[人気漫画の概要が5分で理解できるシリーズ]ジャンプの黄金期を支えた名作「リングにかけろ」
2015年9月15日 更新

[人気漫画の概要が5分で理解できるシリーズ]ジャンプの黄金期を支えた名作「リングにかけろ」

人間が場外ホームラン級に吹っ飛ぶ必殺のパンチが大人気だったリングにかけろ。そのリンカケの魅力をざっくりと振り返りたい。全体の流れを5分くらいで振り返れるのが目標です。

24,800 view

チャンピオンカーニバル編

 必殺のブーメランフックで次々と競合を倒し

必殺のブーメランフックで次々と競合を倒し

パンチを食らって服が破れるのはすごいですが、この漫画は、その程度のスケールでは収まらないのです。
チャンピオンカーニバルの決勝戦もダブルブ-メランで河合...

チャンピオンカーニバルの決勝戦もダブルブ-メランで河合を破る。

高嶺竜児の姉の菊と河合さんの姉の場外乱闘にお色気あり。要注意です!

菊「ブーメランは不死鳥(ふじちょう)よ」

世界大会編

 全日本のメンバーで世界と戦う。なんと全員、まだ中学生...

全日本のメンバーで世界と戦う。なんと全員、まだ中学生ですよ!

志那虎 一城(しなとら かずき)
香取 石松(かとり いしまつ)
河井 武士(かわい たけし)
剣崎 順(けんざき じゅん)
高嶺 竜児(たかね りゅうじ)
 フランスチームは、全員ナポレオンに見える。誰が誰だか...

フランスチームは、全員ナポレオンに見える。誰が誰だかわからない

苦労しながらも米国やイタリアなどもどんどん倒していく。
スコルピオンとヘルガのドイツチーム

スコルピオンとヘルガのドイツチーム

アマチュアボクシング界とは思えない世界観だ。
相手の強力な必殺ブローを受けながらも必ず立ち上がり

相手の強力な必殺ブローを受けながらも必ず立ち上がり

そのへんはロッキーと一緒
(観客)うわあーーーっ で・・・でたあ!!

(観客)うわあーーーっ で・・・でたあ!!

 日本チームは全員が自身の新しい必殺ブローで勝ち続ける

日本チームは全員が自身の新しい必殺ブローで勝ち続ける

河合さんはジェットアッパー。石松はハリケーンボルト。シナトナ兄さんはスペシャルローリングサンダー(5連打)だ。
(観客)うわあーーーっ で・・・でたあ!!

(観客)うわあーーーっ で・・・でたあ!!

スコルピオン戦で剣崎のキャラクティカ・マグナムが生まれる。

スコルピオン戦で剣崎のキャラクティカ・マグナムが生まれる。

恐ろしい威力なのだ・・・吹っ飛ぶドイツの英雄スコルピオン
(観客)うわあーーーっ で・・・でたあ!!

(観客)うわあーーーっ で・・・でたあ!!

 特に剣崎のギャラクティカ・マグナムや高嶺のブーメラン...

特に剣崎のギャラクティカ・マグナムや高嶺のブーメランスクエアーを食らうと、相手は100メートルくらい遠くまで飛ばされる。

このように場外まで吹き飛ばされるのだ(死んでしまう・・・)。

このように場外まで吹き飛ばされるのだ(死んでしまう・・・)。

人間が場外ホームランのように飛んでいくのだ。
苦労しながらも、ギリシア戦にも勝ち、見事に日本チームは全員全勝する。

ギリシア12神編

世界大会で戦ったライバルたちも集まり「世界連合」として...

世界大会で戦ったライバルたちも集まり「世界連合」としてギリシア12神と戦うことになる

影道(しゃどう)総帥(そうすい)が戦いの前に人数を二人...

影道(しゃどう)総帥(そうすい)が戦いの前に人数を二人減らしをしてくれている。

鳳閣拳(ほうかくけん)は、パンチを食らったときは、痛くもかゆくもないようだが、時間がたつと、心臓が痛み出し破裂するという非常に危険な恐ろしすぎるパンチだ。
ギリシア12神は、9人だけ、まず出てきた。ハーデスとポ...

ギリシア12神は、9人だけ、まず出てきた。ハーデスとポセイドンは後で出てくる。

ポセイドン、ハーデスはヘリコプターに乗っていたようだが、ゼウスはどこにいたのだろうか?
52 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【修羅の門】アメリカ×ボクシング編!エドワード・ヒューズとの対談!

【修羅の門】アメリカ×ボクシング編!エドワード・ヒューズとの対談!

前回の記事では第三部の始まりを紹介させていただきました。テディを口説いて、九十九はアリオスを対戦するため、とうとうアメリカでボクシングのリングに上がることになります。しかし、ここからも一筋縄では進まず、世界一の大富豪であるエドワード・ヒューズの助けは必要不可欠です。それではヒューズと九十九の対談の内容について振り返っていきましょう。
tsukumo2403 | 819 view
【はじめの一歩】熱かった数々の試合を振り返る!鴨川源二VSラルフ・アンダーソン

【はじめの一歩】熱かった数々の試合を振り返る!鴨川源二VSラルフ・アンダーソン

ミドルエッジ世代の青春といえるボクシング漫画『はじめの一歩』。今回は主人公・一歩の師匠といえる鴨川会長の若き日のエピソードを振り返っていきます。現代のボクシングでは絶対にありえないマッチメイクですが、だからこそ熱くなってしまい、惹き付けられる魅力があるように思えます。
tsukumo2403 | 873 view
【修羅の門】アメリカ×ボクシング編!テディ・ビンセントの口説き文句!

【修羅の門】アメリカ×ボクシング編!テディ・ビンセントの口説き文句!

前回までの記事では第一部・第二部の内容を網羅するかたちで振り返ってきましたので、ここからは第三部に突入して、さらに熱い展開を迎えるボクシング編を紹介していきます。主人公・九十九がただ単にボクシングをするのではなく、本場のアメリカでプロボクサーとなり、ヘビー級のリングに上がるというのですから驚きですよね。
tsukumo2403 | 785 view
【はじめの一歩】熱かった数々の試合を振り返る!幕ノ内一歩VS沢村竜平

【はじめの一歩】熱かった数々の試合を振り返る!幕ノ内一歩VS沢村竜平

現在でも根強い人気を誇るコミック『はじめの一歩』。これまで数々の激戦が描かれてきましたが、主人公・一歩が最も苦戦した試合といえば、沢村竜平との対決を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。今回の記事では、幕ノ内一歩VS沢村竜平のデンプシーロール破り破り…について振り返っていきましょう。
tsukumo2403 | 905 view
【はじめの一歩】熱かった数々の試合を振り返る!幕ノ内一歩VS島袋岩男

【はじめの一歩】熱かった数々の試合を振り返る!幕ノ内一歩VS島袋岩男

ミドルエッジ世代の青春の1ページと言っても過言ではない『はじめの一歩』。今回の記事では同キャラ対決といえる対決、幕ノ内一歩と島袋岩男の試合を振り返っていきたいと思います。海で育ってきたという境遇や、選手としてもクロスレンジでの打ち合いを得意とするファイタースタイルなど、似ている要素が多い両者の戦いぶりを見ていきましょう。
tsukumo2403 | 740 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト