ヘナチョコキャラ第二弾!GS美神の横島忠夫はとんでもない成長で主役越え!?
2020年12月14日 更新

ヘナチョコキャラ第二弾!GS美神の横島忠夫はとんでもない成長で主役越え!?

皆さんはGS美神という漫画に登場したヘタレキャラ、横島忠夫を覚えているでしょうか。アニメではその全貌が明らかにされていませんが、原作では彼が異常な成長をみせたことをご存じですか?

551 view

GS美神とは

GS美神(みかみ) 極楽大作戦!!〔新装版〕 (1) (少年サンデーコミックスワイド版) | 椎名 高志 |本 | 通販 | Amazon (2244441)

GS(ゴーストスイーパー)美神 極楽大作戦!!は、週刊少年サンデーで1991年から1999年まで連載されていた少年漫画です。

1993年にはアニメ化もされ、日曜朝の8時30という時間帯もあってかアニメなら知っている、見たことがあるという方が多いのではないでしょうか。

美しい大人の色気が漂う主人公の美神令子は、長いロングヘア―に「ボディコン」といういで立ち。

まさに時代の流行を感じさせる少年漫画の一つとして人気でした。

今回の主役「横島忠夫」とは

Amazon | 【美神令子&横島忠夫&おキヌ(忠夫ガッツポーズ)】 GS美神 極楽大作戦!! トレーディングアクリルキーホルダー | アニメ・萌えグッズ 通販 (2244444)

GS美神は、連載当初は凄腕の幽霊退治を生業とする美神令子と、助手で幽霊のおキヌ、そしてアルバイトで時給250円というブラック企業もビックリな賃金で働く「横島忠夫」の3人を主軸に、ドタバタ劇を演じるというストーリーでした。

今回の主役となるのが、この劣悪な労働環境で働く横島忠夫。

連載当初はまだ高校2年生という設定で、かなりクセのあるキャラクターとして描かれていました。

横島忠夫の人物像

GS美神における、横島忠夫の立ち位置は「3枚目」のおバカ担当キャラでした。

作中で描かれている人物像を簡単にまとめると

・煩悩の固まりで基本的に年中スケベなことを考えている
・金と女に弱い。目先の金銭に釣られてトラブルを引き起こすトラブルメーカー
・霊を引き寄せる霊感体質。無駄に引き寄せるため、囮として扱われる

など、横島忠夫というキャラクターはヘタレでクズなダメキャラクターというのが定位置でした。

アニメ版では成長した姿が見れない

 (2244449)

筆者の周りで、昔の思い出話をして「GS美神」の話題で盛り上がると、大抵の人が「アニメで見ていた記憶」しかないことがほとんどです。

実は、横島忠夫をいうキャラクターが真の成長を見せるのは中盤~終盤。

連載初期のストーリーしか放送されていなかったアニメ版しか見ていない人にとって、横島忠夫というキャラクターは、「スケベでダメな奴」でしか無いのも無理はありません。

ちなみにですが、アニメ版で横島の声を担当した声優さんは「堀川りょう」さん。

堀川りょうさんと言えば、DBのベジータの声を担当していたことで有名ですが、後の成長と活躍がアニメでも描かれていれば、ある意味ピッタリな声だったのに残念です。

そんな私の思いとは裏腹に、好き勝手できる3枚目キャラという堀川さんのイメージから遠いキャラクターだった横島忠夫は、彼の中で思い入れのある出演作品だというのですから驚きですよね。

横島忠夫は原作でGSになっている

 (2244452)

詳しい説明は省きますが、アニメでは描かれなかった物語の中盤で、横島はGS試験を受けることとなり、運の良さも手伝い見事に合格してゴーストスイーパーの一人となっています。

栄光の手(ハンズ・オブ・グローリー)という技を習得し、ギャグ担当から徐々に主戦力の一人として活躍していくようになります。

ただし、そこは流石の横島忠夫。

煩悩が暴走した状態だと強く、カッコつけてシリアスになると弱いというギャグ要素は残しつつ、作中でその存在感を大きくしていくのです。

成長しすぎてバランスブレイカーに

 (2244455)

ヘタレでスケベな横島忠夫の快進撃は止まりません。

物語が魔族と人類の戦いという、大きな話へと展開していくなかで、横島は修行の末「文殊」という新たな力に目覚めることとなります。

文殊は漢字一文字をイメージすると、文字の意味に沿った様々な効果を及ぼすというもので、この能力が横島を最強のGSへと変貌させることになっていきます。

物語で何度も美神達を苦しめてきた宿命の相手「メドーサ」。

普通に考えれば、何度も戦っているライバルと決着をつけるべきは主人公の美神なのですが・・・

強くなり過ぎた横島は、なんとメドーサを倒してしまうという快挙(暴挙?)を果たしています。

また終盤ともなると、最終決戦に備えて一人修行をする美神と同じ修行を勝手に行い、挙句の果てには【主人公である美神を倒してしまう】という、まさにバランスブレイカーなキャラクターにまで成長しているのです。


ちなみにですが・・・


最後の敵であるアシュタロスを倒したのも横島です。

GS横島忠夫、というタイトルがこの作品の本当の名前なのかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

原作を読んでいた人なら、懐かしさと横島のヤバさを思い出していただけたのではないでしょうか。

また、アニメしか見たことが無いという方にとっては、意外に衝撃的な事実だったのでは?

GS美神は、全39巻と意外に長く続いています。
たまの休みに懐かしい漫画を一気読み!という機会があれば、ぜひGS美神を手に取って横島忠夫の活躍をその目で確かめてみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。
19 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ディズニー映画「美女と野獣」のロマンチックな世界観を表現したジュエリーコレクションが登場!

ディズニー映画「美女と野獣」のロマンチックな世界観を表現したジュエリーコレクションが登場!

ディズニー映画「美女と野獣」のロマンチックな世界観を表現したジュエリーコレクションが、全国のTHE KISS 直営店 、THE KISS 公式オンラインショップほかにて発売された。
red | 687 view
【少年時代】第14回(1991年度)日本アカデミー賞を振り返る!【岸部一徳】

【少年時代】第14回(1991年度)日本アカデミー賞を振り返る!【岸部一徳】

1991年と言えば、ソビエト連邦が崩壊した年。湾岸戦争が勃発したりと、世界で歴史的なできごとが起こった印象的な年であった。そんな1991年の日本アカデミー賞を振り返ってみよう。
もこ | 188 view
OVA版【風を抜け!】モトクロスバイクに乗る主人公ケイの青春を描いたレースアニメ!

OVA版【風を抜け!】モトクロスバイクに乗る主人公ケイの青春を描いたレースアニメ!

週刊少年サンデーに連載されていた漫画『風を抜け!』。OVAとして映像化も実現しており、短編的な内容ながら、胸がアツくなる展開は堪らないです。今回の記事では、OVA版『風を抜け!』をフォーカスして、その本編動画やストーリー・魅力などを振り返っていきたいと思います。
tsukumo2403 | 222 view
登場人物がそれぞれの目線で家族を見つめ直す、柴門ふみ原作のオムニバスドラマ『家族の食卓』

登場人物がそれぞれの目線で家族を見つめ直す、柴門ふみ原作のオムニバスドラマ『家族の食卓』

92年93年95年に新春ドラマスペシャルとして、フジテレビ系列で放送された。オムニバス形式で、どのタイトルも豪華俳優陣が出演しています。原作は柴門ふみの漫画「家族の食卓」で、1991年から「ビッグコミック」に掲載されていた。
kankengon | 99 view
OVA版【ダークキャット】人間に巣食う魔性の魂を浄化!闇猫コンビが活躍する学園ホラー!

OVA版【ダークキャット】人間に巣食う魔性の魂を浄化!闇猫コンビが活躍する学園ホラー!

少女漫画を原作として映像化されたOVA版『ダークキャット』。密かに人間たちに巣食う魔性の魂を浄化するダークキャットの活躍を描いたストーリー性が面白いです。原作コミックの第1話をアニメ化した『ダークキャット』に焦点を当てて、その本編動画やストーリー・魅力などをご紹介させていただきます。
tsukumo2403 | 176 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト