2016年2月2日 更新

電撃ネットワークは世界でも数々「やらかして」ました!ダチョウ倶楽部との因縁も含めまとめてます。

電撃ネットワーク。日本のお茶の間では少々過激な彼らは、日本を飛び出し、海外で絶大な人気を博しました。ダチョウ倶楽部のリーダーだったメンバーも居たり、デンマークの王女の前で「やらかした」メンバーもいたり、大変過激な集団です!

35,159 view

電撃ネットワーク メンバー紹介

各メンバー

各メンバー

ギュウゾウ

ギュウゾウ

名前 ギュウゾウ
所属事務所 ディグディグ株式会社
身長・体重 175cm
生年月日 1964年8月7日
血液型 O型
出身地 栃木県
特技
過激芸、DJ、司会;燻製作り、空手道、ネットサーフィンだぜ
ライバル
これから作るぜ
南部虎弾(なんぶ とらた)

南部虎弾(なんぶ とらた)

間違えましたっっ!

右下に小さく映っている方が南部虎弾です!
大きい画像は写真家の荒木経惟(アラーキー)。

似すぎだから!
南部虎弾(なんぶ とらた)

南部虎弾(なんぶ とらた)

名前 南部虎弾
ニックネーム 南部ちゃん
所属事務所 ディグディグ株式会社
今後の目標 杉兵助
身長・体重 168cm
生年月日 1951年7月14日
血液型 O型
出身地 山形県
特技
空手2段しかし大学生時代、乗馬200鞍
ライバル
ジャッカス〈アメリカ〉、ダーティサンチェス〈イギリス〉、エスパー伊東〈日本〉、日光猿軍団〈日本〉
三五十五(さんごじゅうご)

三五十五(さんごじゅうご)

出典 prtimes.jp
ニックネーム 三五十五
性別 男性
誕生日 1962年3月16日
血液型 A型
出身地 茨城県
お住まいの地域 東京都
職業詳細 電撃ネットワークのMC 演歌歌手など
ダンナ小柳(ダンナこやなぎ)

ダンナ小柳(ダンナこやなぎ)

エピソード・経歴
ダンナ小柳(だんなこやなぎ、本名:庭野敏和1968年10月2日)は、パフォーマンス集団「電撃ネットワーク」のメンバー。メンバーの中で一番背が高い(188㎝)。

新潟県十日町市出身。新潟県立塩沢商工高等学校中退。

ミュージカル養成所に入るものの、自分の才能に限界を感じ中退。その後南部虎弾と知り合い、電撃ネットワーク(以下「電撃」)を結成。芸名の由来は、当時小柳ルミ子の夫であった大澄賢也に似ている事から。

後に電撃が「TOKYO SHOCK BOYS」となるきっかけを作る。TVから追放され無為の日々を送っていた時、たまたま小柳が鼻に牛乳を入れてしまい、目から出たのを見た南部が「体を張ったパフォーマンスは受けるんじゃないか?海外なら」と思いついたのが全ての始まりであった。

デンマークの王女の前で「割り箸一本尻割り」を披露し、王女を失神させた事がある。

過去に乳首が一度芸で取れてしまったが、カサブタが取れたら新しい乳首が出来ていたとのこと。

グループ概要

 (1566093)

全員集合!!!!
1990年結成。
液体化したロウの中に顔を入れる「ワックスマン」、布団圧縮袋に入って空気を抜く「布団圧縮袋即身仏」など、怪我をするほど体を張った芸で人気となるが、日本では「危険すぎる」「子供が真似をする」といった声が多く活動が限られていた。

91年、アメリカ・ロサンゼルスの人気番組に出演したことを皮切りに世界進出をする。
オーストラリア公演(77公演、4万人動員)やニューヨーク・ブロードウェイ公演(3カ月71公演)を行うなど大成功し、欧米諸国では「TOKYO SHOCK BOYS」の名で知られている。

基本動作

電撃ネットワークの基本動作 - YouTube

観客煽り「両手を上げて両手を上げて~」

あのポーズいいなぁ、やっぱり!

テーマ曲

【CD】 「電撃ネットワークのテーマ」~THEMA O...

【CD】 「電撃ネットワークのテーマ」~THEMA OF TOKYO SHOCK BOYS~ (TSB-0001) Maxi

「電撃ネットワークのテーマ」が遂にCD化!

一度聴いたら忘れない「デンデゲデデデデ.....」のアノ曲です。
 (1566047)

その名の通り過激さが売り

南部虎弾は元ダチョウ倶楽部

かつて近藤芳正も所属していたコント集団「キムチ倶楽部」で3人は出会い、南部虎弾と4人でダチョウ倶楽部を結成した。

その後、ダチョウ倶楽部は、西のダウンタウン、東のダチョウ倶楽部と言われるも南部が脱退すると仕事が激減。

ダチョウ倶楽部の全身であるキムチ倶楽部は元々、20名の集団だった。しかし、新人コンテストに出る時には集団が崩壊していて、連絡が繋がったのが、今のダチョウ倶楽部の3人と南部虎弾だったと話した。

結成当時はダチョウ倶楽部は大人気だった。しかし、南部虎弾は派手な格好でツッコミをやると言い出し脱退したという。
 (1566125)

ダチョウ倶楽部時代
(右から2人目が南部)
これまで決して語られることのなかったダチョウ倶楽部との関係も少しだけ明かしている。

「ダチョウとのことはカッコ悪いから誰にも言わなかった。
でもクビになった後で一回だけ、たけしさんの『スーパージョッキー』の熱湯CMで共演する機会があって。ところがオレが湯船に入ったとき、3人の誰かにヒシャクで熱湯を背中にかけられてさ。

真っ赤に腫れ上がって後の競馬場での営業ができなかったほど。
普通なら殴り合いだけど、テレビカメラの前だったから自分の胸に収めたんだ。

誰が熱湯をかけたのか、もちろんオレは知ってるけどね」
 (1566106)

聞いてないよー!
決して、円満にグループを脱退したようではないですね!
う~ん、どちらも身体を張る芸ですが、張り方と目的が全然違いますよね。

スターウォーズ出演!?

 (1566131)

スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃
『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』は、出演騒動があったことからも印象的です。

1997年頃、TOKYO SHOCK BOYSの公演で渡米した時、ルーカス監督の秘書の方と知り合いだった友だちがいて 「応募しておいてあげたよ」と言われたんですよ。

秘書の方からも「あなたからの応募なら受けます」という 英語の手紙を頂いたものの音沙汰はなく、その後、オーストラリア公演の時にニュースを見た奥さんから 「おめでとう! スター・ウォーズ出るんだよね!」と電話がかかってきて(笑)。

結局、出演は果たせませんでしたが、公開前後は「ひょっとすると写真だけでもちらっと出ているかな」と ワクワクしていました。

海外での反応

下記の著書発売に際してのインタビューで、南部虎弾がいいこと言ってます!
失敗して学び続けないと、世界では通用しないんですね。
 (1566137)

絶対成功しない生き方 南部式幸福論
「確かに世界中で公演してるけど、スタンディング・オベーションを一度も受けたことがない。

ニューヨークのMSGで黒人のイベントに出演したとき、客席からカンやらビンやら投げられてさ。
でもね、その客たちが終わったら“悪かったな、応援するゼ”って言ってくれて。向こうじゃブーイングがあいさつだって気付いたんだ。

後々そういう痛みが糧(かて)になっていくわけ。ワザと失敗しようとは思っちゃいないけど、失敗を重ねることでしか世界には出て行けないんだよ」

公演

 (1566146)

オープニングアクトとして登場!
ホワイト・ステージのボルテージをMAXに!!
パフォーマーとしては異例の「FUJI ROCK FESTIVAL‘99」を皮切りに「SUMMER SONIC 2013」などへ出演し、精力的に活動。

2014年4月、東京では約5年ぶりとなる単独公演「デンゲキピック」を開催。

「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2014 in EZO」では2000人の観客が押し寄せるほどの人気があり、様々なジャンルで活躍している。
 (1566157)

恩人 デーブ・スペクター
1991年、デーブ・スペクターの紹介によりLAの人気番組「ベスト・オブ・ザ・ワースト」に出演。これが世界進出のきっかけとなった。

TOKYO SHOCK BOYSという名がついたのもこの時で、「電撃ネットワークじゃ外国人は発音できないから」とデーブが命名した。

1992年、カナダの世界的コメディフェスティバル「ジャスト・フォー・ラーフス」からの招待をうけ出演、大成功を収める。以降、世界中から出演依頼が入るようになる。

1994年、オーストラリアにて全77公演。4万人を動員。

1995年、スコットランド、デンマーク、オランダ、ドイツ全36公演。

デンマークでは女王マルグレーテ2世の前でパフォーマンスを披露し、翌日の新聞に大々的に取り上げられる。

1997年、ニューヨーク・オフブロードウェイに進出。3ヶ月で71公演という日本人初の快挙を成し遂げる。
ニューヨークで3ヶ月71公演って凄いですね!

日本のテレビ向きじゃなかった事が、結局世界へ目を向ける機会にもなったのかも知れませんね。
65 件

思い出を語ろう

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

嗚呼、大川興業!万年金欠集団の全貌を暴く!!江頭は現在も所属。あの「男同志」時代のエピソードも満載です!!

嗚呼、大川興業!万年金欠集団の全貌を暴く!!江頭は現在も所属。あの「男同志」時代のエピソードも満載です!!

大川興業は大川総裁を筆頭に、江頭2:50も所属するグループかつ芸能事務所。かつては松本ハウスも所属。また、本稿では、江頭2:50幻のコンビ「男同志」も特集します。
ひで語録 | 94,514 view
【一人ごっつ】1990年代後半、ダウンタウン松本人志伝説のお笑い番組!!【IPPONグランプリのルーツ】

【一人ごっつ】1990年代後半、ダウンタウン松本人志伝説のお笑い番組!!【IPPONグランプリのルーツ】

1990年代後半に放送された、松本人志が一人大喜利スタイルで挑むお笑い番組「一人ごっつ」。後に『IPPONグランプリ』や『すべらない話』などに引き継がれる、いわゆる即興系のお笑いセンスを試される番組で、松本人志の芸人としての志向性が色濃く反映された番組である。当時、お笑い意外にも活動の場を広げていった浜田雅功とは対照的に、松本人志がお笑いの新ジャンルを開拓するような試みだった。
青春の握り拳 | 8,514 view
沖縄アクターズスクール出身者が席巻していた時期がありましたね!夜もヒッパレに出過ぎな彼女達を今一度チェックしましょう!

沖縄アクターズスクール出身者が席巻していた時期がありましたね!夜もヒッパレに出過ぎな彼女達を今一度チェックしましょう!

沖縄アクターズスクール出身者が多く出演していた「THE夜もヒッパレ」。番組と共に彼女達を振り返ってみます!
ひで語録 | 8,437 view
アゴ勇とのコンビでスター誕生チャンピオン!怪談話の語り部としても活躍していた桜金造!松田優作との意外な関係もありました。

アゴ勇とのコンビでスター誕生チャンピオン!怪談話の語り部としても活躍していた桜金造!松田優作との意外な関係もありました。

「お笑いスター誕生!!」第七代目チャンピオンであり、怪談話の語り部としてのイメージもある桜金造。大活躍をしていた彼を振り返ってみます!
ひで語録 | 2,657 view
「元ジャニーズ」の肩書を背負う芸能人 「退社後も活躍している10人」を独断で勝手に発表します!

「元ジャニーズ」の肩書を背負う芸能人 「退社後も活躍している10人」を独断で勝手に発表します!

天下のジャニーズ。辞めてからもご活躍されている方々が多いのも、またジャニーズ出身者の凄いところ。ジャニーズを辞めた方々で、「活躍している10人」を勝手に選んでみました!完全に個人的選り好みですが、どうぞご覧ください!!
ひで語録 | 166,358 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト

懐かしい!記憶をくすぐる商品

(PR)アマゾンで購入可能