「ドーハの悲劇」から30年が経過!ラモス瑠偉公認のコラボアイテムが発売!ドキュメンタリー「ドーハ1993+」も話題に!
2023年10月27日 更新

「ドーハの悲劇」から30年が経過!ラモス瑠偉公認のコラボアイテムが発売!ドキュメンタリー「ドーハ1993+」も話題に!

オンラインショップ「キーレジェンド」にて、ドーハの悲劇を象徴するシーンをイラストデザインした「ラモス瑠偉」公認のコラボアイテム「VINTAGE CULTURE BASE / FOOTBALL COLLECTION」の第1弾(Tシャツ、プルパーカー)が現在好評発売中となっています。

126 view

10月28日は「ドーハの悲劇」から30年!ラモス瑠偉公認のコラボアイテムが発売!!

 (2553944)

株式会社キャンビーが運営するオンラインショップ「キーレジェンド」にて、ドーハの悲劇を象徴するシーンをイラストデザインした「ラモス瑠偉」公認のコラボアイテム「VINTAGE CULTURE BASE / FOOTBALL COLLECTION」の第1弾(Tシャツ、プルパーカー)が現在好評発売中となっています。
 (2553945)

日本サッカー界の伝説「ドーハの悲劇」とは?

日本サッカー史上で、「ドーハの悲劇」と語り継がれている伝説があります。

1993年10月28日カタール・ドーハ。

アメリカで開催されるワールドカップの出場をかけたアジア最終予選。

日本サッカーの悲願であったワールドカップ初出場まで残り十数秒……。

その後に、日本国民が目にした光景は「ドーハの悲劇」と呼ばれています。

1989年、翌年にイタリアで開催されるワールドカップのアジア1次予選で敗退。

1968年に開催されたメキシコシティ五輪以降、国際舞台で活躍する事が出来ていない日本。

南米、欧州、アフリカ、北中米、オセアニア、アジア。

各大陸のレベルを考えると、アジア大陸は最下位のグループですが、その中でも日本代表は苦戦を強いられていました。

そのような日本サッカーの危機的状況を変えてくれる希望が、1989年に日本国籍を取得した読売クラブの司令塔・ラモス瑠偉氏。

ブラジルの名将ジノ・サニ氏からブラジルのプロリーグでのプレーを勧められたにも関わらず、日本人の奥様が一人娘であることから、ブラジルに帰国せず、日本でプレーすることを選びます。

日本でプレーをする上で、ラモス瑠偉氏にとって「自分の家族」である読売クラブへの恩返しをするために、日本国籍取得を決断。

1989年11月に日本国籍を取得します。

ラモス瑠偉氏は、1990年9月に開幕した第11回アジア競技大会(北京大会)でサッカー日本代表に初招集。

1992年の日本プロサッカーリーグ・リーグカップや、1993年の日本プロサッカーリーグ開幕で日本サッカー界が盛り上がる中で、ラモス瑠偉氏は「日本代表が国際試合で不甲斐ない試合をすれば、これから始まるプロリーグがダメになってしまう」と考え、たくさんの犠牲を受け入れ、所属チームと日本代表チームの両方で、満身創痍となってもプレーを続けました。

「日本をワールドカップに連れて行く」という決意を心に刻み、弱小日本代表チームに自信、覚悟、責任、結束、愛国心、誇りを爆発的な情熱で植え付けました。

さらに、日本代表ユニフォームに国旗を入れてもらうことを提案し「日本国民を代表」する自覚を、日本サッカー界に浸透させます。

ラモス瑠偉氏が加わった日本代表は、海外チーム、外国籍選手に臆することなく自信を持って闘い続け、1992年8月に東アジア王者、11月にはアジア王者、さらに翌年には、アジア・アフリカ王者に駆け上がります。

サッカー弱小国であった日本・日本サッカー奇跡の飛躍です。

アメリカワールドカップ・アジア最終予選。

1993年10月28日 イラク代表との最終節。

日本サッカーの悲願であったワールドカップ初出場まで残り十数秒……。

その後に、日本国民が目にした光景「ドーハの悲劇」

ラモス瑠偉氏はドーハの悲劇を「神様が与えた試練」と表現しています。

あの「ドーハの悲劇」から30年。

神様が与えた試練を乗り越えた日本は、1996年6月にアジア初となるワールドカップ(2002年日韓ワールドカップ)の開催地となる事が決定。

さらに1997年11月16日の「ジョホールバルの歓喜」と呼ばれる試合で、初めてワールドカップへの切符を勝ち取り、1998年フランスワールドカップへ出場しました。

その後、ワールドカップに7大会連続出場、2大会連続4回目のベスト16。

女子代表は、2011年ワールドカップ優勝。

ビーチサッカーはワールドカップファイナリスト。

フットサルもワールドカップに出場。

男女サッカーのアンダー世代、オリンピックでも日本サッカーは確かな存在感を国際シーンに示せるようになりました。

今日も日本サッカー界は確かな成長を続けています。

今後、さらなる成長を目指す中で、何かに迷い、歩むべき道を見失いそうな時は、ラモス瑠偉氏の姿から「ドーハの悲劇・神様が与えた試練」を思い出してほしいと思っています。

サッカー弱小国の日本を「ワールドカップに連れて行く」と決意し、日本サッカー奇跡の飛躍を成し遂げ、打ち立てた目標を達成するために、最後まで必死に闘い抜いたラモス瑠偉氏の姿は、日本サッカー界の発展の「鍵」であり、シンボルでとして語り継がれていくべき「伝説」です。
 (2553952)

YouTubeで無料公開中!映画『ドーハ1993+』も話題に!!

サッカー界で語り継がれている「ドーハの悲劇」ですが、映画「ドーハ1993+」がYouTubeにて現在無料公開中となっています。本作は、元日本代表の柱谷哲二や長谷川健太らが当時を振り返るドキュメンタリー映画で、「ヨコハマ・フットボール映画祭2019」の観客賞受賞作品。「ドーハの悲劇」から30年が経過する今だからこそ観ておきたい作品となっています。

映画『ドーハ1993+』【無料配信】

オンラインショップ「キーレジェンド」公式サイト

関連記事

17 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「サイバーフォーミュラ」30周年記念!登場キャラをイメージした香水などが発売!!

「サイバーフォーミュラ」30周年記念!登場キャラをイメージした香水などが発売!!

フェアリーテイル株式会社より、「サイバーフォーミュラ」の風見ハヤト、ブリード加賀、新条直輝、ランドルをイメージした香水などが発売されます。
隣人速報 | 339 view
あれから20年・・・1997年11月16日『ジョホールバルの歓喜』に至る激闘史を時間軸に沿って振り返る

あれから20年・・・1997年11月16日『ジョホールバルの歓喜』に至る激闘史を時間軸に沿って振り返る

ワールドカップ出場が夢のまた夢だった時代があった。それはついこないだのようだが、1997年11月16日の『ジョホールバルの歓喜』から20年が経つ。サッカー日本代表の1997年アジア最終予選を時間軸に沿って振り返ってみる。
ひで語録 | 5,496 view
ロフトが創業30周年!プロモーション第2弾として「あの頃のロフト」が限定グッズに!!

ロフトが創業30周年!プロモーション第2弾として「あの頃のロフト」が限定グッズに!!

11月20日に創業30周年を迎えるロフトは、限定商品の販売やプレゼント企画など、感謝の気持ちをこめたプロモーションを展開中です。現在プロモーション第2弾の30周年限定商品が販売中!1987年に第1号店としてオープンした渋谷ロフトでは、限定のエコバッグを108円で販売します!
隣人速報 | 1,535 view
「ジョホールバルの歓喜」から20年!決勝ゴールの岡野氏を迎えたトークイベントが6月1日に開催!

「ジョホールバルの歓喜」から20年!決勝ゴールの岡野氏を迎えたトークイベントが6月1日に開催!

サッカー男子日本代表が、1997年に悲願のワールドカップ出場を決めてから20年という節目に合わせ、トークイベント「朝日新聞紙面でみる『炎の70日』と『ジョホールバルの歓喜』」が6月1日(木)に開催される。ゲストにはイラン代表との試合で、延長戦で決勝ゴールを決めた岡野雅行さんが招かれている。
フランスW杯で日本と対戦したアルゼンチン代表の問題児・オルテガ!

フランスW杯で日本と対戦したアルゼンチン代表の問題児・オルテガ!

ディエゴ・マラドーナの再来と言われたドリブラー・オルテガは問題児だった。プレイではマラドーナ程のインパクトは残せなかったものの、W杯には1994年、1998年、2002年とメンバー入りしている。また、フランスW杯では日本代表と対戦している。
ひで語録 | 14,043 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト