【なすび】伝説の「電波少年的懸賞生活」で彼がゲットしたものは?その過酷な挑戦を振り返る。
2020年4月18日 更新

【なすび】伝説の「電波少年的懸賞生活」で彼がゲットしたものは?その過酷な挑戦を振り返る。

「人は懸賞だけで食べていくことが出来るか?」テーマに比べて過酷さが際立っていた懸賞生活企画。当時なすびさんが獲得出来た戦利品を今一度確認してみよう。猿岩石のヒッチハイク企画と比べても、決して引けを取らない過酷さだったことがうかがい知れる。

244,033 view

2020年4月、ネットで大注目を集める!

このツイート、ネット上で大注目を集めています!
2020年現在、全世界がともに戦っているコロナウイルス。極力自宅での自粛が要請されるなか、この人の発言には説得力がありすぎです!!

電波少年的懸賞生活

まずはじめに。
現在ではこんなお笑い企画はたぶん許されないと思います。

それくらいガチでしんどそうな企画、見る側はハラハラドキドキしましたけどね。
当時、電波少年の高視聴率に大きく貢献した企画でした。

企画背景は、当時の電波少年で大人気だった「ヒッチハイク」企画で、『電波少年=旅番組』となっていたことから逆転の発想で「内なる旅」としての「懸賞生活」が持ち上がったそうです。。。

とにかく懸賞付きの雑誌に片っ端から応募!

なすびの孤独な戦い

「進ぬ!電波少年」のワンコーナーで1998年1月25日~1999年4月18日まで放送された長期企画。
お笑い芸人なすびが「人は懸賞だけで生きていけるか?」をテーマに目標金額を目指し挑んだ。

日本での目標額は100万円、韓国での目標額は日本までの航空チケット片道分。

素っ裸でスタート、100万円相当当てるまで終わらない企画

『進め!電波少年』⇒『進ぬ!電波少年』リニューアルの際に持ち上がった企画

若手芸人の中からくじ引きで選ばれたという無名若手芸人「なすび」さん。
目的も知らされぬまま目隠しと耳栓をされてワンルームの部屋に連れて行かれ、衣服を全て没収されました。

「人は懸賞だけで生活できるのか?」をテーマにということで、懸賞雑誌とハガキのみを与えられ、ここで初めて「100万円に到達するまで懸賞だけで生活する」という企画内容を知らされ、あの過酷な懸賞生活が始まったのです。

この企画の間はほぼ全裸で過ごしていたそうです。現代社会において想像もつかない状況でした。歯も磨けず、時には動物の餌を食べて飢えを凌いでいたことも…。
裸のなすびさんを見るのに、視聴者も慣れてしまいました。

Susunu! Denpa Shonen - Nasubi #01 進ぬ!電波少年:なすび #01 - YouTube

企画スタートから約1年後、目標金額の100万円を達成。
事前にゴールしたら何をしたいかと聞かれており「韓国で焼肉を食べたい」と発言していたため、ご褒美として連れて行かれます。
…まさかここから新たな戦いが始まることになるとは、このときは知る由もなかったのですが…それについては後述。


現代であればインターネットで簡単に一括応募なども出来ますが、当時はひたすらハガキを書き続ける必要がありました。

腱鞘炎になるでしょ、なんて思った視聴者はたくさんいたに違いありません。

更に韓国で2度目の挑戦、こちらも約100万円相当の金額当選でゴール

舞台は韓国へ、でもやっぱり同じ境遇・・・

舞台は韓国へ、でもやっぱり同じ境遇・・・

しかも、思いのほかスムーズにゴール金額に達したため、だんだんとハードルがあがっていく始末。
前回の戦いの報酬として連れて行かれたはずの韓国でしたが、なんとそのまま「韓国での懸賞生活をやってくれ」と言われます。

しかし、韓国での目標額は日本行きの航空チケット片道分ということで、比較的スムーズに3ヶ月程度で達成、無事ゴール!…と思いきや。

Susunu! Denpa Shonen - Nasubi #02 進ぬ!電波少年:なすび #02

今回の企画は開始当初、エコノミークラス分がゴールと定められていたのですが、なすびさんには「飛行機代」としか伝えていなかったことを利用され、ビジネスクラス→ファーストクラスへと徐々にゴール金額が上昇していきます。ファーストクラス分達成(パリ経由なので実質100万円相当)後にはようやく連れ出され、日本に無事生還しました。


当時はケータイとかもないですからね。
孤独との戦い、これはある意味でヒッチハイクよりも過酷だったかもしれませんよね。

基本「全裸」でした・・・

まあ、服を着たければ懸賞で当てるしかなかったわけですからね~
76 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【電波少年】過酷な試練を乗り越えた彼らはいずこへ。ヒッチハイクをした人たちの今。

【電波少年】過酷な試練を乗り越えた彼らはいずこへ。ヒッチハイクをした人たちの今。

バラエティ界に金字塔を打ち立てた伝説の番組「電波少年」。その企画の中でもとりわけ有名だったのが、「ヒッチハイク」でした。あのとき、過酷を極めた旅を終えた人たちは、今、何をしているのでしょうか。
k_ohnuki | 21,413 view
Tバックの進化系?過激なコスチュームTフロントで衝撃を与えた『ピンクサターン』

Tバックの進化系?過激なコスチュームTフロントで衝撃を与えた『ピンクサターン』

飯島愛などによって流行したTバックを超えるTフロントを着用した『ピンクサターン』について紹介。
きちんとチキン | 98,280 view
電、いや雷波少年!羽田実加の大車輪、スギちゃんゴミ拾い、ロシナンテ、サムシングエルスが人気に!日曜の朝番組だった!

電、いや雷波少年!羽田実加の大車輪、スギちゃんゴミ拾い、ロシナンテ、サムシングエルスが人気に!日曜の朝番組だった!

電波少年の派生番組だった「雷波少年」。1998年に放送を開始。サムシングエルスの「ラストチャンス」をヒットさせ、現在はピン芸人のスギちゃんも活躍したバラエティ番組だった。電波少年同様、むちゃぶりが目立った名コーナーをまとめた!
ひで語録 | 17,521 view
いまをときめく有吉弘行さん、若き日に電波少年で猿岩石としてブレイクした時代も魅力的でした!

いまをときめく有吉弘行さん、若き日に電波少年で猿岩石としてブレイクした時代も魅力的でした!

「猿岩石」一発屋芸人のポジションから華麗に復活し、いまや押しも押されぬ一流芸人として大人気の有吉弘行さん。若き日の電波少年での活躍も大好きでした。そんな有吉弘行さんの猿岩石時代のブレイクと再ブレイクについて、振り返りましょう。
青春の握り拳 | 17,598 view
「電波少年」の名物Tプロデューサーこと『土屋敏男』好奇心だけで生きている!!

「電波少年」の名物Tプロデューサーこと『土屋敏男』好奇心だけで生きている!!

『電波少年』シリーズや『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』など大ヒット企画を続々と手がけたTプロデューサーこと土屋敏男さん。って一体どんな方なのでしょうか?
ギャング | 1,062 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト