【東てる美】ポルノ出身で活躍した女優!経歴やエピソード・代表作まとめ
2020年7月6日 更新

【東てる美】ポルノ出身で活躍した女優!経歴やエピソード・代表作まとめ

ポルノ映画の出身でありながら、女優・タレントとしても確固たる地位を獲得した東てる美さん。今回は、そんな彼女をピックアップして、経歴やエピソード・代表作をご紹介していきます。特にポルノの出演作は入念に掘り下げていきたいと思いますので、ぜひ記事をご覧になってください。

4,886 view

ポルノ出身で活躍した女優・東てる美さん

東てる美さんのプロフィール

東てる美さんのプロフィール

本名  :山辺素美
     (旧姓:影山)
生年月日:1956年8月12日
出生地 :東京都板橋区
血液型 :AB型
活動内容:女優・タレント
活動期間:1974年~

東てる美さんの経歴

東京都板橋区常盤台で生まれ育った東てる美さんは、実践女子学園中学・高校を卒業されています。彼女の父親の知人が、ポルノ女優の谷ナオミさんのマネージャーだったこともあり、彼女自身もポルノ業界に飛び込みます。
1974年、日活ロマンポルノの作品『生贄夫人』の出演を機に、幾つかの谷ナオミさんとの共演作が制作されました。しかし、次第にアイドルのような立ち位置になると、1976年、『禁断 制服の悶え』での出演が評価されて人気女優の仲間入りをすることになります。
その後も、続々と東てる美さんの主演作はヒットして、1978年に公開された映画『闇に白き獣たちの感触』では監督をされています。以降、テレビドラマや舞台に活動の場を広げていきました。1980年代に入るとポルノ映画からは身を退いて、本格的に女優として活躍されるようになります。
マネージャーだった男性と結婚され、娘を出産しましたが、結婚生活は長続きせずに離婚。東てる美さんはシングルマザーとなりましたが、子育てしながら、芸能活動は続けて女優としての地位を確かなものにしていきます。現在も現役の女優・タレントとして、多くの番組に出演されて活躍されていますよね。

東てる美さんのエピソード

テレビドラマでのヌードは拒否

ポルノ女優としての全盛期、舞台ではヌードを披露していますが、テレビドラマではそういったシーンを拒否されていたそうです。
その理由は、お金を払って自身の裸を見に来てくださるファンに申し訳ないというもの。
ご自身の価値を理解していて、女優としての高いプロ意識を垣間見ることができるエピソードといえるでしょう。

実業家としての顔

シングルマザーとなった東てる美さんは、女優として活動する最中、古本ショップの経営をされ、一時期は40店舗を展開するチェーン店にまで成長を遂げました。
その後も、友人たちとロシアのセキュリティー企業への共同出資を行なっています。さらに高級いちごの生産といった分野にも進出されていて、近年では、女優というより実業家としての活動が中心のようです。

生放送のワイドショーにクレーム

テレビドラマに出演されるようなって数年後、生放送のワイドショーにて「ポルノ女優の東てる美さんが~」としつこく発言され、「ポルノ作品に出演していていますが、女優なのであって、ポルノ女優ではない」とテレビ局に抗議の電話を入れたことがあるそうです。
しかし、担当のリポーターからの謝罪はなく、「ポルノ作品で有名になった女優だからポルノ女優と言いました」と返されたみたい。ポルノ女優という表現は、現在で例えるならAV女優という言葉に置き換えられるかもしれません。東てる美さんが怒りたくなる気持ちは分からなくもないですよね。

小林旭とのトラブル

2014年に開幕した小林旭さん主演の舞台『熱き心で突っ走れ』では、東てる美さんは主役の織田信長の母親として出演される予定でした。しかし、小林旭さんから暴言や嫌がらせを受け、舞台の初日を迎える4日前に一方的に降板させられたそうです。
こちらは東てる美さんの言い分なので、小林旭さんにも言いたいことはあるのかもしれません。しかし、小林旭さんの所属事務所は、「その件についてはコメントできません」として詳細を明らかにしていません。
クビ・降板といった事態に補償は付きものですが、両者の間ではどのような話し合いがされたのでしょうか。今となっては、その詳細が明らかになることはなさそうですね。

2018年に肺腺がんと診断

2018年に放送されたTBSの番組『名医のTHE太鼓判!』の企画において、人間ドッグを受けた東てる美さん。レントゲンにて左肺に影が見つかって、改めて精密検査をしてみると肺腺がんだと診断されました。
幸いなことに早期発見だったこともあって完治する可能性が高いとの見込み。すぐに摘出手術を受けましたが、その翌月にはリンパにもがん細胞が発見されてしまい、抗がん剤による治療を始めています。
しかし、東てる美さんの母親も、生前は抗がん剤治療によって壮絶な闘病生活を送っていたことを思い出し、今後は抗がん剤による治療は中止されると明かされていました。

東てる美さんの主な代表作

ポルノ作品
『残酷・女高生 性私刑』

『残酷・女高生 性私刑』

公開:1988年
監督:林功
出演:東てる美
   内藤杏子
   宮崎あすか
   浜口竜哉
   中島葵

内容&あらすじ

ユキ(東てる美)は家庭教師の和夫と心中未遂し、入院した。退院後は、実母の妹である叔母のかおるのマンションで暮らすようになった。事の顛末は、継母の恭子(谷ナオミ)とのギクシャクした関係に由来していた。ある日、かおると街に出掛けたユキは学校のスケバンコンビの忍と潤子に出会う。ユキが目を付けられていることを知らないかおるは、2人を食事に誘うと4人でレストランへ。その後、ディスコへと赴く。その店で、かおるは、酒の勢いで淫蕩な本性を出し、バーテンダーとの路上でのセックスにおよんだ。数日後、忍と潤子は河原にユキを連れ出した。忍がかおるを侮辱した事から3人は激しい喧嘩となった。たまたま通りがかったダンプカーに乗っていた2人の男たちが仲裁に入り、ユキたちを荷台に乗せると飯場に向かった。やがて彼女たちは、怪しい器具の並ぶ薄暗い部屋へと連れこまれる・・・。
58 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

関連する記事こんな記事も人気です♪

【志麻いづみ】ポルノを中心に幅広く活躍した女優!経歴・代表作まとめ

【志麻いづみ】ポルノを中心に幅広く活躍した女優!経歴・代表作まとめ

1970年代から1980年代にかけて活躍した美人女優で、ポルノから一般映画・テレビドラマまで幅広い活躍をみせた志麻いづみさん。今回は、そんな彼女の美しさを振り返っていきたいと思います。経歴や代表作なども紹介していきますので、ぜひ記事をご覧になり、彼女の美貌を堪能なさってください。
tsukumo2403 | 5,653 view
ミドルエッジ男子必見!美保純「OH! !タカラヅカ」、泉じゅん「感じるんです」など日活ロマンポルノ作品が多数復刻!!

ミドルエッジ男子必見!美保純「OH! !タカラヅカ」、泉じゅん「感じるんです」など日活ロマンポルノ作品が多数復刻!!

1971年から1988年にかけて制作された「日活ロマンポルノ」が2016年に45周年を迎えたことを記念し、往年の名作10作品がDVD・Blu-rayとして発売されることが決定しました。
隣人速報 | 1,515 view
【畑中葉子】歌手・ポルノ女優として活躍!経歴やエピソード・代表作など

【畑中葉子】歌手・ポルノ女優として活躍!経歴やエピソード・代表作など

歌手として芸能界デビューした畑中葉子さん。その後はポルノ映画に出演して世間を驚かせました。そんな彼女に注目して、経歴やエピソード・代表作をまとめて紹介していきます。畑中葉子さんの魅力をしっかり掘り下げていきたいと思いますので、ぜひ記事をご覧になって共に振り返っていきましょう。
tsukumo2403 | 8,099 view
80年代、思春期の興奮が蘇る!日活ロマンポルノ生誕45周年!新作の予告映像が公開!

80年代、思春期の興奮が蘇る!日活ロマンポルノ生誕45周年!新作の予告映像が公開!

日活株式会社が1971年に製作を開始した「日活ロマンポルノ」。白川和子や小川節子、美保純、可愛かずみらを輩出した成人映画シリーズだった。今年、生誕45周年を迎えるにあたって始まったロマンポルノリブートプロジェクト。その予告映像が公開されている。
【新藤恵美】ポルノから一般作品まで幅広く活躍!経歴やエピソード・代表作まとめ

【新藤恵美】ポルノから一般作品まで幅広く活躍!経歴やエピソード・代表作まとめ

1970年代・1980年代に活躍した女優・新藤恵美さん。日活ロマンポルノの映画にも出演され、ヌードや濡れ場も披露して、当時は多くの男性ファンが歓喜しました。今回は、そんな彼女に注目して、経歴やエピソード・代表作から全盛期の輝きぶりを振り返っていきます。
tsukumo2403 | 2,469 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト