壮大なスター・ウォーズ(Star Wars)シリーズ9部作&外伝の時系列を確認。
2016年5月31日 更新

壮大なスター・ウォーズ(Star Wars)シリーズ9部作&外伝の時系列を確認。

最新作「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」で8作目となったスターウォーズは、この後に4本の作品を予定しており計12作品からなる壮大な抒情詩です。12作品は時系列になっており、順番に観ていくと更にスター・ウォーズの世界が堪能出来ます。計12作品が時系列でどこに位置するのか確認していきましょう。

17,266 view

2015年12月18日、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒(エピソード7)」が公開!ドルビーシネマ対応も話題に。

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒 (Star Wars: The Force Awakens)」が米国などでドルビーシネマ公開されると話題に。なお、日本ではDolby Atmosでの公開予定。

ドルビーシネマは、ハイダイナミックレンジ(HDR)や最新の色彩技術や高コントラスト技術などを備えた「ドルビービジョン(Dolby Vision)」の映写システムと、オブジェクトオーディオ技術「Dolby Atmos」を採用、映像と音響を最適な内装設計で再生するプレミアムシネマシステム。

ドルビーシネマ対応劇場は、米国とオランダ、スペイン、オーストリアで展開されている。フォースの覚醒は、ドルビービジョンとDolby Atmosでマスタリングされている。
「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」

今回の「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」は7作目となり、「エピソード6/ジェダイの帰還」から約30年後を舞台にしています。

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」予告編 - YouTube

『スター・ウォーズ』その新たなる3部作の第一弾は、家族を待ち続けている美しく孤独なヒロイン、レイを中心とした、フォースを巡る全く新しい“家族の愛と喪失の物語”。世界中が注目する悪役は十字型のライトセーバーを操るカイロ・レン。 いま、新たな伝説が誕生する。 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』12月18日(金)18...

スター・ウォーズ(STAR WARS)シリーズ9部作&外伝を時系列に振り返る

ここで「スター・ウォーズ」シリーズを「物語の時系列」でおさらいしてみましょう。
私たちの多くが幼少期に興奮したSF「スター・ウォーズ」は、スター・ウォーズ・シリーズでは「エピソード4」に位置付けられています。
「スター・ウォーズ(STAR WARS)」シリーズ

「スター・ウォーズ(STAR WARS)」シリーズ

『スター・ウォーズ』(STAR WARS)シリーズは、ジョージ・ルーカスの構想・製作総指揮と、ルーカスフィルム社の制作によるアメリカの映像作品。
宇宙を舞台とする冒険物語・スペースオペラのサーガで、欧米の文学、および比較神話学者のジョゼフ・キャンベルによる神話的雛形と汎神論的考えを元にした、神話学・人類学的作風となっている。
辺境の惑星で奴隷の身分であった一人の少年アナキン・スカイウォーカーとその子供達の成長、銀河系の自由と正義の守護者ジェダイと銀河系の悪と恐怖の信奉者シスの攻防、そして銀河規模の共同国家体である銀河共和国から銀河帝国への移行、その後銀河帝国の圧政に対する反乱により再び復活した「新共和国」への変遷を描いた物語である。
「スター・ウォーズ(STAR WARS)」ストーリー

「スター・ウォーズ(STAR WARS)」ストーリー

遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。
人類をはじめ多くの異星人種が共存する世界で、銀河共和国の下での平和を数万年に渡り保っていたのは、万物を司る力・フォースを操り、交渉や時にはライトセーバーを振るって争いを解決する者達「ジェダイ騎士団」の存在だった。
しかしその共和国にも停滞と腐敗が蔓延し、銀河系の秩序と平和は少しずつ崩れつつあった。そしてその裏で暗躍し、ジェダイへの復讐の機会を狙っていたのが、フォースの暗黒面の力で自らの野望を実現しようとする者達「シス」であった。
そんな中、銀河辺境の惑星タトゥイーンにおいて、伝説の「フォースにバランスをもたらす者」として一人の少年がジェダイにより見出された。その名はアナキン・スカイウォーカー。
師オビ=ワン・ケノービの許でジェダイとして成長し、銀河を二分するクローン大戦を戦い抜いたアナキンだが、元ナブー女王の元老院議員パドメ・アミダラとの禁断の愛、そして全ての黒幕であったシスの暗黒卿ダース・シディアスこと最高議長パルパティーンの奸計とによって、彼自身がフォースの暗黒面に墜ちてシスの暗黒卿ダース・ベイダーと化してしまう。
シスの陰謀によりジェダイは壊滅し、落ち延びたオビ=ワンと高師ヨーダは、パドメの遺したアナキンの子供達と共に姿を隠す。
20年後、銀河帝国皇帝パルパティーンの恐怖政治に対し、オルデラン王女レイア・オーガナらの率いる反乱同盟軍が自由と平和のための苦難の戦いを続けていた。彼女の密命を受けてタトゥイーンに降り立った2体のドロイド、R2-D2とC-3POは、そこで志を抱く青年ルーク・スカイウォーカーと出会う。老オビ=ワンから自分がジェダイの末裔である事を知らされたルークは、密輸屋ハン・ソロやチューバッカと共に同盟軍に加わる。ベイダーの手によって師オビ=ワンを失いながらも、フォースに覚醒したルークは帝国の究極兵器デス・スターを破壊する武勲を挙げる。
さらなる帝国軍との戦いとヨーダとの修行を経て、遂に宿敵ベイダーの正体が父アナキンである事を知ったルークは、父を暗黒面から解放すべく、ベイダー、そしてパルパティーンとの宿命の対決へと赴く。

『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』(1999年公開/3D版:2012年公開・いずれも実写)

『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』(STAR WARS EPISODE I: THE PHANTOM MENACE)は、1999年に公開されたアメリカのSF映像作品『スター・ウォーズ』シリーズの、主要実写映画第4作。

『ファントム・メナス』は日本語に直訳すると「見えざる脅威」を意味し、ダース・シディアスのことを指している。

2012年2月に3D版が公開されたが、厳密には全て3D変換されたわけではなく、一部は2Dのままである。
『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』

『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』

前作『エピソード6/ジェダイの帰還』から16年振りに製作された。

『スター・ウォーズ』シリーズの中ではストーリー上の序章であり、旧三部作(『エピソード4/新たなる希望』、『エピソード5/帝国の逆襲』、『エピソード6/ジェダイの帰還』)で主要な敵となるダース・ベイダーことアナキン・スカイウォーカーの少年時代を中心に描いた内容となっている。

ジョージ・ルーカスにとっては、『エピソード4/新たなる希望』で一度監督業から撤退して以来22年ぶりの監督作でもある。なお、旧三部作をきっかけに全世界の映画館が「ドルビーステレオシステム」を導入した。その関係で、本作がドルビーデジタルサラウンドEXの世界初の映画となった。

映画『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス 3D』予告編 - YouTube

『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』(2002年公開・実写)

『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』(STAR WARS EPISODE II: ATTACK OF THE CLONES)は、2002年に公開されたアメリカのSF映像作品『スター・ウォーズ』シリーズの、主要実写映画第5作。

2013年に3D版が公開される予定だったが、新シリーズ製作のために未完成となっている。
『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』

『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』

主人公であるアナキン・スカイウォーカーの苦悩や、パドメ・アミダラとの禁じられた恋愛、そして『エピソード4/新たなる希望』でオビ=ワン・ケノービの、ルーク・スカイウォーカーへの台詞に登場したクローン大戦が主要なテーマとなっている。

『エピソード5/帝国の逆襲』と同じく、本編そのものは物語が途中のまま終了する。

「スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃」トレーラー - YouTube

『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』(2008年公開・3DCGアニメ)

『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』(STAR WARS: THE CLONE WARS)は、2008年に公開されたアメリカのSF映像作品『スター・ウォーズ』シリーズの、主要3DCGアニメ映画。

『エピソード2/クローンの攻撃』と『エピソード3/シスの復讐』の間の物語で、『スター・ウォーズ』シリーズの映画では初めてクローン大戦だけを描いた作品である。
『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』

『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』

本作は、2003年11月から2005年5月までカートゥーン ネットワークで放送された2Dテレビアニメ『スター・ウォーズ クローン大戦』の直接の続編ではないものの、ダーク・ジェダイのアサージ・ヴェントレスや、銀河共和国軍の戦闘機V-19トラントが『スター・ウォーズ クローン大戦』に引き続き登場するなど設定を受け継いでいる部分もある。

その一方で、『エピソード1/ファントム・メナス』や『エピソード2/クローンの攻撃』で初登場し、その後『スター・ウォーズ クローン大戦』や本作、そして『エピソード3/シスの復讐』に引き続き登場する銀河共和国軍や独立星系連合軍の戦艦や輸送船、戦闘機、戦車、ドロイド等の仕様が何故か本作だけ一時的に変わっていたり、パダワンからジェダイ・ナイトへ昇格後のアナキン・スカイウォーカーの愛機が、損傷などにより使用できなくなった訳でも無いのに、何故か『スター・ウォーズ クローン大戦』のときとは全く違うなどといった矛盾点もある。

スターウォーズ クローンウォーズ予告編 - YouTube

52 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

新たなる希望、帝国の逆襲、ジェダイの復讐…映画「スター・ウォーズ」の歴代パンフレットが電子書籍となって復刻!!

新たなる希望、帝国の逆襲、ジェダイの復讐…映画「スター・ウォーズ」の歴代パンフレットが電子書籍となって復刻!!

SF映画の金字塔「スター・ウォーズ」シリーズにおいて発行された歴代の劇場パンフレットが、『スター・ウォーズ スカイウォーカー・サーガ 劇場パンフレット全集 1978-2019』として初の電子書籍化を果たしました。
隣人速報 | 474 view
皆勤賞が廃止の動き!?昭和の頃は当たり前だったのに姿を消したモノゴト

皆勤賞が廃止の動き!?昭和の頃は当たり前だったのに姿を消したモノゴト

学校を休まず毎日通い続けることで貰える「皆勤賞」。皆勤賞を目指して毎日頑張る子供たちも多くいるかと思いますが、このたびの新型コロナウイルスの感染拡大を受けて「皆勤賞って本当に必要か?」という疑問の声が各所から上がっています。
隣人速報 | 4,189 view
東村山に変な銅像が!?東京・東村山市が志村けんさんの銅像を建立するプロジェクトを始動させる!!

東村山に変な銅像が!?東京・東村山市が志村けんさんの銅像を建立するプロジェクトを始動させる!!

東京・東村山市は、今年3月に新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなった同市の名誉市民・志村けんさんの銅像を建立するため、クラウドファンディングサイト「READY FOR」にて資金獲得のための「ありがとう志村けんさん。東村山市に銅像をつくるプロジェクト」をスタートさせました。
隣人速報 | 1,365 view
青春パートII、卑弥呼、正午なり、西陣心中…伝説の映画製作会社「ATG」の作品群がDVDになって登場!!

青春パートII、卑弥呼、正午なり、西陣心中…伝説の映画製作会社「ATG」の作品群がDVDになって登場!!

キングレコードより、60年代から80年代にかけて活動し、既存の日本映画とは一線を画した傑作の数々を世に送り出した伝説の映画会社「日本アート・シアター・ギルド(ATG)」の作品群が、DVDで一挙に発売されることが決定しました。
隣人速報 | 1,950 view
ミドルエッジ男子必見!美保純「OH! !タカラヅカ」、泉じゅん「感じるんです」など日活ロマンポルノ作品が多数復刻!!

ミドルエッジ男子必見!美保純「OH! !タカラヅカ」、泉じゅん「感じるんです」など日活ロマンポルノ作品が多数復刻!!

1971年から1988年にかけて制作された「日活ロマンポルノ」が2016年に45周年を迎えたことを記念し、往年の名作10作品がDVD・Blu-rayとして発売されることが決定しました。
隣人速報 | 2,921 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト