織田裕二の初主演ドラマを知ってます?NHKでの『十九歳』だ!私は久保田利伸かと思ってしまった
2017年2月1日 更新

織田裕二の初主演ドラマを知ってます?NHKでの『十九歳』だ!私は久保田利伸かと思ってしまった

織田裕二が初主演したドラマはNHKの『十九歳』というドラマだった。あの頃同じ年代だったからこそ感じるものがあった時代

5,271 view
http://truechild.com/blog/wp-content/uploads/2010/08/1550794637_31.jpg (94688)

まだブレイク前の【織田裕二】さん主演ドラマだった

『十九歳』(じゅうきゅうさい)は1989年(平成元年)1月から3週(全3話)に亘りNHK総合(日本放送協会)、土曜夜9時の土曜ドラマ枠内で放送されたテレビドラマ。この作品は、俳優・織田裕二のテレビドラマにおける初主演作品である。
ふいに見たのがこのドラマだった。
当時私は『久保田利伸』さんにゾッコンで、

え!!なんで久保田さんドラマに出てるの?

と思ったわけで・・・・
食い入るようにエンドロールをみると

織田裕二

とあり、へぇ~と思ったのである。
その日から織田裕二さんのファンになったのは言うまでもない。

あらすじ

問題を起こし、高校を中退してしまった村上大介(織田裕二)を心配した父親市造(佐藤慶)は、そんな生徒を受け入れている高校を見つけ大介に奨める。バイク通学が認められていることを知った大介は転入を果たすが、そこには大介のもっとも嫌う押さえつけ一辺倒の教師・大野(橋爪功)がいた。学校は自宅通学者以外のバイク通学は認めなかったため、寮通学の大介は反発し、大野に目をつけられる。そんな大介と体当たりで会話しようとする教師・香月(三浦友和)。バイクが縁で大介が信頼しようとするバイク屋店主多田(西郷輝彦)。そして淋しげな大介に編入生・国広恵子(長谷川真弓)は興味を持ちはじめる……。
このドラマいい話なんですよ。
でも残念なことにDVD化もされていません・・・

NHKのアーカイブで再放送されたのですが、それも平成15年の話で・・・残念。

この時代、同じ10代の視聴者はこの主人公に共感することも多かった。
10代が故の葛藤、親と学校とやりたいことやりたくないことそして将来のことなど。
上手く伝わらず親と衝突することもあった時代。
そんな思いでもあるドラマです。

今では大スターの織田裕二さん。
その彼の『初主演』のドラマなんですが、懐かしので出てくる映像は少年爆走族のものが多いですね。
1987年 東映作品

1987年 東映作品

1987年に江口洋介主演で、実写映画化され、それに平行してOVAも12作製作されており、主題歌は元横浜銀蝿の翔、HOUND DOG、LOUDNESS、Mr.Children、杉山清貴、実写で主演した江口洋介などが歌っている。OVAは1991年10月時点で、7作目までで15万本を販売した[2]。 2007年の4月から、完全版コミックスが講談社から刊行された。全14巻。最終巻である14巻は完全新作で収録されている。宮崎駿も、当作品を傑作と吉田の他書の解説で評価している[3]。
スピンオフ作品として、江口達と同じ時期に高校生だった5人組の活動を描いた、『湘南グラフィティ』が1988年から1989年に掲載された。

織田裕二について

桐蔭学園小学校・中学校・高等学校卒業。中学1年から高校1年までテニス部に所属していたが膝を壊して退部。高校時代はDepsという名のバンドを組み、ギターを担当していた(その後、「Deps」というバンド名は、織田自身のファンクラブの名称になっている)。高校卒業後はピッツバーグ大学日本校へ入学するも、俳優の道へ進む。
1987年4月公開の東映映画『湘南爆走族』に、出演者オーディション数万人の参加者の中から、望んでいた石川役に抜擢されてデビュー。同時に主役デビューの江口洋介と共演。当時は二輪免許は持っておらず、映画撮影のために取得した。
1989年6月公開の東宝映画『彼女が水着にきがえたら』で主演の原田知世の相手役に起用され、知名度が高まった。
1991年、フジテレビ系ドラマ『東京ラブストーリー』の永尾完治(カンチ)役で大ブレイク。「月9」という言葉もこの作品から生まれた。ただし、人気とは裏腹に織田自身は、ストーリーが進むにつれ、原作と脚本と自分のイメージとのギャップに悩み、結果的には途中放棄といえるくらい演技的に失敗だったと語っている。そのため、以降の作品では企画・脚本作りの段階から作品に関わるという姿勢を強めることになる[2]。
1993年、フジテレビ系ドラマ『振り返れば奴がいる』で、石黒賢とダブル主演で出演する。織田演じる非情な医師司馬と石黒演じる正義感ある医師石川との男の対立が話題を呼び、ドラマもヒットする。
1997年の『踊る大捜査線』は、ドラマ放送終了後のビデオレンタルなどで評判が良く、映画化されて人気を博した。劇場版1作目の『踊る大捜査線 THE MOVIE』は興行収入101億円、観客動員数700万人を記録し、それに続く『踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』も、興行収入173.5億円、観客動員数1250万人と、前作を大きく上回るばかりか実写邦画歴代1位(2013年現在)の記録を残し、自身の代表作となった。

今の時代の10代はこのドラマをどう見るのかな

時代も違う今を生きる10代は、このドラマをみてあの頃私たちが共感したような気持ちを感じるのかな・・・・

と思ってみたりして。
13 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

これは昭和か平成か、二つの時代を満喫したミドルエッジ世代に贈る挑戦状10問!

これは昭和か平成か、二つの時代を満喫したミドルエッジ世代に贈る挑戦状10問!

昭和と平成。いずれも去り行く元号となる2つの時代を満喫した(?)ミドルエッジ世代。ついアバウトになりがちな当時の記憶を思い出す、脳みそライザップ的なクイズを10問どうぞ!!
浅野温子主演!「ママハハ・ブギ」

浅野温子主演!「ママハハ・ブギ」

浅野温子主演!「ママハハ・ブギ」 主人公の蘭子がこぶつき男と再婚したが・・・
うーくん | 6,138 view
祈る子と書いて祈子【プロゴルファー祈子】超個性的主要キャスト達!

祈る子と書いて祈子【プロゴルファー祈子】超個性的主要キャスト達!

大袈裟なまでの演出や効果音、そして独特なナレーションで1980年代後半に数々の人気ドラマを生み出した大映テレビ。その中で唯一のスポ根シンデレラサクセスドラマである「プロゴルファー祈子」に出演していた個性溢れる主要キャスト達にスポットを充ててみました。
チャーミー | 9,319 view
安彦良和監督による劇場アニメ『ヴイナス戦記』公開30周年!Blu-rayが7⽉26⽇発売!!

安彦良和監督による劇場アニメ『ヴイナス戦記』公開30周年!Blu-rayが7⽉26⽇発売!!

株式会社バンダイナムコアーツから、1989年に公開された劇場アニメ『ヴイナス戦記』のBlu-ray(特装限定版)[7,800 円/税抜]が7⽉26⽇に発売されます。
川村カオリ、というオールナイトニッポンのパーソナリティがいた

川村カオリ、というオールナイトニッポンのパーソナリティがいた

1988年にデビューした川村カオリは、翌年から土曜日のオールナイトニッポン第二部を担当しました。歌だけでなくモデル、芝居にと活躍した彼女なのですが、そのラジオ番組に焦点を当てて紹介します。
こういち | 3,011 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト