懐かしの一発屋!大事MANブラザーズがTVで語った見事なクズっぷりがひどい
2020年11月8日 更新

懐かしの一発屋!大事MANブラザーズがTVで語った見事なクズっぷりがひどい

それが大事のメガヒットで、一躍時の人となった一発屋イメージが強い大事MANブラザーズ。懐かしい彼らの足跡とTV番組で語ったクズっぷりをまとめて紹介します。

7,222 view

懐かしの一発屋バンド!大事MANブラザーズの概要

1991年8月にリリースした「それが大事」が、爆発的なメガヒットとなった大事MANブラザーズバンド。

ギターボーカルの立川俊之を中心に、5名で構成されたロックバンドでした。

当時を振り返り、彼らの熱狂的なファンを除く大多数の人は「それが大事」以外の曲は知らないのではないでしょうか。

ちなみに、大事MANブラザーズバンドは「それが大事」ヒット以降もシングル・アルバムをリリースするもヒットに恵まれず、1996年に解散しており現在はボーカルの立川氏がソロとして活動しています。
Amazon | それが大事 | 大事MANブラザーズバンド, 立川俊之, 大事MANブラザーズバンド, 渡辺禎史 | J-POP | 音楽 (2236569)

大事MANブラザーズバンド解散後のぶっちゃけトーク

正直、大事MANブラザーズバンドと言われても「それが大事」が売れた懐かしいバンド・・・という印象しか無いと思います。

しかし、人気番組「しくじり先生」に出演した立川さんが思いもよらない当時の暴露話をした事で、2015年ごろ密かに再ブレイクしていたことをご存知でしょうか。

歌詞が前向きで、子供から大人まで励まされていた「それが大事」ですが、当時の私たちが想像すらしなかった驚愕のぶっちゃけトークの数々を、まとめて紹介していきます。

大事MANブラザーズバンドの真実①調子に乗って干された

 (2236576)

まず、大事MANブラザーズバンドが爆発的ヒットを記録した「それが大事」という曲が出来た背景から。

実は、大事MANブラザーズバンドは結成からシングル・アルバムをリリースするも鳴かず飛ばずな状況で、在籍していたレコード会社からも「次売れなかったら後が無い」と言われていたギリギリバンドでした。

まさに背水の陣で出した曲こそが「それが大事」だった訳ですが、メガヒットを記録したあとがクズでした。

売れた事で、立川さんらの態度は豹変。

その後、ヒット曲を出せない状況にも関わらずレコード会社に対して偉そうな態度を取り続け、結局は契約トラブルで移籍して解散への末路を歩んでいます。

立川さん自身も当時を振り返り、完全に天狗だったと言っています。

人間、成功しても偉くなってはいけないといういい見本ですね(汗

大事MANブラザーズバンドの真実②バンド名の由来を偽っていた

 (2236579)

心を揺さぶるような歌詞が世間にウケた「それが大事」。

このメガヒットが、大事MANブラザーズバンドに大きな嘘をつかせることになってしまったそうです。

雑誌のインタビューで、バンド名の由来を質問された時に立川さんが答えたのは

【みんなが忘れがちになっている大事な事や本質を大事にしたい】
【お互いに信じ合う事が大事】
【そういう思いと好きなロックバンドの名前を組み合わせて名付けた】

このような優等生の回答でした。

ところが・・・実際の由来は「語呂がいいから」というだけの何一つエピソードが無いもの。

当時、所属事務所の意向に沿って嘘の由来を答えていたことをカミングアウトしたのです。

とはいえ、売れないバンドがせっかく掴んだチャンスを逃さないためにイメージ戦略を図った事務所の親心とも捉えられますよね。

元大事MANブラザーズバンドのボーカル立川俊之の名言

 (2236582)

一発売れて天狗になってしまった過去を語り、バンド名の由来についてもイメージが良い嘘をついていた事を告白した立川さん。

バンド解散後も、「それが大事」を歌い続けていた時期がある中で

【結局、歌で伝えたいことが何もない】

という、謎の境地に至りカバー曲を歌うようになったそうです。

そんな中、「それが大事」の歌詞にも出てくる様々な大事なコト
・負けない事
・投げ出さない事
・逃げ出さない事
・信じぬく事

これらの中で、一番大事なモノとは何か?と問われた時の回答がある意味名言なので紹介します。

立川さんが出した答えは「どれも大事じゃない」

一発屋として、栄光と挫折を味わった男は最後にこう締めくくっていました。

何が大事なのか、それを「考える事」が大事だと。

それが大事がヒットしたあの当時に、自分にとって大事なモノを考えていたら一発屋ではなく、数々の名曲を世に出していたのかもしれませんね。

まとめ

大事MANブラザーズバンドは、一発屋という形で解散してしまいましたが、幅広い年代の方が「それが大事」で励まされたはずです。

TVで語ったぶっちゃけエピソードは、少しがっかりする部分もありますが、自分にとって何が大事なのかを見つめる事は誰にでも当てはまる「大事なコト」だと思います。

懐かしい歌と共に、自分にとって大事な物を改めて見つめ直してみようかな。

最後までお読みいただきありがとうございました。
16 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • 大事大事大事 2020/11/11 16:40

    所属事務所とレコード会社のばちばちではなかったのかね?移籍しても結構いい曲あるから、立川氏の才能をもっと発揮してほしい。南国少年パプワくん、クレしん、
    おれ、夕子、大事MAN.

    バーボン 2020/11/9 13:06

    ボーカルのビジュアルがね‥

    すべてのコメントを見る (2)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ディズニー映画「美女と野獣」のロマンチックな世界観を表現したジュエリーコレクションが登場!

ディズニー映画「美女と野獣」のロマンチックな世界観を表現したジュエリーコレクションが登場!

ディズニー映画「美女と野獣」のロマンチックな世界観を表現したジュエリーコレクションが、全国のTHE KISS 直営店 、THE KISS 公式オンラインショップほかにて発売された。
red | 699 view
【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。そして楽曲を聴いて、カラオケで挑戦しては玉砕した私たち。あれもこれも原曲キーで歌えたらどんなに気持ちいいか、なんて思いましたね。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。
青春の握り拳 | 163,633 view
【高音ボーカリスト・邦楽女性編】どこまでも続くハイトーンボイス!カラオケで歌える女性に惚れた!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

【高音ボーカリスト・邦楽女性編】どこまでも続くハイトーンボイス!カラオケで歌える女性に惚れた!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。可聴領域の限界に近いんじゃないか?なんて感覚にすらさせられたハイトーンボイスの数々、カラオケで歌える女性には驚嘆したものです。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。
青春の握り拳 | 165,559 view
大事MANブラザーズの立川さん、ヒット曲「それが大事」のアンサーソングが言ってる事が全く逆だと話題に

大事MANブラザーズの立川さん、ヒット曲「それが大事」のアンサーソングが言ってる事が全く逆だと話題に

1991年に「それが大事」のヒットで一世を風靡した大事MANブラザーズ。そのボーカリストであった立川さんが今年に入ってアンサーソングを発売しました!この曲の歌詞が今、話題です。「しくじり先生」での発言でも話題になった立川さんが歌に込めたメッセージとは?
KUNOTAN | 6,748 view
【なんとなく一発屋】流行った曲【1991年版】

【なんとなく一発屋】流行った曲【1991年版】

1991年。 一番のヒットは小田和正の「ラブ・ストーリーは突然に」 懐かしいヒット曲はたくさんありますが、その中でも”もしかして一発屋!?”と思うヒットを独断と偏見で選びました。
かけつけ3杯 | 3,904 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト