「ドラゴンへの道」日本劇場公開版ソフト発売記念!皆がマネした、ダブルヌンチャク!初公開当時の熱狂振りを検証する!
2017年1月31日 更新

「ドラゴンへの道」日本劇場公開版ソフト発売記念!皆がマネした、ダブルヌンチャク!初公開当時の熱狂振りを検証する!

今から42年前の1975年1月25日、それは世のドラゴン野朗にとって忘れてはならない特別な日!そう、あの永遠の名作にして男のバイブル、「ドラゴンへの道」が日本で初公開された記念すべき日だ。

6,596 view
公開当時の宣伝広告

公開当時の宣伝広告

非常に珍しいデザインのこの広告は、映画雑誌の裏表紙に掲載された物。この他にも、当時の映画雑誌の裏表紙に掲載された広告には、珍しいデザインの物が多数存在する。
今から42年前の1975年1月25日、それは世のドラゴン野朗にとって忘れてはならない特別な日!
そう、あの永遠の名作にして男のバイブル、「ドラゴンへの道」が日本で初公開された記念すべき日だ。
香港公開時の新聞広告

香港公開時の新聞広告

公開7日目で、興業収入300万香港ドルの大ヒットを伝える内容。当時の大ヒット振りが良く判る。
実は本作は、香港映画として初めてのローマ・ロケを敢行!「危機一発」、「怒りの鉄拳」の大成功を受けて、ゴールデン・ハーベスト社のレイモンド・チョウとブルース・リーが共同で設立した、コンコルド・プロダクションの第一回作品であり、リーが初めて監督・脚本・武術指導・主演・音楽の五役を務めるという、正にリーにとっての「俺様映画」だと言える。
数々ある本作の見せ場の中でもオススメは、やっぱりレストランの裏庭で見せるダブルヌンチャクの超絶技と、ラストのコロシアムにおけるチャック・ノリスとの死闘だ!隠し持ったもう1本のヌンチャクの登場から炸裂する、多彩なヌンチャクテクニック!
そして、ローマの闘技場を舞台に繰り広げられるジークンドーVS空手の激突では、リーの実践的なテクニックが随所で披露されており、今見返しても驚きの連続となっている。
事実、今でもマニアの中には、この対チャック・ノリス戦をブルース・リー作品中のベストバウトに挙げる方が多いくらいだ。
そんな中、つい先頃奇跡的に発見された日本公開時のオリジナルフィルムと日本版予告編を収録した、マニア待望のBlu-rayソフト、「ドラゴンへの道」アルティメットエディションが、公開後42年目に当たる今年の1月25日、遂に発売された!

Amazon | ドラゴンへの道 アルティメット・エディション [Blu-ray] -映画

「ドラゴンへの道」誕生から満45年!
奇跡的に発見された日本公開版ネガよりHDテレシネを敢行した
日本公開版本編&予告編&リバイバル公開時特報を加えた“究極版"ブルーレイが
日本初公開日の1月25日にリリース!
当時まだ生まれてもいなかったマニアの方にとっては、まさに伝説を体験出来るという夢の機会に恵まれた今回のリリース!
せっかくの鑑賞の機会なので、今回は映像ソフトをより楽しめる様に、「ドラゴンへの道」日本初公開時の社会状況や、公開時の宣伝展開・新聞広告などの資料を、筆者のコレクションを交えてご紹介して行きたいと思う。
当時リアルタイムで熱狂の渦の中にいた世代も、DVDでしか見たことの無い世代も、是非当時の興奮を味わって頂ければ幸いです。

当時のドラゴンブームの熱狂が蘇る!貴重な新聞広告の数々

初公開時の関東での新聞広告

初公開時の関東での新聞広告

初公開時の関西での新聞広告

初公開時の関西での新聞広告

ここで紹介するのは、日本初公開当時に掲載された新聞広告の数々。
上の2枚は関東と関西での新聞広告なのだが、どれもブルース・リーのアップを使用した迫力ある物で、本作に賭ける東映の意気込みが伝わって来るようだ。
初公開時の、福井県での新聞広告

初公開時の、福井県での新聞広告

。同時上映は「ドーベルマンギャング2」。前売り券売り切れ近し!の文章が凄い!
初公開時の、愛媛県での新聞広告

初公開時の、愛媛県での新聞広告

同時上映は「ドーベルマンギャング2」だが、こちらは扱いがかなり小さい。
初公開時の、北海道での新聞広告

初公開時の、北海道での新聞広告

北海道地区の同時上映は「ゴールド」だった。
続いては、地方公開時の新聞広告。この当時、地方での公開は二本立てで公開されるのが慣例だったが、超話題作の「ドラゴンへの道」だけに、地方でも一本立て公開される場合もあったようだ。
画像でもお分かりの様に、二本立て公開の併映作品は、「ゴールド」と「ドーベルマンギャング2」との、2パターンがあった。
初公開時の、石川県での新聞広告

初公開時の、石川県での新聞広告

同時上映は「ドーベルマンギャング2」だが、他の地区とは違って「燃えよドラゴン」の写真を堂々と使っている!
こちらは、全く配給会社の異なる「燃えよドラゴン」の写真を使用した、珍しい新聞広告。比較的規制が緩かった70年代の映画興業界が良く判る一例だ。
今と違って、この頃はまだネットもビデオレンタルも無い時代。当時の小学生は、こうした新聞広告を眺めては、「いったい、どんな映画なんだろう?」と、想像して楽しんだものだった。これらの当時の新聞広告や記事から、是非当時の熱狂的ブームの空気を感じ取って頂ければと思う。

公開時、各劇場の歴代観客動員新記録を叩き出す程の大ヒット!

公開初日に掲載された、報知新聞での映画評

公開初日に掲載された、報知新聞での映画評

47 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

『死亡遊戯』コミカライズ版は、まるで「『仁義なき戦い』!あまりに低い3階建ての塔で待つ意外な敵とは?

『死亡遊戯』コミカライズ版は、まるで「『仁義なき戦い』!あまりに低い3階建ての塔で待つ意外な敵とは?

黄色いトラックスーツに身を包んだブルース・リーのビジュアルと、その不吉なタイトルが印象的な映画『死亡遊戯』。1978年のゴールデンウィークに日本でも公開された本作により、第二次ブルースリーブームが再び日本に巻き起こることになった!『死亡遊戯』のコミカライズ版を紹介します!
滝口アキラ | 2,801 view
【死亡遊戯×養命酒】コラボ!「あのカンフースター」激似になれるスーツとヌンチャクプレゼント!

【死亡遊戯×養命酒】コラボ!「あのカンフースター」激似になれるスーツとヌンチャクプレゼント!

アチョーッ!!死亡遊戯×養命酒のパワーコラボが実現!それなりにカンフーの大スターになりきれるグッズをプレゼントや疲れの原因が判明する「未病サラリーマン診断2017」も開始です!疲れ気味の方は是非チェックしてください!
『スカイ・ハイ』コミカライズ版は映画の迫力を見事に再現!高層ビルにハング・ライダーアタック!

『スカイ・ハイ』コミカライズ版は映画の迫力を見事に再現!高層ビルにハング・ライダーアタック!

以前紹介した『片腕ドラゴン』の主演スター、ジミー・ウォング。カンフー映画ブームが日本から去った1976年に公開された、彼の刑事アクション映画の傑作が今回取り上げるこの『スカイ・ハイ』だ!その『スカイ・ハイ』のコミカライズ版をご紹介します!
滝口アキラ | 639 view
思い出の「昭和有名人マンガ劇場」第9回「クンフーの星!ジャッキー・チェン物語」:前編

思い出の「昭和有名人マンガ劇場」第9回「クンフーの星!ジャッキー・チェン物語」:前編

60歳を越えて未だに現役アクションスターとして我々を楽しませてくれている、ジャッキー・チェン。 そんな永遠のアクションスターであるジャッキーの自伝漫画「クンフーの星!ジャッキー・チェン物語」を2回に分けてご紹介します!
滝口アキラ | 2,192 view
今年東映の倉庫で発見されたブルース・リー『ドラゴンへの道』のネガ。早速Blu-ray化され、新年に発売!

今年東映の倉庫で発見されたブルース・リー『ドラゴンへの道』のネガ。早速Blu-ray化され、新年に発売!

ブルース・リーが主演だけでなく監督も務めた『ドラゴンへの道』。同作の日本初公開時に使用されたオリジナルネガフィルムが、今年現像所「東映ラボ・テック」の倉庫で発見されたのを受け、アルティメット・エディションのBlu-rayが、2017年1月25日に発売される。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト