【キレのあるデブ】サモ・ハン・キンポーのかっこよさと面白さ
2018年1月12日 更新

【キレのあるデブ】サモ・ハン・キンポーのかっこよさと面白さ

サモ・ハン・キンポーを知っていますか?ジャッキー・チェンの兄貴分的存在で、実は超かっこよくて超面白い、イケてる香港スターです。今でも現役で香港映画をリードしているサモハン。そんなサモハンをご紹介!

49,359 view

サモ・ハン・キンポー

はーい!サモ・ハン・キンポーでーす♪

はーい!サモ・ハン・キンポーでーす♪

サモ・ハン・キンポー(洪金寶、1952年1月7日 - )は、香港出身の映画俳優、映画監督、アクション監督、脚本家、映画プロデューサーである。また、アクション俳優として武術指導を行う場合がある。

愛称は「大大哥」(タイタイコー)で大大兄貴の意である。

1998年、ハリウッド進出を機に、英名をサモ・ハン・キンポーからサモ・ハン(Sammo Hung)に変更した。
俳優で監督で脚本も書いて武術指導もしちゃいます。
かっこいい兄貴です。

燃えよデブゴン

燃えよデブゴン

燃えよデブゴン

考えてみたらタイトルもすごいですね。
「動けるデブ」として人気を得るようになった作品。

肥龍渦江 / Enter The Fat Dragon 1/4

まさに動きのいいデブ。キレのあるデブ。
サモ・ハン・キンポー。
かっこいい!!
尊敬するブルース・リーへのオマージュとして功夫コメディー『燃えよデブゴン』を製作する
作品の中にブルース・リーへの愛と尊敬が感じられます。
香港映画界の巨漢サモ・ハンが、日本での人気を決定づけたパロディ快作。田舎出の太っちょ青年ウォン・ロン(「ドラゴンへの道」の主人公はタン・ロン)が、中華レストランの用心棒として悪者たちから町を守るという物語で、ブルース・リーの主演映画の名場面を巧みに継ぎはぎしつつ笑わせる。この作品のヒットで“デブゴン“が彼の愛称になり、以降、旧作の公開時にはシリーズのごとくその名が繰り返し冠せられたが、それらは本来独立した作品。英語題名はもちろん「燃えよドラゴン(゛Enter the Dragon“)」の、中国語題名は「ドラゴンへの道(猛竜渦江)」をもじったもの。
あれだけあった「デブゴンシリーズ」が実はシリーズものだったわけではないというね。
町はずれの荷物倉庫で、ウォンと三人のボディガードの決闘が開始される。豊かな肉体を駆使し、ウォンは見事に敵を倒すのだった。
あらすじの結び。
「豊かな肉体を駆使し」っていうのがじわります。

五福星

黄金トリオ共演の五福星

黄金トリオ共演の五福星

とにかく面白い☆
サモ・ハン・キンポー
ジャッキー・チェン
ユン・ピョウ
…の黄金トリオ
この「五福星」が黄金トリオの原点となりました。

五福星 主題歌 「スーパー・スーパースター」

笑えるだけじゃなく、アクションも半端ない。
刑務所で意気投合したポット、チンケ、ハンサム、モジャ、マジメの5人は出所後に社会復帰しようと清掃会社を始めたが仕事のわりに儲からない。

そこで労働の息抜きとして清掃を行った屋敷主催のパーティーに潜り込み、ついでに金持ち達と会って顧客の開拓を目論んだが、それはマフィアの主催するパーティーだった。しかもマフィアが闇取引で用意した偽札入りアタッシュケースを盗んだと勘違いされてモジャの美人の妹を人質に取られてしまう。
ほんとドタバタf(^^;
のんびりとした清掃会社の5人組の1人にサモ・ハン・キンポー。
ドジな警察官がジャッキー・チェン。
ユン・ピョウはちょっと出演程度ではありますが…。
オール・キャストとも言える顔ぶれで映画を作っちゃう
サモ・ハン・キンポーはかっこいいです。
こんな面白い脚本も書いちゃうんです。
34 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「ドラゴンへの道」日本劇場公開版ソフト発売記念!皆がマネした、ダブルヌンチャク!初公開当時の熱狂振りを検証する!

「ドラゴンへの道」日本劇場公開版ソフト発売記念!皆がマネした、ダブルヌンチャク!初公開当時の熱狂振りを検証する!

今から42年前の1975年1月25日、それは世のドラゴン野朗にとって忘れてはならない特別な日!そう、あの永遠の名作にして男のバイブル、「ドラゴンへの道」が日本で初公開された記念すべき日だ。
滝口アキラ | 6,415 view
【ジャッキー映画】を日本版・香港版・英語版のポスター等で比較!全然違うぞ!

【ジャッキー映画】を日本版・香港版・英語版のポスター等で比較!全然違うぞ!

ジャッキーチェンの映画と言えば、昔から世界各国で放映されていますが、各国の配給会社によって、文化や当時の流行にあわせたタイトルやデザインになっていたりします。そこで日本版・香港版・英語版のデザインやタイトルを比較してみると、同じ映画とは思えない作品も。
M.E. | 14,339 view
【香港映画対決!】あなたはどっち?「ジャッキー V.S. サモハンキンポー」

【香港映画対決!】あなたはどっち?「ジャッキー V.S. サモハンキンポー」

香港映画と言えばジャッキーやサモハンキンポーですが。好きなのはどっち?
『スカイ・ハイ』コミカライズ版は映画の迫力を見事に再現!高層ビルにハング・ライダーアタック!

『スカイ・ハイ』コミカライズ版は映画の迫力を見事に再現!高層ビルにハング・ライダーアタック!

以前紹介した『片腕ドラゴン』の主演スター、ジミー・ウォング。カンフー映画ブームが日本から去った1976年に公開された、彼の刑事アクション映画の傑作が今回取り上げるこの『スカイ・ハイ』だ!その『スカイ・ハイ』のコミカライズ版をご紹介します!
滝口アキラ | 574 view
思い出の「昭和有名人マンガ劇場」第9回「クンフーの星!ジャッキー・チェン物語」:前編

思い出の「昭和有名人マンガ劇場」第9回「クンフーの星!ジャッキー・チェン物語」:前編

60歳を越えて未だに現役アクションスターとして我々を楽しませてくれている、ジャッキー・チェン。 そんな永遠のアクションスターであるジャッキーの自伝漫画「クンフーの星!ジャッキー・チェン物語」を2回に分けてご紹介します!
滝口アキラ | 2,118 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト