで放映された大河ドラマ第19作目の作品。初めて女性の視点で戦国時代を描いたのが『おんな太閤記』だ。脚本を橋田壽賀子が担当し、史実ではあまりねねの側から書いたものがなく、芝居なんか見ても刺身のつまみたいな存在だったが、言い換えれば、平社員の女房から大企業の社長夫人になったその中で、女が節目節目で何を考えて夫に付いていったのか?。妻になり、母親の役目を果たし、側室の女性たちの面倒を見、最後には政治家に成長、一人の女性が死ぬまでをたどる過程を見つめるような作品にしたいとするコンセプトの下、製作された。
出演は主演に佐久間良子(北政所)を迎え、共演には西田敏行(豊臣秀吉)、中村雅俊(豊臣秀長)、池上季実子(淀殿)、赤木春恵(大政所)、泉ピン子(旭姫)、前田吟(蜂須賀小六)、滝田栄(前田利家)、藤岡弘(織田信長)、石濱朗(明智光秀)、長山藍子(とも)など。
こうして見ると、『渡オニ』の出演陣が相当数いますね!!
『おんな太閤記』においてねね(佐久間良子)は、『本能寺の変』によって明智光秀の圧迫を受けることとなり、中国遠征中で秀吉不在の長浜城を、秀吉の家族と共に落ち延びるようとする。ドラマの中ではねねは、追っ手から秀吉の家族を守るために、結果としてひとり人を殺めてしまう。時は乱世、食うか食われるか!!。実際は『本能寺の変』の後でねねたちが避難したことは史実ではあるが、本人が人まで殺めたのかどうかは定かではない。これは橋田寿賀子の脚色だろうが、『本能寺の変』後、世の中、秀吉の”中国大返し”だけが注目されている中で、このような家族の切迫な事情をも視聴者に認識させたかったのであろう!!。
明智光秀を演じた石濱 朗(いしはま あきら)

明智光秀を演じた石濱 朗(いしはま あきら)

生年月日 1935年1月29日(83歳)
出生地 東京府(現:東京都)
身長 172cm
職業 俳優
ジャンル 映画、テレビドラマ
活動期間 1951年 -
日本映画史を代表する木下恵介監督や野村芳太郎監督作品等で活躍したベテラン俳優の石濱朗さんが「おんな太閤記」で明智光秀役を務めた。石濱さんはこの作品を含めて、「毛利元就」や「草燃える」、「八代将軍吉宗」など全6作品の大河ドラマに出演している。その他、ドラマ・舞台でも活躍。TBS『水戸黄門』では初代助さん役を務めている。

NHK大河史上『本能寺の変』のシーンが最も長かった作品は?!

NHK大河ドラマ 徳川家康 完全版 [レンタル落ち] ...

NHK大河ドラマ 徳川家康 完全版 [レンタル落ち] 全13巻セット

『徳川家康』(とくがわいえやす)は、NHKで1983年1月9日から12月18日にかけて放送された大河ドラマ第21作目。山岡荘八の原作で、徳川家康の波乱に満ちた生涯を豪華キャストで描き、30%を超える平均視聴率を記録した番組。幼年時代から青年時代にかけての人質生活をはじめ、幾多の辛苦をなめながら、織田信長、豊臣秀吉と同時代を生きた徳川家康。
その家康が関ヶ原の戦い、大坂冬の陣、夏の陣を経て戦国乱世に終止符を打ち、天下泰平の偉業を成し遂げるまでを描く。原作が大作であり、たくさんのエピソードが多く盛り込まれており、ドラマ展開がスピーディー過ぎてひとつひとつのエピソードが希薄な印象になりがちなこともまままあったが、平均視聴率が31.2%、最高視聴率が37.4%という高い記録を残した。
主な出演者は滝田栄(徳川家康)、役所広司(織田信長)、夏目雅子(淀君)、武田鉄矢(豊臣秀吉)、大竹しのぶ(於大[家康の母])、寺田農(明智光秀)、長門裕之(本多作左衛門)など。
このドラマで家康を演じた滝田栄は今、俳優の仕事以外に仏像作家としても活躍し、2013年には東日本大震災の被災者の供養のために地蔵菩薩を彫り、宮城県気仙沼市に[気仙沼みちびき地蔵堂]を建立したことでも知られている。
滝田曰「仏教を研究し仏像を作るようになったのは、家康を演じ、演じ終わってからも彼の精神の在りようを模索し続けて仏教の奥深さを知ったからです。不幸のるつぼに育ち不幸な時代を終わらせるために戦った家康の生涯を、今の日本人もっとも知る必要があるのではないでしょうか」と。
即ち、「徳川家康」は滝田栄という俳優の人生を大きく変えた大河ドラマだったのだ。
明智光秀を演じた寺田農(てらだ みのり)

生年月日 1942年11月7日(75歳)
出生地 東京府東京市(現:東京都)板橋区
身長 173 cm
職業 俳優、声優
ジャンル 舞台、映画、テレビドラマ
活動期間 1961年 -
多数のドラマ・映画に出演する他、映画監督・ナレーター・声優としても活躍。声優業では『天空の城ラピュタ』のムスカ、『ウルトラマンマックス』のメトロン星人の声を当てた事でも知られる。
ウルトラシリーズの名物監督だった実相寺昭雄と馬が合い(実は若手のとき初代ウルトラマンのガマクジラの回に端役として出演していたが、その時は良い印象はなかったそうである)、特撮系の作品にも縁が深くなったためか『ウルトラQザ・ムービー星の伝説』『ウルトラマンダイナ』などへの出演歴がある(前述の『マックス』でもメトロン星人の人間体として顔出し出演している)。

本能寺の変 2/2

獲物を狙う様なギラギラした目や腹の底から出される迫力ある声に見る者は釘付けにされ無意識のうちに引き込まれる。
本当に演技のうまい、本物の役者とはそういうものだと思う。

女人の視点で見た武田家や周囲の愛憎劇『おんな風林火山』!!

『おんな風林火山』(おんなふうりんかざん)は、1986年10月12日 - 1987年3月1日にかけて、TBS系列で毎週日曜20:00〜20:54に放送された時代劇ドラマである。

主演の鈴木保奈美にとっては初の主演作でもある。武田信玄の五女松姫と、織田信長の嫡男信忠の悲恋の物語。当初26回の放送予定が、当時の裏番組が好調だったため、あおりで芳しくなく、16回で打ち切りとなった。

永禄4年(1561年)、武田信玄と上杉謙信による川中島血戦の日、姫誕生の報せを受けた信玄は、勝利を導いてくれた守り神として松姫と名づけた。やがて松姫は数奇な運命をたどることとなる。野望に燃える武田信玄は娘たちを政略結婚させていく。五女の松姫も織田信長の息子・信忠との許婚の縁を結ぶ。それから10年後、武田と織田の同盟が崩壊、敵友に分かれて戦うことになる。武田家は織田家に討たれて滅亡します。武田家を滅亡させた時の総大将が信忠という皮肉な運命。
織田信忠は、武田家滅亡後、松姫を妻にしたいと迎えに行かせたのだ(いかにもドラマっぽい !!)が、このドラマの最終回に、不運なことに本能寺の変で信忠は、26歳の若さで亡くなってしまうのだった。

本能寺の変が起きた同年秋、松姫は22歳の若さで出家し、心源院に移り住み信松尼と称して武田一族、信忠の冥福を祈った。

事実、松姫は一生独身を通し、また信忠も亡くなるまで正室を持たなかったそうだ。

なお、明智光秀役を佐藤仁哉が演じている。
明智光秀を演じた佐藤 仁哉(さとう じんや)

明智光秀を演じた佐藤 仁哉(さとう じんや)

本名 佐藤 仁哉(さとう じんや)
生年月日 1952年12月26日(65歳)
出生地 岩手県釜石市
身長 172cm
職業 俳優
ジャンル 映画、テレビドラマ、舞台
活動期間 1970年 -

日本児童劇団出身。1969年、映画『16歳は感じちゃう』でデビュー。1975年、テレビ『コンドールマン』で主演を務める。そのほか、テレビドラマでは『帰郷』『水戸黄門』『暴れん坊将軍SP』など多数出演。舞台やナレーションでも活躍。

ドラマの筋が奇想天外で楽しめた『太閤記』(1987年)!!

太閤記 [DVD]

太閤記 [DVD]

この『太閤記』(たいこうき)は、TBS大型時代劇スペシャルの第一作として、1987年1月1日にTBS系列で放送された。製作は東映 / TBSの共作。豊臣秀吉のサクセスストーリーを夢と躍動感で描き、秀吉を中心に織田信長・明智光秀の3人に絞り、ストーリーが展開されていく。各人物の生き様をはっきり描きながら、彼らの激しい生き様とそれぞれの愛を育くもうとする女達を描いた物語。東映・東宝・大映などで活躍してきた俳優・監督・スタッフや、テレビドラマを中心に活動する俳優が結集して制作されたテレビ映画である。
出演は、柴田恭兵(豊臣秀吉)、松坂慶子(夢御前)、名取裕子(ねね)、安田成美(お市)、十朱幸代(濃姫)、本田博太郎(徳川家康)、石橋蓮司(足利義昭)、神山繁(今川義元)、松方弘樹(織田信長)、千葉真一(明智光秀)など。
このドラマで、注目すべきは明智光秀を演じる千葉真一。背中に鉄砲を背負って登場し、武芸に秀でているという設定で殺陣も存分に見せてくれし、かっこいいのである。そして本能寺の変で信長が、光秀の手勢相手に奮戦して得意の殺陣を見せてくれるのは勿論ではあるが、光秀と一騎打ちで斬り合い、光秀に直接討たれる脚色が実に新鮮な感じがした。
さらに光秀が、船の上の足利義昭を長距離射撃で射殺するなど、光秀役の千葉が大活躍。そして義昭を殺害したことを信長に叱責されたことを遺恨に思い、本能寺につながるという流れである。
明智光秀を演じた千葉真一(ちば しんいち):若い頃のブ...

明智光秀を演じた千葉真一(ちば しんいち):若い頃のブロマイド

本名 前田 禎穂(まえだ さだほ)
別名義 和千永 倫道(わちなが りんどう)
生年月日 1939年1月22日(79歳)
出生地 福岡県福岡市博多区
身長 176 cm
職業 俳優・体操選手・空手家・歌手・芸能プロモーター・アクション監督・映画監督・映画プロデューサー・作詞家・作曲家・ナレーター・声優
ジャンル 映画・テレビドラマ・演劇・CM
活動期間 1959年 -
少年期からスポーツ万能で、体操でオリンピックに出場する夢を抱いて日本体育大学に進学するも、腰と膝を痛めてしまいやむなく断念。
東映ニューフェイスの試験に合格したため、大学を中退して芸能界入りする。
特技は器械体操・空手(極真会館:正確にはその前身となった剛柔流大山道場)四段・少林寺拳法弐段・乗馬・スキー。
「新・七色仮面」 「アラーの使者」などの主演で頭角を現し、ドラマ「キイハンター」でアクションスターとしての地位を不動のものとする。
1970年には世界でも通用するアクション俳優の後続を育成することを目的として「ジャパンアクションクラブ(JAC。現JAE)」を設立。真田広之や志穂美悦子を始めとする多くのスターを輩出し、日本のテレビ界、特に特撮ドラマにはなくてはならない存在となった。
時代劇でも「柳生あばれ旅」 「影の軍団」シリーズで長く主役を務め、従来の殺陣とは一線を画した立体的アクションで人気を博した。
この太閤記はやはり、岡本喜八監督の”演出の妙”が光っている。
26 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

大場久美子(58)がナイスバディ過ぎるビキニ姿を披露!還暦前にはとても見えないと話題に!!

大場久美子(58)がナイスバディ過ぎるビキニ姿を披露!還暦前にはとても見えないと話題に!!

歌手・女優として活躍する大場久美子(58)が、自身のブログにてキッチンで撮影したビキニ姿を披露しました。還暦前とは思えないその若々しい姿が、現在ネットを中心に大きな話題となっています。
隣人速報 | 41,950 view
「ベルサイユのばら」作者の短編コミックがKindleなどで一挙配信開始! 今こそ読みたい池田理代子作品

「ベルサイユのばら」作者の短編コミックがKindleなどで一挙配信開始! 今こそ読みたい池田理代子作品

池田理代子の短編作品「あのひとはいま…」「星くずの童話(メルヘン)」「クロディーヌ…!」をはじめとした全10作品の電子配信がスタートしました。扱っているのはKindleストア、楽天Kobo電子書籍ストア、Google Play、iBooks、Yahoo!ブックストア、SONY Reader Storeなどの6電子書店。
『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』コラボカフェが開催決定!「ちびまる子ちゃん」コースターも登場!!

『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』コラボカフェが開催決定!「ちびまる子ちゃん」コースターも登場!!

集英社の少女まんが誌『りぼん』の「ふろく」にスポットをあてたムック『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』をフィーチャーしたコラボカフェ「『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』コラボカフェwith honto」が現在開催中です。
隣人速報 | 1,012 view
サガミオリジナルが発売20周年!デート代20万円が当たるキャンペーン特設サイトをオープン!!

サガミオリジナルが発売20周年!デート代20万円が当たるキャンペーン特設サイトをオープン!!

国内No.1ブランドコンドーム「サガミオリジナル」は、発売20周年を記念し、愛し合うすべてのカップルを対象にした「デート代20万円を100組にプレゼント」するキャンペーンを実施中です。併せて、キャンペーン特設サイトをオープンさせました。
隣人速報 | 3,019 view
「貝殻ビキニ」で有名な武田久美子(50)が久々に披露したビキニ姿が若々しすぎると話題に!!

「貝殻ビキニ」で有名な武田久美子(50)が久々に披露したビキニ姿が若々しすぎると話題に!!

80年代から90年代にかけてグラビアで活躍した女優・武田久美子が、自身のブログにて久しぶりとなるビキニ姿を披露、その美しさが話題となっています。
隣人速報 | 17,597 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト