天下のプレイボーイ・ウォーレン・ビーティが主演したハートフル・ファンタジー映画の傑作「天国から来たチャンピオン」。
2017年8月22日 更新

天下のプレイボーイ・ウォーレン・ビーティが主演したハートフル・ファンタジー映画の傑作「天国から来たチャンピオン」。

最高のハートフル・ファンタジー映画「天国から来たチャンピオン」。「亡くなった人が天使の協力で戻ってくる」という設定の先駆けとなった作品であり、そのストーリーはよく知られていますね。主演のウォーレン・ビーティのプレイボーイぶりや撮影エピソードを中心にご紹介します。

492 view

天国から来たチャンピオン

人を信じ、そして愛し合う。かつてのアメリカ映画にはこうしたハートウォームな作品を代表的なジャンルのひとつとしていた時期がありました。
時代でしょうか、近年ではそうした映画が少なくなってきているようです。その点、70年代のアメリカはその手の映画の宝庫といって良いでしょう。

そんなハートウォームでファンタスティックな映画の代表が1978年の「天国から来たチャンピオン」です。
名作です。名作なだけに多くの方がこの映画のことはご存知でしょうから、この映画に関するエピソードを中心にご紹介します。
天国から来たチャンピオン

天国から来たチャンピオン

監督:ウォーレン・ベイティ、バック・ヘンリー
脚本:エレイン・メイ、ウォーレン・ベイティ
製作:ウォーレン・ベイティ
製作総指揮:ハワード・W・コッチ・Jr、チャールズ・H・マグワイア
出演者:ウォーレン・ベイティ、ジュリー・クリスティ 他
音楽:デイヴ・グルーシン
撮影:ウィリアム・A・フレイカー
編集:ロバート・C・ジョーンズ、ドン・ジマーマン
製作会社:パラマウント映画
公開:1978年
上映時間:101分
「天国から来たチャンピオン」は、第51回アカデミー賞で9部門にノミネートされ、美術監督・装置賞を受賞しています。

この映画のキャッチコピーにあるように「人間っていいなぁ」と思わず言いたくなる、そんな魅力に溢れている作品です。

エピソード

「天国から来たチャンピオン」は、ハリー・シーガルの舞台劇「Heaven Can Wait」を原作とする1941年に映画化された「幽霊紐育を歩く」のリメイク作品です。

原題は原作同様に「Heaven Can Wait」です。直訳せずに「天国から来たチャンピオン」としたところが素晴らしいですね。当時の感覚では“天国は待ってくれる”だと厳しいものがあります。ヒットさせるにはタイトルは大事ですから。
しかし、良いタイトルではありますが、主人公はアメリカンフットボールの選手です。アメリカンフットボール最大のイベントであるスーパーボウルで優勝を狙っているとはいえ、「チャンピオン」というのは違和感があるにはあります。いくら優れた選手であってもアメリカンフットボールは団体競技ですからねぇ。主人公のことをチャンピオンと言うのは如何なものでしょう。
もしかすると、オリジナルでは主人公がボクシングの選手だったことに由来するのかもしれません。本作も当初、主人公はボクシングの選手として企画されており、主役には元ヘビー級チャンピョンのモハメド・アリを予定していたのだとか。
結局モハメド・アリに断られたためウォーレン・ベイティが自ら主役を務めることになり学生時代にやっていたアメリカンフットボールに変更したのです。

ウォーレン・ビーティは、高校時代にアメリカンフットボールのオールスター・チームでセンターとして活躍していたらしいですよ。
天国から来たチャンピオン

天国から来たチャンピオン

スーパーボウルで勝ち、ヒーローインタビューを受けるトムとなったジョー
アメリカンフットボールシーンの撮影は、ディーコン・ジョーンズ、レス・ジョセフソンといった本物の元ロサンゼルス・ラムズのスター選手を出演させています。
往年のアメリカンフットボール・ファンには見逃せませんね。

また、見どころのひとつに主人公が住むことになる青年実業家の大豪邸があります。
天国から来たチャンピオン

天国から来たチャンピオン

豪邸の庭に隠れる青年実業家の妻と秘書
この豪邸はカリフォルニアに実在するフィローリ邸といって総面積39エーカーもあり、そのうちの17エーカーが見事に手入れされた庭園となっています。因みに部屋数は45もあるのだとか!
現在アメリカの保存財団の管理下にあり観光名所になっているようです。

出演

「天国から来たチャンピオン」の制作と主演を務めたのはウォーレン・ビーティです。本作ではバック・ヘンリーと共に監督をエレイン・メイと共に脚本も務めています。

アカデミー監督賞を受賞した「レッズ」をはじめ、多くの作品で監督、脚本を担当しているウォーレン・ビーティですが、「天国から来たチャンピオン」は彼の監督第一作目になります。

ところで、ウォーレン・ベイティという名前ですが、ミドルエイジ以上の方にとってはウォーレン・ビューティーと言った方が馴染みがあるのではないでしょうか?
ウォーレン・ビーティやウォーレン・ベーティといった表記をされることもあるようですが、発音に近いということで、本人の意向により現在ではウォーレン・ベイティとされているようです。
ウォーレン・ベイティ

ウォーレン・ベイティ

本名:Henry Warren Beaty
生年月日:1937年3月30日
出生地:アメリカ バージニア州リッチモンド
レスリー・キャロン、キャリー・フィッシャー、カトリーヌ・ドヌーヴ、フェイ・ダナウェイ、ダリル・ハンナ、メラニー・グリフィス、バーバラ・ハーシー、ジョーン・コリンズ、ウルスラ・アンドレス、マリア・カラス、ジャクリーン・ケネディ、ナタリー・ウッド、ジュリー・クリスティ、ダイアン・キートン、それからイザベル・アジャーニにマドンナ。

さて、この錚々たる顔ぶれの女優リストは何だと思いますか?これはウォーレン・ベイティの女性遍歴なんです。
若い頃はハリウッド1のモテ男と呼ばれていましたからね。何でも共演した女優とは恋仲になるのだとか。

そんなウォーレン・ベイティの代表作といえば「俺たちに明日はない」でしょう。
俺たちに明日はない

俺たちに明日はない

「俺たちに明日はない」は、アメリカン・ニューシネマを代表する1本としていまだに語り継がれている名作です。
共演はフェイ・ダナウェイ。先の女性遍歴リストにも当然入っています。

その女性遍歴リストですが、歌手のマドンナが入っていることを不思議に思われる方がいるかもしれませんね。
ご記憶の良い方なら覚えているかもしれませんが、そうです2人は共演しているんですね。
ディック・トレイシー

ディック・トレイシー

アメリカン・コミックを映画化した1990年公開の「ディック・トレイシー」です。

そして「天国から来たチャンピオン」ですが、共演はジュリー・クリスティ。当然のように実生活でも2人は恋に落ちています。
ジュリー・クリスティ

ジュリー・クリスティ

本名:Julie Frances Christie
生年月日:1941年4月14日
出生地:イギリス領インド帝国アッサム州チュークア
活動期間:1957年~
ジュリー・クリスティ。とても知的で素敵な女性です。ウォーレン・ビーティの恋人にしておくにはもったいない!と思わず声を荒げてしまいそうですが、確かにウォーレン・ビーティも素敵ですからね。
32 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

映画『天国から来たチャンピオン』天国職員のミスで、寿命が50年あるのに死亡した!!

映画『天国から来たチャンピオン』天国職員のミスで、寿命が50年あるのに死亡した!!

この映画は、「幽霊紐育を歩く」をリメイクしたいウォーレン・べイティが、制作から主演など自ら行ったファンタジー作品でした。主人公が事故に遭い、間違って死亡し、他人の肉体に宿り、新たな人生をスタートするお話です。
星ゾラ | 1,293 view
アカデミー賞受賞を逃してしまった優秀傑作映画、あれこれ!!⑤

アカデミー賞受賞を逃してしまった優秀傑作映画、あれこれ!!⑤

アカデミー賞受賞を逃してしまった優秀傑作映画、あれこれ!!④では1978年頃までのアカデミー賞を受賞できなかった「名作・傑作」映画をご紹介したが、その続きを書こうと思う。さて、どんな作品があるのでしょうか!?
ジャッキー・チェン主演の最新作『スキップ・トレース』 映像&ポスター解禁!9月に公開予定!!

ジャッキー・チェン主演の最新作『スキップ・トレース』 映像&ポスター解禁!9月に公開予定!!

ジャッキー・チェンの最新作『スキップ・トレース』が9月に公開予定されており、その映画の特報&ティザーポスターが解禁。本作でジャッキーが迫力のアクションシーンを見せつける。
red | 1,278 view
ディズニー映画「美女と野獣」のロマンチックな世界観を表現したジュエリーコレクションが登場!

ディズニー映画「美女と野獣」のロマンチックな世界観を表現したジュエリーコレクションが登場!

ディズニー映画「美女と野獣」のロマンチックな世界観を表現したジュエリーコレクションが、全国のTHE KISS 直営店 、THE KISS 公式オンラインショップほかにて発売された。
red | 369 view
ジャック・ニコルソンが映画復帰か、「ありがとう、トニ・エルドマン」リメイク版に主演!

ジャック・ニコルソンが映画復帰か、「ありがとう、トニ・エルドマン」リメイク版に主演!

引退説が浮上していた名優ジャック・ニコルソンが、ドイツ映画「ありがとう、トニ・エルドマン」のハリウッド・リメイク版に主演することが明らかになった。ニコルソンの映画復帰か、期待が高まる。
red | 746 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト