【1997年】どんな曲が歌われていた?カラオケ人気ランキングを振り返ってみよう!
2021年7月2日 更新

【1997年】どんな曲が歌われていた?カラオケ人気ランキングを振り返ってみよう!

1997年にはカラオケでどんな曲が歌われていたのでしょうか。カラオケ人気ランキングを振り返ってみます。

238 view

まずは10位から6位まで!

 (2287547)

まずは10位から6位までを一気に振り返ってみましょう!

10位 「Blue Velvet」:工藤静香
9位 「口唇」:GLAY
8位 「For the moment」:Every Little Thing
7位 「White Love」:SPEED
6位 「硝子の少年」:KinKi Kids

「Blue Velvet」はオリコン売上チャートでは30位以内に入っていません。ですが週間売上チャートでは1位を記録したこともあり、カラオケ人気の高い曲です。確かに、友人がいつも歌っていたのを思い出しました。

「White Love」は累計200万枚売り上げたSPEED最大のヒット曲です。今でも冬になるとうたいたくなる人が多いのではないでしょうか。

「硝子の少年」はkinki kidsのデビュー曲ですね。オリコン売上では年間2位でしたがカラオケでは6位でした。作詞松本隆さん、作曲山下達郎さんです。デビュー前から人気のあったkiki kidsのデビュー曲ということでミリオンヒット必須でかなりのプレッシャーだったそうですよ。

5位 「Dear My Friend」:Every Little Thing

Amazon | Dear My Friend | Every Little Thing, 五十嵐充, Every Little Thing | J-POP | 音楽 (2287550)

「Dear My Friend」はEvery Little Thing3枚目のシングルでブレイクのきっかけになった一曲。1997年1月に発売されました。第39回日本レコード大賞「優秀作品賞」受賞した一曲。「スリムビューティーハウス」のCMソングでもありました。「いつか最高の自分に 生まれ変われる気がするよ」という歌詞がぴったりでしたね。

カラオケトップ10では8位にも「For the moment」がランクインしていますがどちらもオリコン売上チャートトップ30には入っていません。ELTの楽曲はカラオケ人気が高かった印象がありますね。歌詞もわかりやすいので歌いやすいです。

「Dear My Friend」は男友達から好意を持たれていることに気が付いたけど「いやいや、友達だよね」「今まで通り友達でいましょう」という内容でちょっと考えるとひどい内容なんですけどね。

4位 「HOWEVER」:GLAY

Amazon Music - GLAYのHOWEVER - Amazon.co.jp (2287553)

1997年8月にリリースされたGLAY12枚目のシングル「HOWEVER」が4位でした。GLAY初のミリオンヒットとなった一曲でこの作品から6作連続でミリオンセラーになっています。CDが一番売れた時代とはとはいえ、すごいですよね。

大ヒットのきっかけとなった一曲ですが、TAKUROさんの作ったデモテープノン段階ではメンバーに不評だったのだとか。なんとかメンバーを説得し、レコーディングにこぎつけたそうです。この時のTAKUROさんの努力がなければ名曲は生まれていなかったんですね。

キーが高いので女性でも歌いやすい曲です。ですからカラオケでも人気がありました。

9位にランクインした「口唇」は「HOWEVER」の前のシングルで1997年5月にリリースされました。こちらも週間オリコンチャートで1位を獲得。売り上げは99万枚を超えているのであと少しでミリオンだったんですね。

3位 「ひだまりの詩」:Le Couple

Amazon Music - Le Coupleのひだまりの詩 - Amazon.co.jp (2287556)

1997年にリリースされたLe Couple5枚目のシングルです。「ひとつ屋根の下2」の挿入歌として注目を集めました。はじめは「ひとつ屋根の下2」のサウンドトラックに収録されていてそこからシングルカットされました。

オリコン年間チャートでも3位だったんですよ。挿入歌がここまでヒットするなんて珍しいですよね。

「ひだまりの詩」というタイトルの通り、聞いているだけでポカポカするような一曲でやさしい気持ちになりますね。カラオケでも幅広い世代に支持されていたと思います。ゆっくりとしたテポで歌いやすいです。

ちなみにLe Coupleはフランス語でカップル、夫婦という意味。実際に夫婦のユニットだったのですが2005年に活動休止し、2007年に離婚されています。こんな暖かい曲を歌っていた2人も分かれてしまうのかと思うとちょっと切ないんですよね。

2位 「FACE」:globe

Amazon Music - globeのFACE - Amazon.co.jp (2287559)

1997年1月にリリースされたglobeのシングル。ミリオンヒット作品でglobeの売り上げの中でも「DEPARTURES」に続いて2位でした。

ドラマ「彼女たちの結婚」の主題歌でした。結婚をテーマにしたアラサー女性のお話で、この歌の歌詞がぴったり合っていました。というかぴったりすぎて痛いです。

私は当時高校生だったのでこの歌詞の意味があまりよくわかっていませんでしたが、自分がアラサーになる頃にうたうと気持ちがいい曲でした。そしてサビがどんどん高くなるので自分との戦いでもあります。

1997年当時もこの曲がささる世代の方が熱唱されていたのだと思いますよ。

1位 「CAN YOU CELEBRATE?」:安室奈美恵

Amazon Music - 安室奈美恵のCAN YOU CELEBRATE? - Amazon.co.jp (2287562)

1997年2月にリリースされた安室奈美恵さんのシングル「CAN YOU CELEBRATE?」が第一位でした。ちなみに、オリコン年間チャートでも第一位ですよ。売り上げは222.8万枚。安室奈美恵さん自身だけでなく、小室哲哉さんプロデュース曲、そしてavex traxから発売されたシングルの中でも1位の売り上げ記録です。

月9で放送されていたドラマ「バージンロード」の主題歌でした。

安室さんの結婚に関連して作られた楽曲かと思われている方もいるかもしれませんが、安室さんが結婚したのは10月なので自身の結婚とは関係がないんですね。(それなのにこの曲をリリースした年に実際結婚するというのもすごい!しかもまだ20歳だったのに)

ですが12月にプロデューサーである小室哲哉さんから結婚祝いとして「CAN YOU CELEBRATE? -MAXI-」としてマキシシングルをリリースされています。

今でも歌われ続けて結婚式の定番ソングになりましたね。

97年のカラオケチャートはバラード系で聴かせる曲が多く感じました。そしていまでも歌われレイル名曲も多い年ですね。
18 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。そして楽曲を聴いて、カラオケで挑戦しては玉砕した私たち。あれもこれも原曲キーで歌えたらどんなに気持ちいいか、なんて思いましたね。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。
青春の握り拳 | 164,371 view
【高音ボーカリスト・邦楽女性編】どこまでも続くハイトーンボイス!カラオケで歌える女性に惚れた!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

【高音ボーカリスト・邦楽女性編】どこまでも続くハイトーンボイス!カラオケで歌える女性に惚れた!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。可聴領域の限界に近いんじゃないか?なんて感覚にすらさせられたハイトーンボイスの数々、カラオケで歌える女性には驚嘆したものです。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。
青春の握り拳 | 167,651 view
名作映画【タイタニック】出演者たちのその後・・・

名作映画【タイタニック】出演者たちのその後・・・

1997年に公開され、歴史的大ヒットを記録した映画『タイタニック』。今回はこの名作に出演したキャストたちのその後にスポットを当て、ご紹介したいと思います。
mimi | 1,050 view
海外ドラマ【アリー my Love】出演者たちのその後

海外ドラマ【アリー my Love】出演者たちのその後

女性を中心に多くの共感を呼んだ海外ドラマ『アリー my Love』。今回は同シリーズに出演したキャストたちのその後にスポットを当てて、ご紹介していきたいと思います。
mimi | 251 view
OVA【綾音ちゃんハイキック!】あしたのジョーのパロディ要素満載!?美少女が活躍するキックボクシングアニメ!

OVA【綾音ちゃんハイキック!】あしたのジョーのパロディ要素満載!?美少女が活躍するキックボクシングアニメ!

女子キックボクシングに焦点を当てたスポ根OAV『綾音ちゃんハイキック!』。名作アニメ『あしたのジョー』をネタにしたパロディ要素も多く、ミドルエッジ世代が思わずニンマリする場面は多いです。今回の記事では、そんなOVA『綾音ちゃんハイキック!』を取り上げ、その本編動画やストーリー・魅力などを振り返っていきます。
tsukumo2403 | 231 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト