三菱にも元気だった時代があった!「ディアマンテ」の歴史を振り返ろう
2017年5月16日 更新

三菱にも元気だった時代があった!「ディアマンテ」の歴史を振り返ろう

バブル期に誕生した、それまでのセダンとは一味違った、個性的でエレガントな4ドアサルーン「ディアマンテ」。今では見る影がないほど落ちぶれてしまった三菱自動車の、元気だった時代の象徴ディアマンテについて、語っていきましょう。

37,749 view

ディアマンテってどんな車?

ディアマンテとは1990年、三菱自動車で初めての3ナンバー専用車として発売された、ミディアム・ハイクラスの4ドアハードトップです。
 (1865623)

BMWを彷彿とさせる端正なフロントマスク、ワイドでゆとりある居住性、しなやかで伸びのあるスタイリッシュなフォルムが、バブル期の高級志向の人々の心を掴み、大ヒットし、三菱自動車の黄金期を支えました。
 (1865594)

画像提供:カーセンサーnet
ギャランΣ・エテルナΣの後継車にあたり、シグマはセダンタイプの姉妹車になります。
姉妹車のシグマ

姉妹車のシグマ

画像提供:カーセンサーnet

初代ディアマンテ

 (1865592)

画像提供:カーセンサーnet
1990年発売。
「ファースト・ミディアムクラス」「このクルマがミディアムカーを変えた」というキャッチコピーの元、小型車の枠を超えた、今までにない、リッチでワイドでバランスの良い、ハイクラスのミディアムカーとしてデビューしました。

三菱自動車 「ディアマンテ」

エンジンはV6で2.0、2.5、3.0の3種類。このクラスでは珍しくFF車で、4WDもラインナップされていました。
ワイドボディにFF車ならではの広い居住空間、エレガントでシックな内装、スタイリッシュで洗練された雰囲気なのに、4WDを搭載してワイルドな走りもこなせるスポーティーさなどが受け、まさに、それまでのミディアムカーの常識を変えたモデルと言えるでしょう。
エンジン内の点火システム、燃料噴射システム、可変吸気システムなども電子制御されたハイテク機能を持ち、電子制御4速ATや電子制御サスペンション、4WSなど、最新のテクノロージを搭載し、スタイリッシュさだけではなく、十分走りも楽しめるものになっていました。
 (1865625)

発売開始から半年で3万台、5年間で13万台以上の売上を記録するヒット作となり、マークⅡやローレルを追い越せやしなかったものの、肉薄し、確かな存在感を示しました。
1990~91年度のカーオブザイヤーを受賞しています。

【懐かCM】1991年頃 MMC 三菱自動車 DIAMANTE ~Nostalgic CM of Japan~

初代ディアマンテのスペック

ディアマンテ30R  3,498,000円

型式 E-F27A
全長×全幅×全高 4,740×1,775×1,420mm
エンジン型式 6G72
最高出力    210ps/6,000rpm
最大トルク   27.5kg・m/3,000rpm
種類  V型6気筒DOHC24バルブ
総排気量  2,972cc
車両重量  1,650kg

1990年5月カタログより
 (1865593)

画像提供:カーセンサーnet

2代目ディアマンテ

46 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • バブルブル 2020/2/1 09:54

    ディアマンテが登場してしばらくしてシグマという兄弟車が登場しているのはあまり知られていない。
    シグマは一般ユーザーにはほとんど売れなかったからな。

    I.O 2020/1/30 23:17

    ディアマンテは89年東京モーターショーで参考出品され、モーターショー終了後の半年後に市販化され発売されるや否や大ヒットし、三菱を代表する名車となりました。尚・ディアマンテは舘ひろしさん主演刑事ドラマ「代表取締役刑事」で兵頭係長専用の車として登場し、緊急時の回転灯は天井では無く西部警察のマシンXみたいにダッシュボードに照らしていました。また西部警察には無かった携帯電話もこの時期から登場しました(当時の普及率は今より低め)。

    すべてのコメントを見る (2)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

大ヒットした3ナンバー専用車【三菱・ディアマンテ】<1990年日本カー・オブ・ザ・イヤー>

大ヒットした3ナンバー専用車【三菱・ディアマンテ】<1990年日本カー・オブ・ザ・イヤー>

2500ccクラスという新たなマーケットを開拓するため三菱が投入した3ナンバー車「ディアマンテ」。三菱自慢のハイテクを装備しながらもトヨタ・マークⅡよりも大きなボディで価格は安い設定が話題を呼びました。
ヤマダゴロー | 16,647 view
【勝手にヒストリー動画】スキーの冬CMが風物詩だったアルペン!現在はアウトドア用品を主戦場に!!

【勝手にヒストリー動画】スキーの冬CMが風物詩だったアルペン!現在はアウトドア用品を主戦場に!!

80年代から90年代にかけてのスキーブームにおいて、テレビCMや三角形のとがった看板が印象的だった「アルペン」の今昔についてまとめてみたいと思います。
《90年代の国産スポーツカー比較》スープラやRX-7など【今買うといくら?】

《90年代の国産スポーツカー比較》スープラやRX-7など【今買うといくら?】

「トヨタ スープラ」をはじめとした90年代の国産スポーツカー。現在の中古車市場において、どのくらいの価格で取引されているのでしょうか?
美人なのに可愛くて嫌味がないと言えば、やはりこの人、賀来千香子さん。キレイですよねぇ。

美人なのに可愛くて嫌味がないと言えば、やはりこの人、賀来千香子さん。キレイですよねぇ。

デビュー以来不動の美しさを誇り、80年代からずっと好感度バツグンの賀来千香子さん。CMに引っ張りだこなのがその証です。美人でカワイイとくれば当然ですね。そんな賀来千香子の代表的なCMを見てみましょう!
obladioblada | 2,036 view
「不良少女とよばれて」「ポニーテールはふり向かない」で活躍した伊藤かずえ!30年間乗り続けている「初代シーマ」を披露!

「不良少女とよばれて」「ポニーテールはふり向かない」で活躍した伊藤かずえ!30年間乗り続けている「初代シーマ」を披露!

女優として長年活躍する伊藤かずえ(53)が、自身のツイッターにて30年間乗り続けている愛車「日産・シーマ」の写真を投稿しました。
隣人速報 | 2,697 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト