【はじめの一歩】熱かった数々の試合を振り返る!幕ノ内一歩VSハンマー・ナオ
2020年4月24日 更新

【はじめの一歩】熱かった数々の試合を振り返る!幕ノ内一歩VSハンマー・ナオ

1990年代に圧倒的な人気を誇った『はじめの一歩』。当時の驚くような人気ぶりでしたが、本当に凄いのは現在も連載が続いているということでしょう。今回の記事は、一歩とその後輩であるハンマー・ナオとの試合について振り返っていきたいと思います。心の優しい一歩は心を鬼にして後輩に本気のパンチを打てるのでしょうか。

2,543 view

『はじめの一歩』とは?

はじめの一歩

はじめの一歩

作者 :森川ジョージ
出版社:講談社
連載誌:週刊少年マガジン
発表号:1989年43号~
『はじめの一歩』(はじめのいっぽ)は、ボクシングを題材とした森川ジョージによる日本の漫画作品。1989年から『週刊少年マガジン』(講談社)で連載中。
母子家庭のいじめられっ子であり、釣り船屋を親子で支えている主人公・幕之内一歩が、プロボクサー鷹村守との出会いをきっかけに鴨川ボクシングジムに入門。「強いとは何か?」という問いの答えを求め、プロボクサーとして、また人間としても成長していく過程を、周囲との交流やライバル達との戦いを通じて描いてゆく。

幕ノ内一歩VSハンマー・ナオ

https://www.amazon.co.jp/%E3%81%AF%E3%81%98%E3%82%81%E3%81%AE%E4%B8%80%E6%AD%A9-39-%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9-%E6%A3%AE%E5%B7%9D-%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%82%B8/dp/4063124398/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&dchild=1&keywords=%E3%81%AF%E3%81%98%E3%82%81%E3%81%AE%E4%B8%80%E6%AD%A9+39&qid=1585917558&sr=8-1 (2183550)

圧倒的な強さを誇った千堂から日本タイトルを奪取して、日本ランキング一位だった真田との防衛戦にも勝ってベルトを守ることもできました。一歩が勝てなかった伊達は世界タイトルに挑戦しましたが、残念ながら、圧倒的な力をもつリカルド・マルチネスには勝てませんでした。
試合後、療養していた伊達を見舞いに行った一歩は、次世代へのバトンタッチと、病室で伊達から骨折した手で握手を求められました。日本チャンピオンである一歩は、その意味の大きさや重さを改めて感じるのでした。
そんな一歩の次の防衛戦が決まり、相手は一般的には無名のボクサー。聞かされた一歩も、誰なのかピンときていない様子。ハンマー・ナオというリングネームを名乗ってはいますが、かつては同じ鴨川ジムで同じ汗を流した後輩・山田直道であることに気付いて驚きを隠せません。
しかし、ボクサーとして優しすぎる一歩にとっては、甘さという課題を克服するにはうってつけの相手。勝って当然の相手に対して、どのように料理するのか、伊達からのバトンタッチをどのように受け取っているのか、試合内容を問われる一戦となります。

幕ノ内一歩

日本チャンピオンであり、その実力は誰もが疑うことはないでしょう。今回の試合は勝つのは当然であり、その内容を問われるもの。格上ばかりと戦ってきた一歩にとって、これまでにない経験が試合展開を面白くします。

一歩の弱さとは

試合が決まって相手がかつての後輩・山田直道だと知ると、その彼の顔を本気で殴ることを想像してしまって、明らかに練習に集中できていない姿を見せます。優しさが表立ってしまい、勝負に徹するというプロ意識の欠如は一歩のボクサーとしての致命的な弱さだといえるでしょう。

試合にかける意気込み

後輩である山田が日本タイトルに挑戦してきた背景を知ると、さらに一歩の試合に対する気持ちに悩みが生じるようになります。ハンマー・ナオは噛ませ犬としてリングに上がり、対戦相手にパンチを打たせ、傷つきながらも一歩がもつ日本タイトルまで勝ち上がってきたという背景がありました。
そこまでして、自分に挑戦してくる山田の気持ちが分からず、理解に苦しむ様子が描かれています。

ハンマー・ナオ

本名は山田直道。かつては鴨川ジムに入門して、一歩たちと同じ汗を流した門下生でした。家庭の事情で東北地方に引っ越すことになってしまい、そのまま鴨川ジムからも離れてしまうことに。しかし、引っ越した先でもボクシングは継続して、憧れの先輩である一歩に挑戦できるまでの存在に成長を果たしました。

引き締まったボディー

鴨川ジムに入門していた頃はポッチャリした体格をしており、明らかにフェザー級の体重ではありませんでした。しかし、ボクシングを続けるうちに自然に体重は落ち、引き締まった体を手に入れました。
パンチの打たれすぎで顔は変わり、まゆを剃っていることで、以前の柔らかい印象は消えて強面の怖いイメージをもつキャラクターになっています。

プロボクサーとしての自覚

憧れの先輩と本気で勝負することを願っていて、一歩のように、プロとして勝負に甘さを残している印象はありません。わざわざ応援にきてくれた青木・木村といった面々に対しても悪態をつくなど、とことん勝負に徹しています。
後輩という立場でありながら、こういった精神的な部分では、明らかにハンマー・ナオのほうが上手といえるでしょう。

一歩・ナオの運命のゴング!

32 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【はじめの一歩】熱かった数々の試合を振り返る!宮田一郎VSアーニー・グレゴリー

【はじめの一歩】熱かった数々の試合を振り返る!宮田一郎VSアーニー・グレゴリー

現在も連載中でミドルエッジ世代から圧倒的な人気を誇るボクシング漫画『はじめの一歩』。 今回の記事では、主人公・一歩のライバルであり、憧れの存在である宮田一郎が東洋太平洋タイトルに挑戦する試合について振り返っていきます。対戦相手でありながら紳士的な戦いぶりをみせるアーニーにも好感がもてる対戦です。
tsukumo2403 | 1,011 view
【はじめの一歩】熱かった数々の試合を振り返る!鴨川源二VSラルフ・アンダーソン

【はじめの一歩】熱かった数々の試合を振り返る!鴨川源二VSラルフ・アンダーソン

ミドルエッジ世代の青春といえるボクシング漫画『はじめの一歩』。今回は主人公・一歩の師匠といえる鴨川会長の若き日のエピソードを振り返っていきます。現代のボクシングでは絶対にありえないマッチメイクですが、だからこそ熱くなってしまい、惹き付けられる魅力があるように思えます。
tsukumo2403 | 1,468 view
【はじめの一歩】熱かった数々の試合を振り返る!幕ノ内一歩VS沢村竜平

【はじめの一歩】熱かった数々の試合を振り返る!幕ノ内一歩VS沢村竜平

現在でも根強い人気を誇るコミック『はじめの一歩』。これまで数々の激戦が描かれてきましたが、主人公・一歩が最も苦戦した試合といえば、沢村竜平との対決を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。今回の記事では、幕ノ内一歩VS沢村竜平のデンプシーロール破り破り…について振り返っていきましょう。
tsukumo2403 | 1,103 view
【はじめの一歩】熱かった数々の試合を振り返る!幕ノ内一歩VS島袋岩男

【はじめの一歩】熱かった数々の試合を振り返る!幕ノ内一歩VS島袋岩男

ミドルエッジ世代の青春の1ページと言っても過言ではない『はじめの一歩』。今回の記事では同キャラ対決といえる対決、幕ノ内一歩と島袋岩男の試合を振り返っていきたいと思います。海で育ってきたという境遇や、選手としてもクロスレンジでの打ち合いを得意とするファイタースタイルなど、似ている要素が多い両者の戦いぶりを見ていきましょう。
tsukumo2403 | 907 view
【はじめの一歩】熱かった数々の試合を振り返る!青木勝VS今江克孝

【はじめの一歩】熱かった数々の試合を振り返る!青木勝VS今江克孝

多くのミドルエッジ世代が胸を熱くしたであろう「はじめの一歩」。今回は、作中の数々の名試合の中でも、凡人同士の激戦を描いた青木VS今江戦に注目していきます。見逃せない展開や試合内容を振り返って、面白いポイントや感動をぜひ共有しましょう。
tsukumo2403 | 1,195 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト