「機動戦士ガンダム」の隠れキャラ的モビルスーツ!?ジオン軍の「アッグシリーズ」3種と、「ゾゴック」!!
2018年4月27日 更新

「機動戦士ガンダム」の隠れキャラ的モビルスーツ!?ジオン軍の「アッグシリーズ」3種と、「ゾゴック」!!

ご存知、大人気の「機動戦士ガンダム」。登場ロボットのモビルスーツ、かっこいいですよね!!そのモビルスーツたちの中に、隠れキャラ的な存在のモビルスーツが4種あります。こんなモビルスーツあったの!?

34,963 view

「アッグシリーズ」と「ゾゴック」について

「アッグシリーズ」と「ゾゴック」のプラモデルの箱(側面)

「アッグシリーズ」と「ゾゴック」のプラモデルの箱(側面)

アッグシリーズは、テレビアニメ『機動戦士ガンダム』において、設定上存在する架空の兵器(モビルスーツ・略称:MS)群。アッグ、アッグガイ、ジュアッグの3種を指す。いずれも『機動戦士ガンダム』第29〜31話に登場するために設定されたが、本編には未登場。その後、アッグシリーズと同時期にデザインされ、同じく未登場のゾゴックも含めて『モビルスーツバリエーション (MSV)』の一種としてあつかわれている。
設定は作られたけど、本編では、未登場だった機体たちなのです。
私は、小学生のころ、ガンダム大百科?、ガンダム図鑑?のようなものを見て、初めて、この4機体の存在を知りました。「こんなモビルスーツもあるのかー!」って思いました。
そんなモビルスーツたちでも、プラモデルが発売されていましたー!!

ジャブロー攻略用の特務モビルスーツなんです!!

↑ジャブロー攻略作戦
「アッグシリーズ」と「ゾゴック」は、ジオン公国軍によりジャブロー攻略のために造られました。
アッグを除いて、型式番号上は水陸両用MSに分類されているが、その武装や運用方法から見ても純粋にジャブロー攻略のみを目的として開発されたものであり、海域を始めとした水中での運用は基本的に考慮されていない。各機体に役割が分担されており、アッグにより進入路を切り開き、ジュアッグによる後方からの砲撃後、アッグガイとゾゴックによる白兵戦に持ち込むという運用が計画されていた。しかし、これらの機体が投入される前にジオン軍はジャブロー進入路を発見、攻略作戦が発動された。同作戦は失敗に終わった上、主戦場が宇宙に移ったため、結果としてこれらの機体はジャブロー攻略には用いられなかったといわれる。
ジャブローは、南米アマゾン川流域にあるとされ、広大なジャングルに覆われた、強固な地盤の深地下にあったのです。地球上における、地球連邦軍最大の軍事基地であり、本部も置かれていました。
そのジャブローを攻略する目的で開発されたモビルスーツたちなんですね!!

「アッグシリーズ」3種と「ゾゴック」、それぞれ見ていきましょう!!

EMS-05 アッグ

 (1998546)

南米の天然鍾乳洞を利用して固い岩盤に守られているジャブローを地上から掘削して侵攻するために、胴部にレーザートーチ、両肩部にカッター、両腕部分にドリルを装備している。掘削の際にはバックパックと脚部後ろのスラスターの大推力で掘削装備をホバーで浮上しながらあくまで前面に力押しするかたちで運用されたとみられる。水中での運用は考慮されておらず、脚部のホバークラフトユニットを利用して水上を滑走する。切削後の砂礫はどのように処理するかが疑問点とされるが、ある程度は上部カッターで背後に掻き分けたようだ。ただし、ジャブロー侵攻のためだけに岩盤を破壊して掘削する機体であり、土砂の地山掘削には使用できなかったとみられる。
地上から掘削して侵攻し、進入路を切り開くための機体です。
両腕にドリル装備でかっこいい!!

MSM-04G ジュアッグ

 (1998554)

中距離支援用MS。アッグによって切り開いた侵攻ルートを通じて砲撃を行い、アッグガイ、ゾゴックの支援を行うことを目的とする。アッガイの試作案を転用して開発されたものの、装甲の強化に伴い重量が増加したため、水陸両用機でありながら水中での機動性は一応活動できる程度にとどまっていた。従来の設定では武装は両腕部の320mm 3連装ロケットランチャーのみとされていたが、『機動戦士ガンダムUC』に登場したダカール襲撃の残党軍仕様機では、両腕部は小型ロケット弾による速射性を高めたものに換装されており、胴体に4箇所ある開口部にビーム兵器が内蔵されている姿が確認できる。
後方よりの砲撃を行い、アッグガイ、ゾゴックの支援を行うことを目的としています。
それにしても、象さんみたいな長い鼻のような物はなんなんだろう?(笑)

MSM-04N アッグガイ

29 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • 🤖 2020/3/2 17:10

    カメラアイ”モノアイ”の光り方が不気味

    ヨタガラス 2018/5/1 20:23

    ガンプラブームの時、この4種類のモビルスーツについては、アニメには出てこなかったけど、設定上はあるとの話はありました。もちろんみんな買いましたが、子どもながらに商魂たくましいなぁとは、思いました。
    ジュアッグ は、気に入っていました。

    すべてのコメントを見る (2)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

一年戦争を中心に「ガンダム」と「ザク」を徹底特集したムック『ガンダム vs ザク 大解剖』が発売決定!!

一年戦争を中心に「ガンダム」と「ザク」を徹底特集したムック『ガンダム vs ザク 大解剖』が発売決定!!

三栄書房より、機動戦士ガンダムの一年戦争を「ガンダム」と「ザク」の視点から特集したムック『ガンダム vs ザク 大解剖』の発売が決定しました。発売予定日は2020年2月14日、価格は1100円(税込)。
隣人速報 | 2,979 view
「ガンダム40周年」に沸く2019年の年末!新たなガンプラやグッズの発売など、ファン必見のニュースが目白押し!!

「ガンダム40周年」に沸く2019年の年末!新たなガンプラやグッズの発売など、ファン必見のニュースが目白押し!!

ミドルエッジ世代であれば誰もが慣れ親しんだ機動戦士ガンダム。今年で放送から40周年を迎えました。そんなアニバーサリーイヤーに相応しい、グッズやイベントのニュースが続々と入ってきています。
隣人速報 | 3,049 view
参天製薬が謎の「#眼ダム」カウントダウンサイトを公開!ガンプラW杯2019の日本代表決定や新作ゲームの話題も!!

参天製薬が謎の「#眼ダム」カウントダウンサイトを公開!ガンプラW杯2019の日本代表決定や新作ゲームの話題も!!

サンテFXシリーズなどの目薬で知られる参天製薬がこのたび、「#眼ダム」の文字が添えられたロゴをSNSなどで公開、またカウントダウンサイト「眼ダム」をオープンし、大きな話題となっています。その他、「ガンプラW杯2019」の日本代表が決定といったニュースも!
隣人速報 | 1,762 view
「シャア」と「ジオン」をモデルとしたリバーシブルダウンが登場!時代を超えて愛されるシャアグッズの数々!!

「シャア」と「ジオン」をモデルとしたリバーシブルダウンが登場!時代を超えて愛されるシャアグッズの数々!!

機動戦士ガンダムの「シャア」「ジオン」をそれぞれモチーフとした「機動戦士ガンダム インナーダウン」が、バンダイのショッピングサイト「プレミアムバンダイ」や「バンコレ!」で現在予約受付中です。その他、最近発売が発表されているシャアグッズもご紹介!
隣人速報 | 1,575 view
あなたもジオニック社の社員に!?「ザク」でロボットの基礎を学ぶ学習教材「ZEONIC TECHNICS」が登場!!

あなたもジオニック社の社員に!?「ザク」でロボットの基礎を学ぶ学習教材「ZEONIC TECHNICS」が登場!!

機動戦士ガンダムの「ザク」を組み立てることでロボティクスやプログラミングの基礎を学ぶことが出来る教材「ZEONIC TECHNICS Robotics and Programming Course I」が現在予約受付中です。
隣人速報 | 1,029 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト