ドーハの悲劇 あの時のメンバーは今
2016年11月25日 更新

ドーハの悲劇 あの時のメンバーは今

日本サッカー界でワールドカップに初めて手が届くと思われていたあの日。 後半ロスタイムまでアメリカW杯は確実なものだった。サッカーの神様に見放されたあの日にスタメンだったメンバーの今。

110,199 view

GK 1 松永成立

松永 成立(まつなが しげたつ、1962年8月12日 - )は、日本の元サッカー選手、サッカー指導者。選手時代のポジションはGK。日本代表として活躍しドーハの悲劇の際には正GKを務めていた。
2015年3月現在は、J1横浜FマリノスのGKコーチ
横浜Fマリノス GKコーチ

横浜Fマリノス GKコーチ

DF 4 堀池巧

堀池 巧(ほりいけ たくみ、1965年9月6日 - )は、元サッカー選手、サッカー解説者である。現役時代はディフェンダーとして活躍、日本代表にも選ばれた。静岡県清水市(現:静岡市清水区)出身。

日本サッカーリーグの読売クラブ(現東京ヴェルディ)を経て1992年、Jリーグ発足に備えて設立された清水エスパルスに入団。途中1998年後半から1999年前半にセレッソ大阪に移籍するが、エスパルス草創期の中心的な選手として活躍した。
2015年3月現在は、特定クラブの監督・コーチ業は行っておらず、解説やスクール運営などを行っている。
堀池巧(元日本代表)スポーツジャパン(株)取締役

堀池巧(元日本代表)スポーツジャパン(株)取締役

ACミランサッカースクール東東京校が4月に開校! コーチに元日本代表の堀池巧氏

DF 7 井原正巳

井原 正巳(いはら まさみ、1967年9月18日 - )は、滋賀県甲賀郡水口町(現甲賀市)出身の元サッカー選手、サッカー指導者。1990年代の日本サッカー界を代表するディフェンダーで「アジアの壁」と呼ばれ[3]、1998 FIFAワールドカップにも出場した。家族は妻(1993年結婚)、第1子(男子、2006年出生)、愛犬(ゴールデン・レトリバー)。

サッカー日本代表のA代表CAP数122は歴代2位である[4]。
2015年3月現在はJ2アビスパ福岡の監督
井原 正巳 氏 アビスパ福岡監督就任

井原 正巳 氏 アビスパ福岡監督就任

DF 5 柱谷哲二

柱谷 哲二(はしらたに てつじ、1964年7月15日 - )は、京都市出身の元サッカー選手、サッカー指導者・解説者。Jリーグ選手協会初代会長。現役時代のポジションはディフェンダー、守備的ミッドフィールダー。元サッカー選手、サッカー指導者の柱谷幸一は実兄である。
2015年3月現在は、J2水戸ホーリーホックの監督
水戸ホーリーホック 監督 柱谷 哲二

水戸ホーリーホック 監督 柱谷 哲二

DF 3 勝矢寿延

勝矢 寿延(かつや としのぶ、1961年9月2日 - )は日本の元サッカー選手、サッカー指導者。ポジションはDF。
長崎県出身。所属クラブでは主にセンターバックや右サイドバックを務めていた。サッカー日本代表でもクラブと同じポジションでピッチに立つことが多かったが、1993年の1994年アメリカワールドカップアジア地区最終予選では故障をしていた都並敏史の代役として第三戦の北朝鮮戦から左サイドバックで先発出場した。最終戦の対イラク戦(ドーハの悲劇)でもピッチに立っていた。
2015年3月現在は、J2セレッソ大阪サッカースクール スクールマスター
勝矢寿延氏 スクールマスター就任のお知らせ

勝矢寿延氏 スクールマスター就任のお知らせ

44 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「サッカーワールドカップに出場するまで43年 チームのエースナンバー「10」を背負ってきた日本の名選手たち」

「サッカーワールドカップに出場するまで43年 チームのエースナンバー「10」を背負ってきた日本の名選手たち」

スポーツにおいて選手の代名詞となりうる存在の背番号。野球のエースナンバーは「18」番ですが、サッカーは「10」番がエースナンバーとされています。1954年スイス大会の予選初参加から1997年にフランス大会で初出場が決まるまで実に43年の長い年月がかかりました。今回はワールドカップに最も近づいたと言われる1980年代半ばから本大会出場が決まるまで背番号10番をつけた日本のエースの中から数人紹介したいと思います。
pepe | 3,225 view
レヴァンドフスキはラトーを超えられるか?2度ワールドカップで3位になったポーランド代表の歴史!得点王も輩出!

レヴァンドフスキはラトーを超えられるか?2度ワールドカップで3位になったポーランド代表の歴史!得点王も輩出!

2018年ロシアワールドカップに出場したレヴァンドフスキ擁するポーランド代表。70~80年代のワールドカップで3位に輝き黄金期を迎えていました。当時はラトーら得点源となるFWがいました。ワールドカップでの成績とレヴァンドフスキをも凌駕する選手を特集。
ひで語録 | 426 view
サッカー『サウジアラビア代表』5人抜きをした砂漠のマラドーナや砂漠のペレなど実は名選手が多いW杯常連国!

サッカー『サウジアラビア代表』5人抜きをした砂漠のマラドーナや砂漠のペレなど実は名選手が多いW杯常連国!

アジアのサッカー強豪国・サウジアラビア。1994年のワールドカップ。アメリカ大会では5人抜きのゴールをした「砂漠のマラドーナ」ことサイード・アル=オワイランなど突出した選手がいました。サウジアラビアのワールドカップ挑戦の歴史や勝敗を記事にします。
ひで語録 | 790 view
サッカーワールドカップに初出場するまで43年 チームをまとめてきた日本の主将たち

サッカーワールドカップに初出場するまで43年 チームをまとめてきた日本の主将たち

今でこそ定着しているサッカー日本代表のワールドカップ出場ですが、1997年に初めて出場権を得るまで実に43年の長い年月がかかりました。今回は日本がワールドカップに出るなんて夢のまた夢と言われていた時代に日本代表の主将を務めチームを牽引しながらも涙を呑んできた闘将たちを数人ピックアップして紹介したいと思います。
pepe | 1,673 view
著者ディエゴ・マラドーナ。自伝で語った「神の手」「五人抜き」ゴールの真実。ハンドを疑う同僚には『口をつぐめ』!

著者ディエゴ・マラドーナ。自伝で語った「神の手」「五人抜き」ゴールの真実。ハンドを疑う同僚には『口をつぐめ』!

株式会社東洋館出版社から、6月15日にサッカー界のスーパースター、ディエゴ・マラドーナが、1986年のメキシコW杯について語った『マラドーナ独白 ―1986年のメキシコW杯―』が刊行されます。自ら語った「神の手」「五人抜き」ゴールの真実とは。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト