【宮下順子】ポルノから一般作まで幅広く活躍!プロフィール・代表作まとめ
2020年7月5日 更新

【宮下順子】ポルノから一般作まで幅広く活躍!プロフィール・代表作まとめ

ピンク映画に出演したことを機に、日活ロマンポルノや一般作品など幅広い分野で活躍された宮下順子さん。そんな彼女に注目して、今回は来歴やエピソード・代表作をまとめてみました。ぜひご覧になって、ご一緒に、その活躍ぶりを振り返っていきましょう。

1,056 view

幅広く活躍された女優・宮下順子さん

宮下順子さんのプロフィール

宮下順子さんのプロフィール

本名  :金沢英子
生年月日:1949年1月24日
出生地 :東京都世田谷区
職業  :女優
活動期間:1971年~

宮下順子さんの略歴

ピンク映画を通じて女優デビューした宮下順子さんは、日活ロマンポルノの作品にも出演するようになり、1970年代の人気を支えるほどの存在になりました。10年もの長期に渡り、日活ロマンポルノの作品に出演されていることで、その知名度も高くなっていきます。
1970年代の中盤からは一般の映画・テレビドラマにも活躍の場を広げ、日活ロマンポルノからは1980年に身を退かれていますが、その後も、女優として幅広い分野の作品に出演されました。
一般作品では主演といった位置付けではないものの、その演技力が評価され、数々の名作に出演されて重要な役どころを演じておられます。2018年までは女優として活動されていたようですが、近年では所属事務所テロワールの公式サイトに宮下順子さんの掲載は消されてしまっています。
年齢的には70歳を超えているはずなので、芸能界から距離を置いてのんびりと暮らされているのかもしれませんね。

宮下順子さんの主な代表作

ポルノ作品
『団地妻 忘れ得ぬ夜』

『団地妻 忘れ得ぬ夜』

公開:1972年
監督:遠藤三郎
出演:宮下順子
   桜マミ
   浜口竜哉
   弾力也
   森竜二

内容&あらすじ

人妻を狂わせた夜の宿。抗い拒みつつも官能の世界に没入する女の性!

秀一(浜口龍哉)との結婚後もOL生活を続けていた上坂律子(宮下順子)は、年に一度の箱根への社員旅行の夜、宴会の場で疲労から気を失ってしまう。目を覚ました律子がふらふらと廊下を歩いているといきなり後ろから空き部屋に連れ込まれ、浴衣を脱がされそのまま挿入されてしまう。朦朧とした意識と明りのない中で相手が誰かもわからなかった。誰かに知られたのでは、と不安を覚える律子だったが、身体に甦る快感が忘れられず秀一とのセックスに物足りなさを感じてしまうようになっていた。会社では律子に対してなんだかよそよそしい。あの夜のことが知られているのではと疑心を募らせる律子に対し、周囲の男たちは次々と律子に近づくが、誰が犯人か確信を得られないままだった。

おすすめポイント

宮下順子さんによる初主演のポルノ作品。若くて弾けるような身体、背徳感のある妖艶な濡れ場を堪能できる内容で見応えのあるコンテンツです。
犯されながらも、その時の快感が忘れられない人妻。そのシチュエーションが妙に艶かしくて興奮してしまいます。
『熟れすぎた乳房 人妻』

『熟れすぎた乳房 人妻』

公開:1973年
監督:曽根中生
出演:宮下順子
   白川和子
   相川圭子
   山口明美
   東郷ゆかり

内容&あらすじ

竹村忠夫と夏子(宮下順子)は結婚して7年。忠夫の浮気を淡々と受け止めつつ、夏子は過ぎ行く日々に不満を募らせていた。夏子の姉・春子(白川和子)は夫が海外出張していることを利用して夫の同僚・水野と密事に耽り、妹・冬子は学校の同級生の石井と楽しんでいた。ある日、冬子が石井を連れて夏子の自宅を訪れた。以来、石井は夏子に夢中になった。夏子が母の住む実家に出掛けると、石井はその後をつけた。夏子は石井の熱意に負け、その成熟した体で石井を受け止めた。実家からの帰宅途中、夏子は水野と出会った。水野は以前から夏子に魅せられていた。言葉たくみに誘う水野を夏子は拒否するが・・・。倦怠感漂う夫婦生活から自らの欲望を解放しようおとする人妻を描く初期ロマンポルノの傑作!

おすすめポイント

結婚生活を送っている夫婦なら、いけないことだと理解していても、本音ではそれを求めているところもあるのではないでしょうか。そんな妄想を映像化したもので、こういった願望をもっているようなら、本編を視聴していて共感する部分も多いはずです。倫理観に捕らわれず、普段は押さえ込んでいる気持ちを爆発させてみましょう。
『雨の夜の情事』

『雨の夜の情事』

公開:1973年
監督:白鳥信一
出演:宮下順子
   絵沢萠子
   続圭子
   井上博一
   浜口竜哉

内容&あらすじ

妻には恋人がいた。それを知ってか夫は蒸発してしまった。三年がたち、法律にしたがい結婚は解消され、女は恋人と結ばれた。だが、偶然以前の夫と再会、そのとき彼は記憶喪失になっていた。そんな彼を見た彼女の心に古い愛が芽ばえはじめ彼の記憶を取りもどす努力をするのだったが……

おすすめポイント

54 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

関連する記事こんな記事も人気です♪

【志麻いづみ】ポルノを中心に幅広く活躍した女優!経歴・代表作まとめ

【志麻いづみ】ポルノを中心に幅広く活躍した女優!経歴・代表作まとめ

1970年代から1980年代にかけて活躍した美人女優で、ポルノから一般映画・テレビドラマまで幅広い活躍をみせた志麻いづみさん。今回は、そんな彼女の美しさを振り返っていきたいと思います。経歴や代表作なども紹介していきますので、ぜひ記事をご覧になり、彼女の美貌を堪能なさってください。
tsukumo2403 | 2,885 view
日活ロマンポルノ熱狂時代・女優名鑑 55名

日活ロマンポルノ熱狂時代・女優名鑑 55名

日活ロマンポルノは1971年(昭和46年)11月に『団地妻 昼下りの情事』(白川和子主演)と、『色暦大奥秘話』(小川節子主演)を第1作としてスタートしました。以降、谷ナオミ(初代SMの女王)、田中真理、宮下順子、原悦子、泉じゅん、鹿沼えり、東てる美、高倉美貴、朝比奈順子、風祭ゆき、水原ゆう紀、美保純、可愛かずみ・・・数多くのスター女優が生れました。伝説の日活ロマンポルノの世界を支えた人気女優55名を振り返ってみましょう。
ガンモ | 822,049 view
80年代、思春期の興奮が蘇る!日活ロマンポルノ生誕45周年!新作の予告映像が公開!

80年代、思春期の興奮が蘇る!日活ロマンポルノ生誕45周年!新作の予告映像が公開!

日活株式会社が1971年に製作を開始した「日活ロマンポルノ」。白川和子や小川節子、美保純、可愛かずみらを輩出した成人映画シリーズだった。今年、生誕45周年を迎えるにあたって始まったロマンポルノリブートプロジェクト。その予告映像が公開されている。
【朝比奈順子】元タカラジェンヌでポルノにも出演!プロフィール・代表作まとめ

【朝比奈順子】元タカラジェンヌでポルノにも出演!プロフィール・代表作まとめ

宝塚出身の女優でありながら、ポルノ作品にも出演され、男性ファンを喜ばせた朝比奈順子さん。そんな彼女の全盛期にスポットを当て、その活躍ぶりや代表作を紹介していきたいと思います。フルヌード画像なども探してみましたので、ぜひ記事をご覧になってください。
tsukumo2403 | 2,661 view
【亜湖】一般向け映画からポルノまで幅広く活躍!プロフィール・代表作まとめ

【亜湖】一般向け映画からポルノまで幅広く活躍!プロフィール・代表作まとめ

主に1980年代に活躍して、ポルノから一般向けの映画・舞台など数々の作品に出演された亜湖さん。今回の記事では、そんな彼女に注目して、プロフィールや代表作を振り返っていきたいと思います。全盛期の亜湖さんの魅力や、現在の生活ぶりも覗いていきましょう。
tsukumo2403 | 1,547 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト