【8ビット御三家】NEC、シャープ、富士通を8ビット御三家と呼んだ1980年代はパソコン黎明期でした。
2016年6月22日 更新

【8ビット御三家】NEC、シャープ、富士通を8ビット御三家と呼んだ1980年代はパソコン黎明期でした。

今でこそパソコンは一般家庭に普及していますが、80年代ではほとんどの家庭にパソコンはありませんでした。しかし、いまのパソコンの原型が生まれたのも80年代。今では考えられませんが、8ビット機が数十万円する時代だったんです。

27,774 view

8ビット御三家

http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/9/96/NEC_logo.svg/220px-NEC_logo.svg.png (135460)

8ビット御三家は、日本で1980年代に発売された8ビットパソコンのうち、国内市場において高いシェアを有していた三大ファミリーをまとめた総称である。特定の機種や型番だけではなく、メーカー名で呼ばれることも多かった。
http://nuventix.wpengine.netdna-cdn.com/wp-content/uploads/2013/08/sharp-logo-1024x209.jpg (135462)

これらのパーソナルコンピューター、若しくは当時の呼称に従うなら「マイコン」は、1970年代末から1980年代序盤に掛けて多数のメーカーから発売された。

初期に多くみられた電子工作の延長線上にあるものから、ホビー向けに特化したものや、その内でもゲームパソコンとしてコンピューターゲーム(パソコンゲーム)の実行に特化したものもあったが、更にはビジネスユースを視野に入れたものなど、多種多様の機種が入り乱れていた。

限られた市場で激しい競争が繰り広げられた結果、1980年代中葉から後半にかけて、販売不振や経営戦略上の判断を理由に大半のメーカーが家庭用パソコン市場から撤退し、最終的に日本国内で生き残ったものがこれらのシリーズである。
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/5/53/Fujitsu-Logo.svg/2000px-Fujitsu-Logo.svg.png (135464)

機種

【1976年~1977年頃】

PC-8001

PC-8001

筐体に入ったパソコン的形態になる前のワンボードマイコン時代。
ただしほとんどTK-80及び、MK-80などクローンの独走状態。

TK-80(NEC) 8080A のちにCOMPO-BSを経てPC-8001へ
H68/TR(日立) 6800 のちにCOMPO-BSに対抗したMB-6880(ベーシックマスター)へ
Lkit-16(パナファコム→現PFU) MN1600
EX-80(東芝) 8080 NEC同様EX-80/BSを経てマイナー機パソピア(PA-7010)へ

【1978年~1981年】

PC-8801

PC-8801

日立が日本初のホビー向け完成品パソコンとなる MB-6880(ベーシックマスター)を発売。
それまでの電子工作のスキルを必要とした組み立てキットの時代から、完成品でプログラムを中心に楽しむ時代に移行。

これを受けて、シャープが1978年にMZ-80Kで、NECが1979年にPC-8001を発売して二強としてシェア争いを繰り広げる。
そこへ富士通が1981年にFM-8を発売してパソコン市場に参入し、ここにNEC、シャープ、富士通の3社が出揃う。

NECはFM-8に対抗して、PC-8801を発売。このシリーズがNECの8ビット機の本流となった。

1981年には日本ソフトバンク(現・ソフトバンク)が設立され、パソコンソフトの流通が整備され、市場として成立されていく。

PC-8000シリーズ (NEC) 入門機としてPC-6000シリーズ/PC-6600シリーズも追随。

MZシリーズ (シャープ)
ベーシックマスターシリーズ(日立製作所)
FM-8 (富士通)

【1982年~1988年頃】

FM77

FM77

富士通がFM-8を低価格化してFM-7を発売して大ヒット。
シャープを抜いて2位になりパソコン市場で地位を築くが、PC-8801が築いた牙城は崩せなかった。

シャープはX1を発売し、主流がMZシリーズからX1シリーズに移行する。
競争から脱落した他のメーカーは統一規格のMSXで参入し、次の三機種あるいはメーカーを御三家と指す場合が多い。

PC-8800(NEC:PC-88VA含む)シリーズ
FM-7(富士通:FM-8,FM-77,FM77AV含む)シリーズ
X1(シャープ:X1turbo,X1turboZ含む)
X1 Turbo

X1 Turbo

時代背景

まだまだ実用には満たなかった80年代

まだまだ実用には満たなかった80年代

47 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ミドル世代の憧れ「X68000」のミニ復刻版のクラウドファンディングがスタート!開始早々1億円を超える出資が集まる!!

ミドル世代の憧れ「X68000」のミニ復刻版のクラウドファンディングがスタート!開始早々1億円を超える出資が集まる!!

株式会社瑞起が、1987年にシャープから発売された「X68000」を小型化したリメイク版『X68000 Z LIMITED EDITION EARLY ACCESS KIT』のクラウドファンディングを12月3日にスタートさせ、開始1日で1億円超える出資が集まっていると大きな話題になっています。
隣人速報 | 1,289 view
“家電王国”大阪の歴史を彩った!大阪中之島美術館『みんなのまち 大阪の肖像』展にて「シャープ」の懐かし家電製品が勢揃い!

“家電王国”大阪の歴史を彩った!大阪中之島美術館『みんなのまち 大阪の肖像』展にて「シャープ」の懐かし家電製品が勢揃い!

8月6日(土)から10月2日(日)まで、大阪中之島美術館(大阪市北区)で開催される開館記念展「みんなのまち 大阪の肖像」[第2期]において、人々の暮らしの発展に寄与してきたシャープの製品が展示されます。
隣人速報 | 1,219 view
懐かしのシャープの「旧ロゴ」がフォントになって登場!大手家電メーカーの懐かしロゴを振り返る!!

懐かしのシャープの「旧ロゴ」がフォントになって登場!大手家電メーカーの懐かしロゴを振り返る!!

大手家電メーカー・シャープが過去に使用していたカタカナロゴをフォント化した『シャープ旧ロゴ』が、現在無償公開されているとマニアの間で大きな話題となっています。
隣人速報 | 3,734 view
ブラックオニキス、夢幻の心臓、ハイドライド、ザナドゥ…黎明期のRPGを特集した『甦る伝説のRPG大全Vol.1』が発売!

ブラックオニキス、夢幻の心臓、ハイドライド、ザナドゥ…黎明期のRPGを特集した『甦る伝説のRPG大全Vol.1』が発売!

メディアパルより、70年代中盤から80年代中盤にかけてのコンピューターRPGを特集した書籍『甦る 伝説のRPG大全 Vol.1』の発売が決定しました。
隣人速報 | 4,068 view
ミドルエッジ世代あるある!今となれば不便だったけどやればできた時代を振り返る!

ミドルエッジ世代あるある!今となれば不便だったけどやればできた時代を振り返る!

スマホやパソコンなどそんな便利なものがなかった青春時代。それでもきちんとやってきたミドルエッジ世代!スマホがなくても生きていけることを証明しますよ!

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト