2017年5月16日 更新

三菱にも元気だった時代があった!「ディアマンテ」の歴史を振り返ろう

バブル期に誕生した、それまでのセダンとは一味違った、個性的でエレガントな4ドアサルーン「ディアマンテ」。今では見る影がないほど落ちぶれてしまった三菱自動車の、元気だった時代の象徴ディアマンテについて、語っていきましょう。

21,717 view

ディアマンテってどんな車?

ディアマンテとは1990年、三菱自動車で初めての3ナンバー専用車として発売された、ミディアム・ハイクラスの4ドアハードトップです。
 (1865623)

BMWを彷彿とさせる端正なフロントマスク、ワイドでゆとりある居住性、しなやかで伸びのあるスタイリッシュなフォルムが、バブル期の高級志向の人々の心を掴み、大ヒットし、三菱自動車の黄金期を支えました。
 (1865594)

画像提供:カーセンサーnet
ギャランΣ・エテルナΣの後継車にあたり、シグマはセダンタイプの姉妹車になります。
姉妹車のシグマ

姉妹車のシグマ

画像提供:カーセンサーnet

初代ディアマンテ

 (1865592)

画像提供:カーセンサーnet
1990年発売。
「ファースト・ミディアムクラス」「このクルマがミディアムカーを変えた」というキャッチコピーの元、小型車の枠を超えた、今までにない、リッチでワイドでバランスの良い、ハイクラスのミディアムカーとしてデビューしました。

三菱自動車 「ディアマンテ」

エンジンはV6で2.0、2.5、3.0の3種類。このクラスでは珍しくFF車で、4WDもラインナップされていました。
ワイドボディにFF車ならではの広い居住空間、エレガントでシックな内装、スタイリッシュで洗練された雰囲気なのに、4WDを搭載してワイルドな走りもこなせるスポーティーさなどが受け、まさに、それまでのミディアムカーの常識を変えたモデルと言えるでしょう。
エンジン内の点火システム、燃料噴射システム、可変吸気システムなども電子制御されたハイテク機能を持ち、電子制御4速ATや電子制御サスペンション、4WSなど、最新のテクノロージを搭載し、スタイリッシュさだけではなく、十分走りも楽しめるものになっていました。
 (1865625)

発売開始から半年で3万台、5年間で13万台以上の売上を記録するヒット作となり、マークⅡやローレルを追い越せやしなかったものの、肉薄し、確かな存在感を示しました。
1990~91年度のカーオブザイヤーを受賞しています。

【懐かCM】1991年頃 MMC 三菱自動車 DIAMANTE ~Nostalgic CM of Japan~

初代ディアマンテのスペック

ディアマンテ30R  3,498,000円

型式 E-F27A
全長×全幅×全高 4,740×1,775×1,420mm
エンジン型式 6G72
最高出力    210ps/6,000rpm
最大トルク   27.5kg・m/3,000rpm
種類  V型6気筒DOHC24バルブ
総排気量  2,972cc
車両重量  1,650kg

1990年5月カタログより
 (1865593)

画像提供:カーセンサーnet

2代目ディアマンテ

Mitsubishi Diamante Reviews, Specs and Prices | Cars.com (1865698)

1995年、先代のコンセプトを継承しつつ、よりハイテクで、衝突時の安全性なども高めた「ニューディアマンテ」として発売されました。
ルックスは、独特だった先代のフロントマスクから、弱冠オーソドックスなスタイルにシフト。ややフォーマルな印象になってます。

1995 MITSUBISHI DIAMANTE Ad

エンジンは2.0クラスが廃止となり、2.5、3.0クラスもそれぞれパワーアップ。当時のFF車としては世界初の、電子制御5速ATを搭載し、よりパワーがあって、スムースで安全な走行を実現しています。
 (1865596)

画像提供:カーセンサーnet

2代目ディアマンテのスペック

ディアマンテ30R-SE  4,408,000円

型式 E-F47A
全長×全幅×全高 4,785×1,785×1,445mm
エンジン型式 6G72
最高出力    230ps/6,000rpm
最大トルク   29.2kg・m/5,000rpm
種類  V型6気筒DOHC24バルブ
総排気量  2,972cc
車両重量  1,620kg

1996年1月カタログより
 (1865597)

画像提供:カーセンサーnet

ディアマンテがヒットした背景

ディアマンテが登場した1990年はバブル景気の真っ只中。
高級志向の人々の欲求に応えて、好景気にうまく乗った形ですが、それだけではありません。
ディアマンテ登場の前年の1989年、消費税が導入されます。それに伴って自動車税も改定されました。これにより2,500cc未満の3ナンバーの自動車税が、それまでの年間81,500円から45,000円に、3,000cc未満の自動車税が81,500円から51,000円に、それぞれ激減したので、高級志向の時代背景とともに、3ナンバーの車の売れ行きが急上昇したのです。
 (1865614)

1989年4月1日消費税導入
ディアマンテにとって幸運だったのは、ライバル車となるマークⅡやローレルは、それ以前にも2.5Lや3.0Lのグレード車も販売してはいましたが、本格的に全車3ナンバーサイズとして売り出したのが、マークⅡが1992年、ローレルが1993年になってからだったという事。
ライバルに先駆けてワイドボディー化に舵を切った、三菱の作戦勝ちだっと言えるのかもしれません。
「あのクルマとは違う」というキャッチコピーに、してやったり感がにじみ出てる、と思うのは勘ぐりすぎでしょうか。
 (1865617)

あのクルマが3ナンバーボディーになったのは1992年。

画像提供:カーセンサーnet

三菱自動車の斜陽とともに

2000年に三菱自動車のリコール隠しが発覚し、本社が強制捜査を受ける事態に発展。その後、一連のリコール隠しが起因と見られる死亡事故も発生し、三菱自動車の信頼はガタ落ちになって行きます。
 (1865690)

三菱自動車の一連の不祥事発覚
2005年には本社の赤字幅が拡大し、資本提携していたダイムラーにも提携を打ち切られ、三菱自動車の販売台数は激減します。
そんな三菱本体が傾きつつあるなか、ディアマンテも2005年に約15年間の歴史に幕を閉じる事となりました。
 (1865706)

ディアマンテ15年の歴史に幕
46 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

   

20世紀交歓所20世紀しばりのフリマサイト

関連する記事こんな記事も人気です♪

大ヒットした3ナンバー専用車【三菱・ディアマンテ】<1990年日本カー・オブ・ザ・イヤー>

大ヒットした3ナンバー専用車【三菱・ディアマンテ】<1990年日本カー・オブ・ザ・イヤー>

2500ccクラスという新たなマーケットを開拓するため三菱が投入した3ナンバー車「ディアマンテ」。三菱自慢のハイテクを装備しながらもトヨタ・マークⅡよりも大きなボディで価格は安い設定が話題を呼びました。
ヤマダゴロー | 12,197 view
バブル期に流行った素敵なバーを語りたい!

バブル期に流行った素敵なバーを語りたい!

バブル期にはあちこちに「バー」が林立しました。場末のバーはもちろん、おしゃれなカフェバーからオーセンティックなバーまで。当時行きまくってたケロリンに大好きなバーを語らせてください!
ケロリン | 1,722 view
「私をスキーに連れてって」が公開30周年!トークイベントは応募多数につき受付ストップ!上映会も開催!

「私をスキーに連れてって」が公開30周年!トークイベントは応募多数につき受付ストップ!上映会も開催!

映画「私をスキーに連れてって」から今年で30周年を迎えるのを記念し、東京都内にて「ホイチョイ・プロダクション」の当時の関係者らが参加するトークイベントが開催されます。J-WAVEも特別上映会を開催します。
隣人速報 | 3,925 view
『おやじギャル』バブル時代の流行語にもなりました!!

『おやじギャル』バブル時代の流行語にもなりました!!

バブル時期に見た目はワンレン・ボデコンなんだけど・・・オヤジの領域だった居酒屋、競馬場、パチンコ屋に堂々と出没し、巧みな男操作でアッシー君やメッシー君を使い分ける一方、ディスコのお立ち台でガンガン踊りまくって、スタミナ・ドリンクをぐいぐい飲み干すような、オッサン丸出しの「おやじギャル」をまとめてみました。
ギャング | 2,002 view
気前が良すぎて破産しちゃった・・・『M.C.ハマー』

気前が良すぎて破産しちゃった・・・『M.C.ハマー』

1990年代バブル時期に一世を風靡したM.C.ハマー、『プリーズ・ハマー・ドント・ハーテム』というアルバムが大ヒットし3300万ドル(37億円)を手にしたのに、使い果たして自己破産、気になるのでまとめてみました。
ギャング | 11,275 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト