【魔女の宅急便・猫の恩返し】ジブリ作品に登場する猫や動物キャラをまとめてみた!
2019年9月11日 更新

【魔女の宅急便・猫の恩返し】ジブリ作品に登場する猫や動物キャラをまとめてみた!

みんな大好きジブリ作品!ストーリーの面白さだけでなく、登場するキャラクターの魅力もジブリ作品の醍醐味の一つではないでしょうか。今回は近頃の「猫ブーム」にちなんで、ジブリに登場する猫にスポットを当ててみます。人間のキャラクター以外にも個性的で代表的なキャラクターがたくさんいますよ。さらに、猫だけでなく魅力的な動物キャラクターたちも調査してみました。

192 view

ジブリには魅力的なキャラクターがいっぱい!

 (2138389)

子どもから大人まで人気のあるジブリ作品。どの作品が一番好きか、どのキャラクターが一番好きかと聞かれたら迷ってしまいますよね。

ジブリ作品がたくさんの人に愛されるのは、ストーリーの面白さだけでなくそれぞれのキャラクターが魅力的である事も理由の一つです。さらに、主人公や人間のキャラクターだけでなく脇を飾る動物キャラたちの魅力も無視できません。

いつも主人公に寄り添ういじらしさ、動物本来の可愛らしさ、ふかふかした手触りが想像できそうな毛並み…魅力もそれぞれで時には主要キャラよりも印象的な動物キャラが数多くいます。

そんな中でも特に今ブームとなっている「猫」のキャラクターにスポットを当てつつ、ジブリの愛すべき動物たちをまとめてみました。

「魔女の宅急便」黒猫のジジ

 (2138395)

ジブリの猫といえば、やっぱり「魔女の宅急便」の黒猫ジジを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

主人公・魔女のキキと一緒に育ち行動を共にしてきたジジ。キキとはまるで人間のように会話をしていました。ちょっと生意気でキキに比べるとシビアで現実的な発言の多かったジジですがそれもそのはず、人間でいうとなんと68歳!

魔女の家に女の子が生まれたら、同い年で同じ月に生まれた黒猫を一緒に育てるという風習があります。ということで、ジジはキキと同じ13歳。猫でいえば立派におじいちゃんで白内障の心配が出てくる頃です。そりゃ大人っぽい発言が多いのも納得です。

とはいえ、やはりジジの可愛さはたまらなくファンも多め。ジジのぬいぐるみやグッズも他のキャラクターに比べて多い印象です。

「耳をすませば」ムーン

「耳をすませば」で主人公の雫を地球屋まで連れて行ったぽっちゃり猫、ムーン。どこかふてぶてしく、我が物顔で電車に乗ったりご近所の犬をからかったりします。可愛いか?と聞かれると戸惑いますが、なんとなく愛嬌がありますよね。

ムーンという名前は聖司がつけただけで、本名ははっきりしていません。あちこち気ままに放浪しており、「お玉」や「ムタ」という名前でも呼ばれているようです。いろんな所で可愛がられているのが体型からも分かりますね。

柊あおい原作の少女漫画版「耳をすませば」ではムーンは黒猫です。ルナという黒猫と二匹で登場します。映画版にするにあたり、「魔女の宅急便」のジジとイメージがかぶってしまう事から、スラッとした黒猫から太っちょのブチ猫に変更になったのだとか。

むしろこの改変は良かったのではないでしょうか。黒猫の方がミステリアスではありますが、ふてぶてしい人間みたいな猫のムーンの方が親しみが湧きます。

「猫の恩返し」バロン男爵

 (2138504)

「猫の恩返し」で主人公のハルを救うバロンには憧れましたよね。本名はフンベルト・フォン・ジッキンゲンというちょっと長めの名前です。

そもそもバロンは「耳をすませば」で雫が地球屋で出会った猫の人形をヒントに書いた小説の主人公です。地球屋で佇む人形のバロンはとても美しく、ロマンチックでした。

そんなバロンですが「猫の恩返し」では紳士で強くて頼りになって、「イケメン」キャラとして登場します。ムタ曰く「キザ」との事ですが、ハルも終盤ではバロンの事を異性として意識している描写があるくらいでした。

性格は冷静沈着、剣術の腕前は一流で身体能力も抜群。お客さんに振舞う特製スペシャルブレンドの紅茶は、毎回味が変わるというこだわり。まさにイケメンでしかありません。どことなくシャーロックホームズを思い出させるような雰囲気がありましたね。

もちろん女性のファンは多く、猫ではありますが理想的な男性として評価されています。

「となりのトトロ」ネコバス

 (2138508)

「となりのトトロ」に登場するネコバスには誰しも乗りたかったのではないでしょうか。
トトロたちが乗る不思議なバスで、見た目は猫ですが脚がたくさんあり空を駆けます。周囲の人から姿は見えないのですが、ネコバスが走ると風だけ吹き抜けたりします。

メイが迷子になってしまった時に、さつきがトトロに頼んでネコバスに乗せてもらいました。ネコバスの車内(?)はフッカフカでモコモコ!このフワフワの毛並みに体を預けて座ってみたい…とうっとりしてしまいますよね。

東京都三鷹市にある、三鷹の森ジブリ美術館には実際に乗れるネコバスがあります。残念ながら本物に比べると小さく、乗れるのは小学生以下の子ども限定です。
しかし、過去には大人も乗れるネコバスが展覧会で展示されたことも!もしチャンスがあればぜひ乗ってみたいものです。

「日清製粉グループ」CMキャラクターのコニャラ

39 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

夢だけど、夢じゃなかった!愛知県に「ジブリパーク」を誕生させる大構想が始動!!

夢だけど、夢じゃなかった!愛知県に「ジブリパーク」を誕生させる大構想が始動!!

愛知県長久手市にある愛・地球博記念公園を「ジブリパーク」に――このたび、愛知県とスタジオジブリが愛・地球博記念公園に開業を目指している「ジブリパーク」の基本デザインがまとまり、2022年度に開業を目指すことで一致したことが明らかとなりました。
隣人速報 | 4,089 view
「映画版 ふたりエッチ ~ダブル・ラブ~」が現在大ヒット公開中!青山ひかるの胸元丸出しのニットに注目!!

「映画版 ふたりエッチ ~ダブル・ラブ~」が現在大ヒット公開中!青山ひかるの胸元丸出しのニットに注目!!

ミドル世代であれば誰もが一度は読んだことがあるであろう「ふたりエッチ」の実写映画「映画版 ふたりエッチ ~ダブル・ラブ~」が、東京・シネマート新宿ほかで現在大ヒット公開中です。
隣人速報 | 7,539 view
世界初のフルCGアニメ『トイ・ストーリー』からウッディとバズ・ライトイヤーがディズニー初のアバターアプリに登場!

世界初のフルCGアニメ『トイ・ストーリー』からウッディとバズ・ライトイヤーがディズニー初のアバターアプリに登場!

1996年3月に公開されたディズニー配給のフルCGアニメーション『トイ・ストーリー』。アプリ『ディズニー マイリトルドール』に、同作の人気キャラ、ウッディとバズ・ライトイヤーがリトルドールとなって登場した。
親がゴミのようだ!?「天空の城ラピュタ」のムスカの台詞で子育てが出来る「ムスカ流子育て術」が爆誕!!

親がゴミのようだ!?「天空の城ラピュタ」のムスカの台詞で子育てが出来る「ムスカ流子育て術」が爆誕!!

ミドルエッジ世代の多くが苦労している「子育て」。今まさに育児本などで研究中の方もいらっしゃるかと思います。そんな中、「ムスカ流子育て術」なるものが発案(?)され、現在ツイッターを中心に話題となっています。
隣人速報 | 4,981 view
「天空の城ラピュタ」の光る飛行石がアクセになって登場!「バルス」の音声認識機能も搭載!!

「天空の城ラピュタ」の光る飛行石がアクセになって登場!「バルス」の音声認識機能も搭載!!

ベネリック株式会社は、スタジオジブリ作品グッズショップ「どんぐり共和国」とオンラインショップそらのうえ店にて「天空の城ラピュタ 光る飛行石 光のみちびき」の発売を決定しました。
隣人速報 | 661 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト