『SUPER STUPID』バンドの曲が新日本プロレスの棚橋弘至の選手入場のテーマソングになった!!
2016年12月5日 更新

『SUPER STUPID』バンドの曲が新日本プロレスの棚橋弘至の選手入場のテーマソングになった!!

スリーピースロックバンド「SUPER STUPID」は、1990年代のインディーズバンドの代表格的存在のHi-STANDARDとともに活躍しました。活動中は、2枚のアルバムをリリースします。また、新日本プロレスの棚橋弘至の選手入場のテーマソングにバンドの曲が使用され、今でも、新日本プロレスの別ブランド興行にて使用されています。

2,748 view

SUPER STUPID(スーパー・ステューピッド)

SUPER STUPID(スーパー・ステューピッド)

SUPER STUPID(スーパー・ステューピッド)

1994年に結成された日本のスリーピースロックバンドである1999年活動停止。
パンクの精神を持ちつつ,ジャズ,ブルース,ロック,ファンクからフュージョンまで入ってます.しかも,ただのミクスチャーではなく,きっちり演奏しきっているところがスゴい.バカを超越した脅威のスリーピースバンド!!

メンバー

市川 昌之(Vo.,Ba.)

市川 昌之(Vo.,Ba.)

現在はソロミュージシャンLOW IQ 01としてavex傘下のcutting edgeよりメジャーデビューして活動中。
大高ジャッキー(Vo.,Gt.)

大高ジャッキー(Vo.,Gt.)

ソロ・ミュージシャン「chietronix aka 大高ジャッキー」として活動中。
佐藤浩(Dr.)

佐藤浩(Dr.)

(ex.COCOBAT,GRUBBY) 現在、COKEHEAD HIPSTARSのドラマーとして活動中。
出典 a-files.jp

【SUPER STUPIDについて】

当時のシーンを思い返せば、周辺にはゴリゴリのハードコアバンドなんかも沢山いて、ライブハウスは大いに盛り上がっていた頃。

メロコアと一言で括ってしまえばそれまでだけど、super stupidは明らかにそのシーンで異彩を放ちつつ、それでいて誰よりも愛された無二のバンドだった気がします。

思わず口ずさむキャッチーなメロディを基調に、時には民族音楽だったりエレクトリックな要素も消化する雑食性、変態的なまでのサウンドへのこだわりだったり、「DISCO」みたいな曲もやっちゃう茶目っ気だったり。

それでいて聴く者に元気をくれるどこまでもエヴァーグリーンな眩しさを持っている。

バンド経歴

1994年6月にアクロバット・パンチのベーシストだったLOW-IQと大高ジャッキーの二人でバンドを結成しました。

1995年にPULL UP FROM THE UNDERGROUNDの第2弾として、SUPER STUPIDは、Hi-STANDARD難波、COKEHEAD HIPSTERSのKOBAらのバンドとのSPLIT LPをリリースします。

しかし、この頃は、まだドラムの浩は加入していませんでした。

【浩がドラマーに加入するまでの事を語っています】

その時のSUPER STUPIDのドラムのヘルプがハイスタンダードの恒ちゃんで、恒ちゃんが抜けて、その後もう1人ドラマーがいて、次に俺の出番になったのね!
『おまえやんないか?』って言われてそれでイッチャンに拾われてトントン拍子でSUPER STUPIDをやる事になったんだよ。
1996年1月に浩は、正式メンバーとして加入します。 
S.Sはまだ何百人もお客さん呼べてない頃だったと思う。ハイスタは盛り上がり始めた時期かな。そんな中、ソニーのレーベルからファーストアルバムの「WHAT A HELL’S GOING ON」をリリースして。
LOW IQ 01さんはこのSUPER STUPIDのファースト・アルバムをリリースした時にあたりから、職業として音楽を意識し始めたといいます。

自分の書いた曲がアルバムとなり、世に出て、10代の頃の「ああなりたい、こうなりたい」という漠然とした願望から、「こういうふうにすれば夢に近づくんだな」という確かな手応えがあったと語り、このファーストアルバムのリリースは非常に重みのあるものだと語っていました。

【CD新譜コメント】

このアルバム1枚でジャンルを作ったと言っても過言ではなく、パンク、ジャズ、スカ、ダブ・・・などなど、様々なサウンドを絶妙なバランスで取り入れ見事に自分たちの音にしている。本当の意味のミクスチャーバンドだったのかもしれません。中でも「SUPER STUPIDⅡ」は誰もが「ウー!スーパーステューピッド!!」と無意識に叫んでしまうはず!あまり知られてないかもしれませんがあの ZEEBRA率いるキングギドラとも共演していて、ヒップホップも見事にSUPER STUPID節に完成されており、まさに何でも来いといった怖いもの知らずのアルバムです。LOW-IQ-01は「10年聴けるようなアルバムにしたい」と言ってたみたいですが、まさにその通り!彼の類まれなセンスがギッシリ詰まっており、原点がここにあります。
その後、SUPER STUPIDは、所属している会社と問題があったようで離れます。そして、PIZZA OF DEATH RECORDSというインディーズレーベルから2ndアルバムをリリースします。
52 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「情熱の薔薇」など、ブルーハーツのワーナー時代の楽曲がリマスターで配信開始!ミドルエッジの特設サイトも要チェック!

「情熱の薔薇」など、ブルーハーツのワーナー時代の楽曲がリマスターで配信開始!ミドルエッジの特設サイトも要チェック!

ワーナー時代にTHE BLUE HEARTSが発表したシングル全作品のリマスター版、そして30周年記念ベストの「ワーナー盤」のダウンロード配信がスタート!
隣人速報 | 1,813 view
伝説のパンクバンド「アナーキー」!逸見泰成の死を乗り越え、18年ぶりにアルバムを発表!!

伝説のパンクバンド「アナーキー」!逸見泰成の死を乗り越え、18年ぶりにアルバムを発表!!

和製パンクバンドの始祖として名高い亜無亜危異(アナーキー)が、18年ぶりの新作アルバム「パンクロックの奴隷」をリリースすることが明らかとなりました。発売予定日は9月5日。
隣人速報 | 5,790 view
“日本語ロック”の先駆者「ジャックス」の元メンバー・木田高介の入手困難な名盤がついにCD化!!

“日本語ロック”の先駆者「ジャックス」の元メンバー・木田高介の入手困難な名盤がついにCD化!!

元ジャックスのメンバーで、作曲家・編曲家・プロデューサーとしても日本のフォーク/ロック創生期に重要な役割を果たした木田高介唯一のソロ名義アルバム『DOG'S MAP & CAT'S MAP』が、ソニーミュージックの通販サイト「オーダーメイドファクトリー」からCD再発されることが決定しました。
隣人速報 | 504 view
シーナ&ロケッツがついにデビュー40周年!ビクターとソニーから2枚組ベストがそれぞれ発売されます!!

シーナ&ロケッツがついにデビュー40周年!ビクターとソニーから2枚組ベストがそれぞれ発売されます!!

1978年のデビュー以来、日本のロックシーンを牽引してきた「シーナ&ロケッツ」。今年でデビュー40周年を迎えます。それを記念し、ソニーとビクターから2枚組ベスト盤「ゴールデン☆ベスト」がそれぞれ発売されます。発売予定日はソニー盤が2018年2月28日、ビクター盤が2018年3月28日となっています。
隣人速報 | 806 view
2000年までのグリーン・デイの名曲を振り返る

2000年までのグリーン・デイの名曲を振り返る

この記事では、グリーン・デイの名曲を振り返りたいと思います(^^)/ 比較的新しめの曲が多くなってしまいますが、間違いなく名曲なので、是非一度聴いてみてくださいね!
つきねこ | 1,160 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト