【マラドーナ】20世紀サッカー界の英雄はいまも健在!
2016年11月25日 更新

【マラドーナ】20世紀サッカー界の英雄はいまも健在!

アルゼンチンの英雄マラドーナ。まだ日本でサッカーがマイナーだった時代、彼はすでに世界的ヒーローでしたよね。マラドーナモデルのスパイク持ってました!

7,996 view

ディエゴ・マラドーナ

ディエゴ・アルマンド・マラドーナ

ディエゴ・アルマンド・マラドーナ

ディエゴ・アルマンド・マラドーナ(スペイン語: Diego Armando Maradona、1960年10月30日 - )は、アルゼンチン・ブエノスアイレス州出身の元サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションはフォワードまたはミッドフィールダー。

ペレ、クライフ、ベッケンバウアー、ディ・ステファノ、ジーコなどと共に20世紀のサッカー史に名を残すスター選手。

マラドーナ、その栄光の軌跡

http://fakeout-magazine.com/wp-content/uploads/2014/06/maradona.jpg (509829)

アルゼンチン・リーグ史上最年少でプロデビューし、ボカ・ジュニアーズを経て欧州に渡った。

FCバルセロナではさまざまな問題に悩まされたが、SSCナポリではセリエA優勝2回、UEFAカップ優勝1回の立役者となり、「ナポリの王様」としてファンに愛された。

セビージャFC、ニューウェルズ・オールドボーイズ、ボカ・ジュニアーズでの在籍は短期間に終わり、1997年に現役引退した。

引退から時間が経った現在でも彼の信奉者はファン、選手、サッカー関係者を通じて多く特にアルゼンチンでは彼を崇拝する宗教が生まれ、ナポリでは旧市街に彼を讃える祭壇が設けられているほどである。
http://art23.photozou.jp/pub/415/335415/photo/42303538.jpg (509831)

1977年に歴代最年少でアルゼンチンA代表にデビューし、1979年にはU-20アルゼンチン代表としてFIFAワールドユース選手権で優勝して大会最優秀選手に選ばれた。FIFAワールドカップには1982年大会から4大会連続で出場し、1986 FIFAワールドカップではチームを牽引して優勝に導いた。

準々決勝のイングランド戦で見せた「神の手」ゴールと「5人抜き」ドリブルは彼のスタイルを象徴するプレーとして後世に語り継がれている。

1994 FIFAワールドカップでは大会中のドーピング検査で陽性と判定され大会から追放処分を受けた。

マラドーナ 神の手・5人抜き イングランド VS アルゼンチン  (86` FIFA WC メキシコ大会) - YouTube

選手時代からたびたび違法薬物の使用が取り沙汰され、現役引退後は入退院を繰り返した。

2008年にアルゼンチン代表監督に就任し、2010 FIFAワールドカップ南米予選を辛くも突破したが、本大会では準々決勝で敗れ、2010年7月に解任された。
http://southafrica2010.nikkansports.com/news/img/mr-100627-01-ns.jpg (509835)

マラドーナのプレイスタイル

身長は160cm台半ばと小柄でずんぐりとした体格であるが、フィジカルが強靭でボディバランスと洞察力に優れ、卓越したテクニックとパスセンスを持っている。

ほとんどすべてのプレーを左足一本で行い、前述の「五人抜き」ドリブルの際も左足しかボールに触れていない。類稀な得点能力を持っており、フリーキックも得意である。

風間八宏は当時のマラドーナについて「顔の前に1メートル四方の空間を確保できれば、マラドーナにとってフリーといえる」と語った。
http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/51/0000188351/86/img66acfe3bzikfzj.jpeg (509838)

マラドーナモデルのサッカースパイクも流行りました!!

サッカー少年の憧れでした

サッカー少年の憧れでした

(左)マラドーナ・スーパー

(右)マラドーナ・プロ
http://3.bp.blogspot.com/-XtpXP2wDn3o/Tv-jnsUx4HI/AAAAAAAAE8Y/6dhnqBrjqK8/s1600/img4bf652a3zikbzj.jpg (509841)

英雄でありながらどこまでも人間臭いのがマラドーナ!!

その栄光が色褪せることはありません

その栄光が色褪せることはありません

出典 yaplog.jp
20 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

今田耕司がボンビーガール出演!若手時代に住んでいた中野で思い出巡り!NSCの同期って誰がいる?

今田耕司がボンビーガール出演!若手時代に住んでいた中野で思い出巡り!NSCの同期って誰がいる?

お笑い芸人として長年活躍を続ける今田耕司が、日本テレビ系列で放送中のバラエティ番組「幸せ!ボンビーガール」の5月11日放送分にて、下積み時代に住んでいた物件を自分の記憶を頼りに探索する「ボンビールームツアー」を行うことが明らかとなりました。
隣人速報 | 692 view
舞台「キューティーハニー・クライマックス」が上演決定!更にキューティーハニー関連の最新情報も要チェック!

舞台「キューティーハニー・クライマックス」が上演決定!更にキューティーハニー関連の最新情報も要チェック!

2020年2月に上演され大好評を博した舞台「キューティーハニーEmotional」の続編かつ最終決戦となる新作公演「キューティーハニー・クライマックス」の上演が決定しました。日程は2021年6月16日(水)~20日(日) 。
隣人速報 | 180 view
“トシちゃん”こと田原俊彦の愛娘・田原可南子(27)が「FLASH」最新号で大胆グラビアを披露!!

“トシちゃん”こと田原俊彦の愛娘・田原可南子(27)が「FLASH」最新号で大胆グラビアを披露!!

光文社より発売中の週刊誌「FLASH」の第1596号(3月9日発売)にて、田原俊彦の愛娘・田原可南子が同誌で10年ぶりのグラビアを披露し、SNSなど各所で大きな話題となっています。
隣人速報 | 43,427 view
【訃報】「神の手」ディエゴ・マラドーナ氏が死去。薬物問題のゴタゴタなど、日本との関係とは?

【訃報】「神の手」ディエゴ・マラドーナ氏が死去。薬物問題のゴタゴタなど、日本との関係とは?

サッカー界を代表する伝説的スーパースターであり、「神の子」などの愛称で知られたディエゴ・マラドーナさんが25日、アルゼンチン・ブエノスアイレス郊外の自宅で亡くなったことが明らかとなりました。60歳でした。
隣人速報 | 886 view
X JAPANのYOSHIKI、28年ぶりの写真集『XY』を発売!異例の「発売前重版」やメイキング映像にも注目!

X JAPANのYOSHIKI、28年ぶりの写真集『XY』を発売!異例の「発売前重版」やメイキング映像にも注目!

X JAPANのYOSHIKI(54)が、28年ぶりとなるオール撮りおろし写真集『XY』を発売することが決定しました。
隣人速報 | 369 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト