「外れるのはカズ、三浦カズ」から20年。カズの当日の様子と合宿地から金髪で帰国するまでの空白の足取りを追う
2018年5月14日 更新

「外れるのはカズ、三浦カズ」から20年。カズの当日の様子と合宿地から金髪で帰国するまでの空白の足取りを追う

1998年6月。サッカー日本代表初のワールドカップ出場となるフランス大会直前。エース・カズ(三浦知良)の代表落ちが話題をさらった。スイス「ニヨンの屈辱」とも言われるカズの落選から、成田空港に金髪で現れるまでの空白の足取りを振り返ってみる。

7,837 view

「外れるのはカズ、三浦カズ」から20年。落選の報告を受けた6月のスイス・ニヨン

1998年に日本が悲願のサッカーワールドカップ初出場を果たしてから20年。
ハリル氏が日本代表監督が解任され、アトランタ五輪で「マイアミの奇跡」を起こした西野氏が、6月のロシアワールドカップで指揮を執る事となった。

日本サッカー界に激震が走ったが、今回の監督交代劇よりもインパクトのあった出来事と言えば、フランスワールドカップ直前の「カズ(三浦知良)の代表落ち」ではないだろうか。
カズ(三浦知良)

カズ(三浦知良)

最終予選 第1節・対ウズベキスタン戦のスターティングメンバ―

最終予選 第1節・対ウズベキスタン戦のスターティングメンバ―

大事な初戦。「ドーハの悲劇」を乗り越え、30歳で迎えた最終予選。カズは4得点と大暴れしたがその後は得点を挙げれず・・・。

(カズは後方、最右)

《ニヨンの屈辱》

1998年6月、日本代表の合宿地のスイス・ニヨンのホテル。
フランスワールドカップに出場する選手登録は22人。その登録締め切り直前、岡田監督は選手選考に頭を悩ませていた。

マリオGKコーチが、GKは3人必要と強く訴えていた。初戦のアルゼンチンとの試合を考えると、屈強な相手チームとの実力差からもGKの怪我があり得るとの判断であった。

岡田監督は小野コーチらと発表前日の夜から深夜まで、あらゆるシチュエーション、選手の組み合わせを考えたという。
岡田武史監督

岡田武史監督

そして、最後は自分で熟考するとした岡田監督が、翌昼前に自分の部屋に呼び出したのはカズだった。落選を伝えると、岡田監督が驚くほどにカズは大きく落胆したという。

しかし、FWの柱を城彰二に据えており、カズが代表入りする道は残されていなかったのだ。

その後、チームと帯同する選択もあったが、カズという精神的支柱が代表落ちし、その選手が残る事は他の選手に対して得策ではないと判断が下された。
また、他に落選した北澤豪、市川大祐の内、北澤もカズと同様の判断がなされている。

《外れるのはカズ、三浦カズ》

岡田監督が記者たちの前で、代表落ちしたメンバーを伝える...

岡田監督が記者たちの前で、代表落ちしたメンバーを伝えるあまりにも有名なシーン。

岡田監督から電話で落選を知らされた北澤は、相談しようとカズの部屋に向かった。するとカズが荷物をまとめている姿が目に入った。カズの落選を知らなかった北澤は「カズさんが外れたのか」と驚いたという。
その場には中山雅史と井原正巳もいたが、誰も何も言えない雰囲気だった。

そんな状況にあっても、カズは落選報告を受けた後に、同じFWとしてしのぎを削ってきた中山の部屋を訪れ、中山を鼓舞する言葉を掛けたという。

そして、カズと北澤が部屋を出ると、カズの背番号「11」を受け継ぐ事になった小野伸二が「おれ、頑張ります」と声を掛けてきたという。

そして、ホテルを出た二人はそのまま日本へは帰らずに、イタリア・ミラノへと向かった。
高校生ながら日本代表へと招集された市川大祐

高校生ながら日本代表へと招集された市川大祐

日本サッカー界に現れた若き天才・小野伸二

日本サッカー界に現れた若き天才・小野伸二

スイスからイタリア、そして日本へ帰国

イタリア行きを決める前にはドイツ、フランスという選択肢もあったが、1994年にカズがイタリアのジェノアCFCでプレーしていた事もあり、イタリアが目的地となった。そして、ここから空白の時間が始まった。

記者たちからの質問攻めを避ける為に、移動手段は飛行機ではなく、自動車を選んだ。イタリアへと向かう車内は静まり返り、カズも北澤も個々に心の整理をしていた。

94_1204「ジェノアvsサンプドリア」「三浦和良 初ゴール」

《カズが北澤に掛けた言葉》

ミラノに入るとカズの道案内でホテルへと到着した一行。カズがプライベートでも使うホテルのスイートルームで身体と心を休めた。

その時、カズは北澤に対して「キー、俺たち、ヴェルディがあってよかったな。ずっと代表でやってきて、代表の自分たちっていうふうに思っていたけど、代表はダメだった。でも、俺たちにはサッカーをやれる場所がある。そういう意味で、クラブは大事だし、ヴェルディに感謝しないとな」とポジティブな言葉を掛けたという。

(※webSportiva「北澤豪が「これだけは許せなかった」という岡田監督の裏切り采配」より引用)
「中盤のダイナモ」と称され、豊富な運動量を誇った北澤豪

「中盤のダイナモ」と称され、豊富な運動量を誇った北澤豪

落選を知らされてから一日が過ぎても、ドーハの悲劇の事も含め、色々と考えてしまったという北澤だったが、それでも久しぶりにゆったりとした時間を過ごす事が出来た。カズはその間に美容室で髪を金色に染め上げた。

その後、人目に付かないようほぼホテルにいた二人は、3日間を過ごしたミラノを後にし、日本へと向けて機上の人となった。
28 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

フランスW杯で日本と対戦したアルゼンチン代表の問題児・オルテガ!

フランスW杯で日本と対戦したアルゼンチン代表の問題児・オルテガ!

ディエゴ・マラドーナの再来と言われたドリブラー・オルテガは問題児だった。プレイではマラドーナ程のインパクトは残せなかったものの、W杯には1994年、1998年、2002年とメンバー入りしている。また、フランスW杯では日本代表と対戦している。
ひで語録 | 6,116 view
フランスW杯直前、Jリーグデビューから11日後の高校生が日本代表デビュー!市川大祐!

フランスW杯直前、Jリーグデビューから11日後の高校生が日本代表デビュー!市川大祐!

1998年のフランスワールドカップを前に、高校生ながら代表へ招集された清水エスパルスの市川大祐。同じく10代だった天才・小野伸二と共に日本代表の試合に出場。カズと同じく、惜しくもワールドカップ直前に代表落ちするも日韓ワールドカップで活躍した。
ひで語録 | 1,735 view
「サッカーワールドカップに出場するまで43年 チームのエースナンバー「10」を背負ってきた日本の名選手たち」

「サッカーワールドカップに出場するまで43年 チームのエースナンバー「10」を背負ってきた日本の名選手たち」

スポーツにおいて選手の代名詞となりうる存在の背番号。野球のエースナンバーは「18」番ですが、サッカーは「10」番がエースナンバーとされています。1954年スイス大会の予選初参加から1997年にフランス大会で初出場が決まるまで実に43年の長い年月がかかりました。今回はワールドカップに最も近づいたと言われる1980年代半ばから本大会出場が決まるまで背番号10番をつけた日本のエースの中から数人紹介したいと思います。
pepe | 3,462 view
生意気でクール過ぎる名言集『中田語録』彼は言った「メダルより図書券が欲しい」

生意気でクール過ぎる名言集『中田語録』彼は言った「メダルより図書券が欲しい」

1998年に中田英寿がサッカー日本代表にデビューし、初のワールドカップ出場へと導いた。その頃の彼はメディアに対して明らかに懐疑的だった。クールな態度が生意気ともされた中田による名言集『中田語録』から中田らしい言葉をいくつかご紹介する。
ひで語録 | 3,855 view
あれから20年・・・1997年11月16日『ジョホールバルの歓喜』に至る激闘史を時間軸に沿って振り返る

あれから20年・・・1997年11月16日『ジョホールバルの歓喜』に至る激闘史を時間軸に沿って振り返る

ワールドカップ出場が夢のまた夢だった時代があった。それはついこないだのようだが、1997年11月16日の『ジョホールバルの歓喜』から20年が経つ。サッカー日本代表の1997年アジア最終予選を時間軸に沿って振り返ってみる。
ひで語録 | 2,903 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト