巨大ロボット仕事人!?「銀河旋風ブライガー」
2015年12月8日 更新

巨大ロボット仕事人!?「銀河旋風ブライガー」

1980年代前半。多くのロボットアニメが放送される中で、短いながらも記憶に残るシリーズが生まれました。 その名はJ9シリーズ。ここでは伝説のはじまり「銀河旋風ブライガー」に焦点をあて、作品の魅力に迫っていきたいと思います。

2,316 view

銀河旋風ブライガーとは?

 (1526591)

J9って知ってるかい?
J9シリーズは1980年代の初頭、国際映画社が制作したロボットアニメシリーズで、本作はその第1作にあたります。ゲーム「スーパーロボット大戦シリーズ」でも活躍でも有名です。
本作を含む全3作に共通して言えることですが、現在から遠い未来が舞台になっています。
宇宙開発の裏で暗躍する悪人たちを裁くため、腕利きの若者が結成した宇宙の始末屋「コズモレンジャーJ9」の活躍を描くというストーリーは、どこか「必殺シリーズ」的ですね。

銀河旋風ブライガーってどんな作品?

「J9シリーズ」三部作の第1作。スタッフは、『サンセット77』や『サーフサイド6』といった1950年代のアメリカの若者向け探偵ドラマの軽妙なセンスを強く意識して制作したという。また、時代劇調のナレーションなど和風の要素と始末屋稼業の組み合わせから、当時からアニメ誌などでは「SFアニメ版必殺シリーズ」などと書かれることも多かった。
ロボットアニメではあるものの、戦闘シーンは最後の締めのみという場合が多く、その分人間ドラマや会話劇に力が入れられており、女性人気も高い(『六神合体ゴッドマーズ』等と同じく、作画にあまり手間をかけられなかったという事情もあると思われる)。また、『タイムボカンシリーズ』の山本正之氏が担当した劇伴、ボーカル曲は非常にクオリティが高く、玩具だけでなくサントラも大ヒットし、シリーズ化に繋がった。

銀河旋風ブライガーのあらすじ

 (1526594)

西暦2111年。宇宙開発時代を迎えた人類だが、その裏では巨大な犯罪組織「コネクション
」が猛威を振るい、弱き人々を踏みにじっていた。巨大ロボット、ブライガーを擁する宇宙の始末屋「コズモレンジャーJ9」は、コネクションの野望を叩き潰し、やがてその背後に控えるヌビア・コネクションの首領、カーメン・カーメンと対決する。

キャラクター紹介

ブラスター・キッド

ブラスター・キッド

本名:木戸丈太郎。
元地球正規軍のスナイパー。軍の腐敗を目の当たりにして脱走し、J9に身を寄せる。
エンジェル・お町

エンジェル・お町

本名:マチコ・ヴァレンシア。
木星開発局長官の父親をもつ。父に反発して家を飛び出し、コズモレンジャーJ9に参加。美貌を活かしてスパイ任務で活躍する。
飛ばし屋ボゥイー

飛ばし屋ボゥイー

本名:スティーブン・ボゥイー。
宇宙レースで優勝記録をもつ凄腕レーサー。J9でも腕前を活かし、ブライガーの操縦を担当。
かみそりアイザック

かみそりアイザック

本名:アイザック・ゴドノフ。
優れた知性の持ち主で、無実の罪で父が獄死したことをきっかけに地球を捨てた悲しい過去をもつ。電磁鞭を操る。
カーメン・カーメン

カーメン・カーメン

犯罪組織ヌビア・コネクションの首領。
神の声を聞く神秘的な一面をもち、惑星創造の大計画「大アトゥーム計画」を実行に移す。

主題歌はこちら

主題歌「銀河旋風ブライガー」のオープニングテーマ。歌手は「復活のイデオン」などを歌ったたいらいさお。

エンディングテーマ「さすらいキッド」も歌手はたいらいさお。タイムボカンシリーズを手掛け、のちにJ9シリーズ全作で音楽に参加する山本正之が作曲を担当しています。

J9の活躍ふたたび!dアニメに要注目!

27 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

『太陽の牙ダグラム』より「ヘイスティ」「ラウンドフェイサー」「クラブガンナー」のフィギュアが続々と登場!!

『太陽の牙ダグラム』より「ヘイスティ」「ラウンドフェイサー」「クラブガンナー」のフィギュアが続々と登場!!

マックスファクトリーより「アイアンフット F4XD ヘイスティ XD型」「ソルティック H8 ラウンドフェイサー 強化型ザック装着タイプ」「アビテート F44A クラブガンナー」の発売が決定しました。
隣人速報 | 2,427 view
参天製薬が謎の「#眼ダム」カウントダウンサイトを公開!ガンプラW杯2019の日本代表決定や新作ゲームの話題も!!

参天製薬が謎の「#眼ダム」カウントダウンサイトを公開!ガンプラW杯2019の日本代表決定や新作ゲームの話題も!!

サンテFXシリーズなどの目薬で知られる参天製薬がこのたび、「#眼ダム」の文字が添えられたロゴをSNSなどで公開、またカウントダウンサイト「眼ダム」をオープンし、大きな話題となっています。その他、「ガンプラW杯2019」の日本代表が決定といったニュースも!
隣人速報 | 1,634 view
80年代後半のサンライズの傑作「魔神英雄伝ワタル」が新作アニメとなってまさかの復活!!

80年代後半のサンライズの傑作「魔神英雄伝ワタル」が新作アニメとなってまさかの復活!!

80年代後半のサンライズの代表作「魔神英雄伝ワタル」が、新作アニメ「魔神英雄伝ワタル 七魂の龍神丸」として令和の時代にまさかの復活!
隣人速報 | 2,691 view
【ミドルエッジ総選挙】ガンダム以外の富野由悠季作品でアナタが好きなのは?

【ミドルエッジ総選挙】ガンダム以外の富野由悠季作品でアナタが好きなのは?

ミドルエッジ編集部の某が「ガンダムの次はぜったいザンボット3!」と言い張るので、ではザンボット3とその他代表的な富野由悠季作品とを比べてみましょう。ということでミドルエッジ総選挙、ザンボット3の人気はどのくらい??
祝!35周年!お台場決戦  3・16「トランスフォーマー 戦え!超ロボット上映会 開催!

祝!35周年!お台場決戦 3・16「トランスフォーマー 戦え!超ロボット上映会 開催!

映画「バンブルビー」は2019年3月22日に公開される「トランスフォーマー」シリーズのスピンオフ!その時代背景が懐かしの「80年代」なのよ!と、なればこの初期のアニメシリーズを外せなくなるわ!その上映会がなんとお台場で開催されるのよ!

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト