マラドーナ80年代から現在まで面白画像
2017年3月10日 更新

マラドーナ80年代から現在まで面白画像

伝説のサッカー選手アルゼンチン出身ディエゴ・マラドーナ氏、1986年のメキシコ・ワールドカップで、「神の手ゴール」で話題となりました。1960年生まれ、今やミドルエッジのマラドーナの80年代から現在までの面白画像です。

12,049 view

ディエゴ・マラドーナ

マラドーナの30年前の素晴らしいプレーの数々ダイジェスト映像です。

現役時代のディエゴ・マラドーナ動画

Diego Maradona Jump - YouTube

現役時代のディエゴ・マラドーナ選手を見てみよう!

セレブ マラドーナ画像

 (1570450)

キューバ産の葉巻を吸いながら♪
クルージング中のセレブ マラドーナ氏

ベッカム、メッシからのネイマールまで、最近はサッカー選手のタトゥー(刺青)は常識となっています。

ディエゴ・マラドーナは右腕にアルゼンチン生まれの
革命家で、キューバのゲリラ指導者。
「チェ・ゲバラ」のタトゥーを入れています。
Not PC | ¿Qué Sé Yo, Argentina? | Page 2 (1570442)

数は多くないが深い!女性の噂も色々あります。
女性とすぐに深い関係になるらしい、マラドーナ氏の水着姿

15歳の時に近所に住んでいた初婚相手、クラウディア・ビジャファーネと知り合います。
SSCナポリに所属していた、1985年アメリカ人モデルと関係を持ち、1986年にはナポリの女性がディエゴ・マラドーナ・ジュニアを出産しています。

天才マラドーナの曲芸 

Maradona funny - YouTube

1989年、ウォーミングアップ中のマラドーナ、ボールが生きているように見える曲芸技

この年11月クラウディア前夫人と結婚する。2004年離婚。


calcio Warm-Up Maradona UEFA-Cup semi-final 1989

マラドーナ コケイン使用により逮捕される

 (1842846)

1991年4月26日、アルゼンチン、ブエノスアイレスでコカイン使用ののためのマラドーナは逮捕された。
お薬関係はイタリア、ナポリ時代に簡単に入手でき中毒になったという噂。

この時、マラドーナは日本チームへの入団が決まっていたんですよ。

マラドーナのドーピング事件

時事ドットコム:特集 ディエゴ・マラドーナ W杯全戦績 (1576540)

1994 FIFAワールドカップでは、試合後のドーピング検査で尿から使用禁止薬物が検出され、大会からの即時追放と15ヵ月の出場停止処分を受けた。

この時のアルゼンチンチームには、バティストゥータ、シメオネ、オルテガなどがいた。

マラドーナの抱える問題、肥満・アルコール・薬物 リハビリ

 (1570443)

身長160㎝、体重136㎏って、これくらい?

1999年に現役を引退したマラドーナは過食により、体重は30キロ以上増えた。
その後も太り続け、ついにオーストラリアの減量施設に入所し、ダイエットは成功する。

2007年3月マラドーナは倒れ、ブエノスアイレスの病院に運ばれる、アルコール中毒で入院し、精神科医の治療を受ける。
 (1570451)

2000年、キューバのハバナで、太り過ぎのためにリハビリ中のマラドーナ。

じつは、コカイン中毒のリハビリ中で友人のカストロが一役買っているという噂もあった。

2010年のワールドカップ

 (1570457)

2010年のワールドカップ

じっとベンチに座っていられない、
マラドーナ監督は、
試合をみながら、自らゴール!!
 (1570468)

マラドーナさん、ご自分のボールに神の手が必要?

試合中にちょっと、どこかへ行ってしまう?
いえいえ、オフサイドについて審判に
「ちょっとだけでしょ?」
な~んて言っている!
31 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

著者ディエゴ・マラドーナ。自伝で語った「神の手」「五人抜き」ゴールの真実。ハンドを疑う同僚には『口をつぐめ』!

著者ディエゴ・マラドーナ。自伝で語った「神の手」「五人抜き」ゴールの真実。ハンドを疑う同僚には『口をつぐめ』!

株式会社東洋館出版社から、6月15日にサッカー界のスーパースター、ディエゴ・マラドーナが、1986年のメキシコW杯について語った『マラドーナ独白 ―1986年のメキシコW杯―』が刊行されます。自ら語った「神の手」「五人抜き」ゴールの真実とは。
「サッカーワールドカップに出場するまで43年 チームのエースナンバー「10」を背負ってきた日本の名選手たち」

「サッカーワールドカップに出場するまで43年 チームのエースナンバー「10」を背負ってきた日本の名選手たち」

スポーツにおいて選手の代名詞となりうる存在の背番号。野球のエースナンバーは「18」番ですが、サッカーは「10」番がエースナンバーとされています。1954年スイス大会の予選初参加から1997年にフランス大会で初出場が決まるまで実に43年の長い年月がかかりました。今回はワールドカップに最も近づいたと言われる1980年代半ばから本大会出場が決まるまで背番号10番をつけた日本のエースの中から数人紹介したいと思います。
pepe | 3,272 view
レヴァンドフスキはラトーを超えられるか?2度ワールドカップで3位になったポーランド代表の歴史!得点王も輩出!

レヴァンドフスキはラトーを超えられるか?2度ワールドカップで3位になったポーランド代表の歴史!得点王も輩出!

2018年ロシアワールドカップに出場したレヴァンドフスキ擁するポーランド代表。70~80年代のワールドカップで3位に輝き黄金期を迎えていました。当時はラトーら得点源となるFWがいました。ワールドカップでの成績とレヴァンドフスキをも凌駕する選手を特集。
ひで語録 | 450 view
サッカー『サウジアラビア代表』5人抜きをした砂漠のマラドーナや砂漠のペレなど実は名選手が多いW杯常連国!

サッカー『サウジアラビア代表』5人抜きをした砂漠のマラドーナや砂漠のペレなど実は名選手が多いW杯常連国!

アジアのサッカー強豪国・サウジアラビア。1994年のワールドカップ。アメリカ大会では5人抜きのゴールをした「砂漠のマラドーナ」ことサイード・アル=オワイランなど突出した選手がいました。サウジアラビアのワールドカップ挑戦の歴史や勝敗を記事にします。
ひで語録 | 825 view
消えた純国産サッカースパイク『YASUDA』が復活!?現在資金を募集中!発起人は元ヤスダ愛用者の佐藤さんです!

消えた純国産サッカースパイク『YASUDA』が復活!?現在資金を募集中!発起人は元ヤスダ愛用者の佐藤さんです!

日本初の純国産サッカースパイクメーカーだったYASUDA。2002年の日韓ワールドカップ直前に姿を消した老舗メーカー。少年時代に愛用していたという佐藤さんが発起人となり、クラウドファンディング「ルートエフ!」でYASUDAスパイクの復刻企画が行われている。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト