どっちが好きだった?ぶりっ子系とツッパリ系アイドルの系譜
2022年6月4日 更新

どっちが好きだった?ぶりっ子系とツッパリ系アイドルの系譜

松田聖子さんに代表されるぶりっ子系の女性たちが正統派アイドルだと思いますが、山口百恵さんや中森明菜さんをはじめとする少し大人びたセクシー系またはツッパリ系のアイドルも、高い人気を得ていますよね。人の好みが分かれると言えばそれまでですが、ぶりっ子系を好きな人とツッパリ系を好きな人でハッキリ分かれるように思います。今回はぶりっ子系とツッパリ系アイドルの系譜を考えてみたいと思います。

1,866 view
 (2384713)

1970年代に人気を博したアイドルを、あくまで個人の見解になりますがぶりっ子系とツッパリ系に分けてみました。
まずはぶりっ子系アイドルからご紹介します。

1970年代のぶりっ子系アイドル

南沙織

Amazon.co.jp: GOLDEN☆BEST 南沙織 コンプリート・シングルコレクション: Music (2384716)

名前:南沙織
生年月日:1954年7月2日
出身地:沖縄県
デビュー曲:17歳
家族:篠山紀信と結婚・子供3人
清楚な黒髪ロングに大きな瞳の正統派アイドルの南沙織さんですが、1978年に学業に専念するためわずか24歳で引退しています。

キャンディーズ

☆スーパー・アイドル・ヒット!250 (キャンディーズ コント集) HD.

1970年代前半に一世を風靡した3人組ユニットのキャンディーズです。
名前:伊藤蘭(ラン)
生年月日:1955年1月13日
  :藤村美樹(ミキ)
生年月日:1956年1月15日
  :田中好子(スー)
生没年:1956年4月8日~2011年4月21日
デビュー曲:あなたに夢中
解散:1977年
シングルは7週連続1位、5枚連続ミリオンセラーなど人気絶頂の1977年に流行語にもなった「普通の女の子に戻りたい」という言葉で解散を発表します。
解散後は一度も再結成を行わなかったので、キャンディーズとしては短い期間でしたが完全燃焼をしたのでしょう。
まさに伝説になったアイドルユニットですね。

1970年代のツッパリ系・アイドル

続いて1970年代のツッパリ系アイドルをご紹介します。

山口百恵

 (2386003)

名前:山口百恵
本名:三浦百恵(旧姓山口)
生年月日:1559年1月17日
出身地:東京都渋谷区
デビュー曲:としごろ
家族:夫・三浦友和
   長男:三浦祐太朗
   次男:三浦貴大
引退:1980年
1973年に「としごろ」でデビューしますが、スタッフの期待以下のセールスだったため第2弾の「青い果実」からは大胆な歌詞にイメージチェンジします。
そして1974年の「ひと夏の経験」で大ブレイクし、青い性路線と呼ばれ絶大な人気を博しました。
その後「イミテーションゴールド」や「プレイバックpart2」などセクシーでカッコイイ独特の世界観を作り上げトップにのぼりつめます。
三浦友和との婚約発表と同時に引退を宣言し、ファイナルコンサートでステージの中央にマイクを置いて舞台裏に帰っていくマイクパフォーマンスは、今でも語り草となっていますよね。
最後までカッコイイ、1970年代の寵児山口百恵さんでした。

1980年代のアイドル

 (2386000)

1980年代に活躍したアイドルをぶりっ子系とツッパリ系に分けてみました。
ぶりっ子系からご紹介します。

1980年代のぶりっ子系アイドル

松田聖子

Amazon | SEIKO MEMORIES ~Masaaki Omura Works~ | 松田 聖子 | J-POP | ミュージック (2385988)

34 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • マスク 2022/7/23 17:28

    僕の場合は、ちょっとエッチな隣のお姉さん系ですかねー。
    ぶりっこ系かツッパリ系のどっちと言われれれば、ツッパリ系になりますが、
    やっぱりエッチなボディが必須条件です。
    中山みぽりんや三原順子さんなんかは、見た目や雰囲気がタイプですが、身体がエッチじゃないんですよねー。
    中森明菜さんや武田久美子さん、斉藤由貴さんあたりがタイプですねー。


    たいじ 2022/6/8 22:37

    ツッパリ&セクシーがタイプ。
    中森明菜派です。

    すべてのコメントを見る (2)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト