乗客に日本人はいませんでした・・・暗い部屋で一人TVを付けたまま聴きたくなるイエモンの名曲『JAM』
2018年5月27日 更新

乗客に日本人はいませんでした・・・暗い部屋で一人TVを付けたまま聴きたくなるイエモンの名曲『JAM』

歌詞に強烈なインパクトがあるイエモンの名曲『JAM』。1996年に発売され「乗客に日本人はいませんでした」という歌詞が今も耳に残るイエモンの代表曲です。また、モット・ザ・フープルの楽曲『すべての若き野郎ども』をモチーフにしているとされる点も特集します。

3,165 view

1996年に生まれたTHE YELLOW MONKEY(イエモン)の名曲『JAM』

1996年2月にリリースされた「JAM/Tactics」(ジャム/タクティクス)。現在の所、THE YELLOW MONKEY(以下、イエモン)にとって唯一となる両A面シングルとなっています。
「JAM/Tactics」(ジャム/タクティクス)

「JAM/Tactics」(ジャム/タクティクス)

「JAM/Tactics」は長期間に渡って売れ続け、後のシングルで、イエモン最大のヒット曲となっている「BURN」の累計売上90万枚(オリコンでは66万枚)に次ぐ、累計80万枚(オリコンでは60万枚)のセールスを記録しました。

発売元は日本コロムビア・トライアドレーベルでした。
短冊形CDシングルの裏面

短冊形CDシングルの裏面

吉井和哉が実際に飛行機事故のニュースを見て、歌詞を書き上げた『JAM』

ハ長調で構成されている三連符のロックバラード曲である『JAM』。

歌詞に強いメッセージが込められているのが特徴です。例えば、外国で飛行機が堕ちたという事故をニュースキャスターが「乗客に日本人はいませんでした」と嬉しそうに伝えるショッキングな歌詞が印象的です。

これは作詞を担当したボーカルの吉井和哉さんが、実際に飛行機事故のTVニュースを見た際に、被害者に日本人が含まれていない事を笑みを浮かべながら伝えるニュースキャスターが居たとの事。
その時に浮かんだ疑問が、歌詞へストレートに反映されました。

また、吉井さんは2015年のライブMCで下記のように語っています。

《2015年のトライアド復活ライブ『TRIAD ROCKS -Columbia vs Triad-』でのMC》

今聞くとウソみたいと思うかもしれないけどさ、昔は外国で飛行機事故があったとき、ニュースキャスターは笑顔で「乗客に日本人はいませんでした」って言ってたんだよ。そう考えると、この曲を作ってよかったんだと思える。
ボーカルの吉井和哉(『JAM』のPVより )

ボーカルの吉井和哉(『JAM』のPVより )

さらに吉井さんによれば、外国での飛行機墜落事故を扱った部分の歌詞に注目が集まりがちですが、重要な点はその後の「こんな夜は逢いたくて〜また明日を待ってる」まで続くラインだと言います。

90年代中盤の日本では、悲しい事件や災害が多かった事から生まれた歌詞で、さらには「君に逢いたくて」という歌詞は普段あまり会えなかった娘に向けて歌っているそうです。

モット・ザ・フープルの『すべての若き野郎ども』に影響を受けた

イエモンのメジャーデビューに深く関わり、1996年7月に日本コロムビアを離れてファンハウス(現・アリオラジャパン)に移籍するまで楽曲制作に携わっていた当時のディレクターである宗清裕之さんによると、吉井さんはモット・ザ・フープルの『すべての若き野郎ども』という楽曲が頭にあり、「僕は日本の『すべての若き野郎ども』を作りたいんです」と語っていたと言います。

それが実現したのが『JAM』でした。『すべての若き野郎ども』をモチーフに楽曲が制作されたそうです。
1992年のデビューシングル「Romantist Ta...

1992年のデビューシングル「Romantist Taste」。宗清裕之さんがプロデュースしています。

グラムロックの先駆者であるデヴィッド・ボウイが、1972年にモット・ザ・フープルに提供した楽曲である『すべての若き野郎ども』。
バンドにとって初の全英シングルチャート入りを果たした楽曲で、今日ではロックのスタンダードナンバーとしても知られています。

吉井さんは「僕はデヴィッド・ボウイになりたかった。もっと言えばデヴィッド・ボウイになる為に、僕はTHE YELLOW MONKEYを結成したと言っても過言ではない」と公言する程に、デヴィッド・ボウイから影響を受けています。

おそらく彼が思春期に聴いていただろう同曲からも強いインパクトを感じ取っていたのではないでしょうか。
1974年頃のデヴィッド・ボウイ

1974年頃のデヴィッド・ボウイ

《吉井和哉は1996年にモット・ザ・フープルのトリビュート・アルバムに参加!》

モット・ザ・フープルのキーボーディスト、モーガン・フィッシャーは、1996年に世界初のモット・ザ・フープルのトリビュート・アルバム(コンピレーション)『MOTH POET HOTEL A TRIBUTE TO MOTT THE HOOPLE』をプロデュースした。

このアルバムの第1曲目が「すべての若き野郎ども」であり、モス・ポエト・オールスターズ(Moth Poet All Stars)がメドレー形式により歌う。モス・ポエト・オールスターズとはモーガン・フィッシャー、吉井和哉、甲本ヒロト、小暮 "SHÄKE" 武彦(レベッカ)、宮沢和史(THE BOOM)他によるボーカルメドレー参加者をいう。
※在庫切れ、価格変動がございます。
出典 amzn.to

Amazon | MOTH POET HOTEL~A TRIBUTE MOTT THE HOOPLE

270
※在庫切れ、価格変動がございます。

『JAM』と『バッカ』に関するエピソード

29 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

初代「たまごっち」が初の完全復刻!「お世話しないと死ぬ仕様」も再現されてます!!

初代「たまごっち」が初の完全復刻!「お世話しないと死ぬ仕様」も再現されてます!!

1996年に発売され、当時大流行した携帯型育成ゲーム・初代「たまごっち」を完全復刻した商品「祝20しゅーねん!たまごっち」が11月23日に発売されます。お世話しないと死ぬ仕様も完全再現!!
隣人速報 | 2,458 view
イエモンが3か月連続でシングル配信!第二弾の「Stars」がラジオ初オンエア決定!!

イエモンが3か月連続でシングル配信!第二弾の「Stars」がラジオ初オンエア決定!!

ジョン・カビラがナビゲートする「~JK RADIO~ TOKYO UNITED」の10月13日放送分で、THE YELLOW MONKEYの新曲「Stars」が初オンエアされます。全国のイエモンファンは必聴!!
隣人速報 | 480 view
世界初のフルCGアニメ『トイ・ストーリー』からウッディとバズ・ライトイヤーがディズニー初のアバターアプリに登場!

世界初のフルCGアニメ『トイ・ストーリー』からウッディとバズ・ライトイヤーがディズニー初のアバターアプリに登場!

1996年3月に公開されたディズニー配給のフルCGアニメーション『トイ・ストーリー』。アプリ『ディズニー マイリトルドール』に、同作の人気キャラ、ウッディとバズ・ライトイヤーがリトルドールとなって登場した。
初代から約80%小型化した「ちびたまごっち」が発売!17日(金)から秋葉原で先行発売も!!

初代から約80%小型化した「ちびたまごっち」が発売!17日(金)から秋葉原で先行発売も!!

バンダイ ガールズトイ事業部は、3月17日(金)から「かえってきた! ちびたまごっち」の先行販売イベントを東京・秋葉原の「ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba」で行う。時間は17時30分から。
THE YELLOW MONKEY(イエモン)×円谷プロ!新曲の予告映像を「帰ってきたウルトラマン風」で製作!

THE YELLOW MONKEY(イエモン)×円谷プロ!新曲の予告映像を「帰ってきたウルトラマン風」で製作!

1990年代から2000年代前半にかけて、数多くのヒット曲を生み出した伝説のロックバンドTHE YELLOW MONKEY(ザ・イエローモンキー)。今年復活した彼らの新曲『砂の塔』の予告映像が公開された。ウルトラマンの円谷プロダクションとの強力コラボによるものだ。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト