長州力と天龍源一郎がLINEスタンプ『日本一滑舌の悪いしゃべるスタンプ』を発売!
2016年11月25日 更新

長州力と天龍源一郎がLINEスタンプ『日本一滑舌の悪いしゃべるスタンプ』を発売!

プロレスラーの長州力と天龍源一郎が6月3日、都内で行われたLINEスタンプ『日本一滑舌の悪いしゃべるスタンプ』発売記念取材会に出席した。

2,718 view

長州と天龍がLINEスタンプ『日本一滑舌の悪いしゃべるスタンプ』を発売

革命戦士『長州力』と、ミスタープロレス『天龍源一郎』がタッグを組み、LINEスタンプ用に、新たにナレーションをレコーディング。
キャラクターは実物そっくりなデザインとなっており、愛くるしくも2人の個性が詰まったスタンプに仕上がったという。
“日本一滑舌の悪い最強コンビ”

“日本一滑舌の悪い最強コンビ”

プロレスラーの長州力と天龍源一郎が6月3日、都内で行われた『日本一滑舌の悪いしゃべるスタンプ』発売記念取材会に出席した。

30年前から何言っているかわからなかった長州と天龍!

今から30年前の1985年に二人はシングル初対決。
動きがキレッキレですが、滑舌は当時から悪かった。

長州対天龍シングル初対決 - YouTube

1985年2月21日 大阪城ホール
試合は長州のリングアウト勝ち。
試合後に両社のマイクパフォーマンスがあるが、何言っているかよくわからない…。

滑舌の悪さを最近気にしている長州力

普段、LINEを使用していないという長州は、「僕はやらないですね」と明かし、使用している携帯電話を聞かれると、「ガラです。ポケベルでもいいなと思う」コメントして報道陣を沸かせた。さらに「(スマホを)見ながら飯を食ったり、歩いている人を見ると、本当にイラつきますよね。マジで」とキレた。

 一方、天龍は「この間まで糸電話を使っていました」とお茶目な一面をのぞかせたが、「今はガラケーに変わりましたが、このスタンプの説明をされたときに、文字だけの人と、音声が出る人のラインナップを見せられて、そこではじめて俺と長州選手にオファーが来た理由が分かって、めちゃくちゃ腹が立ちました」とキレた。

 また、実際に出来上がったスタンプのイラストを見て、お気に入りを聞かれた長州は「ない」と即答。天龍は「めちゃくちゃいいじゃない。上手くできている。音声が何を言っているか分からなくて心配したけど、文字が出るから(大丈夫)」とご満悦な様子だった。

 さらに、タイトルの「日本一滑舌の悪いしゃべるスタンプ」について長州は「そういうことやられるから、そうやって思われるんですよ。最近、(滑舌が悪いことを)ものすごく気にしているんですよ。これでまた日本一でしょ。ふざけんな」と怒ったが、報道陣から「キレてらっしゃるんですか?」と質問されると、「キレてないですよ」と返答して報道陣を大爆笑させた。

『日本一滑舌の悪いしゃべるスタンプ』は6月4日発売

『日本一滑舌の悪いしゃべるスタンプ』(全24種類)は6月4日(木)より発売。
10 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

プロレス総選挙2017順位結果発表!&マツド・デラックス的プロレス総選挙!その1日本人ヘビー級編

プロレス総選挙2017順位結果発表!&マツド・デラックス的プロレス総選挙!その1日本人ヘビー級編

WBCの延長で放送時間がゴールデンから一気に深夜番組となってしまった「プロレス総選挙2017」!!こんな結果だったと言うお知らせとマツド・デラックス的にあたしの独断でそれぞれの部門のベスト10を作ってみたわ!これはひとそれぞれ好きな人が違うから皆ににも投稿してもらいたいわよ!
天龍源一郎はジャイアント馬場・アントニオ猪木からピンフォールを奪った唯一の日本人レスラー!プロレス界の風雲児でした!!

天龍源一郎はジャイアント馬場・アントニオ猪木からピンフォールを奪った唯一の日本人レスラー!プロレス界の風雲児でした!!

闘志を前面に出した天龍の妥協なきファイトは見る者を熱くさせました。ジャイアント馬場・アントニオ猪木からピンフォールを奪った彼もまた伝説となることでしょう。全日本プロレス時代のジャンボ鶴田との死闘、天龍同盟は全国に熱いプロレスを届けました。どこにいっても激しいプロレスを体現する、天龍源一郎はまさにプロレス界の風雲児です。
青春の握り拳 | 13,873 view
【プロレスラー入場テーマ曲・80~90年代】まさに花道、プロレスラー達の入場テーマ曲を主なヘビー級レスラーの歴史とともに振り返る。

【プロレスラー入場テーマ曲・80~90年代】まさに花道、プロレスラー達の入場テーマ曲を主なヘビー級レスラーの歴史とともに振り返る。

プロレスを愛する人々にとって贔屓のプロレスラーの入場ほど気持ちが高揚する瞬間はありません。アントニオ猪木、ジャイアント馬場から始まる数々の名レスラー達、その入場時には自らとファンのボルテージが一気に高まる入場テーマ曲を用意して試合に臨んでいました。そんな興奮を味わいたくて会場に足を運んだ人も多いのではないでしょうか。80~90年代の名レスラー達とともに振り返ってみましょう。
青春の握り拳 | 476,598 view
天龍、長州、三沢。レジェンドプロレスラーたちの滑舌の悪さがバラエティネタに・・・

天龍、長州、三沢。レジェンドプロレスラーたちの滑舌の悪さがバラエティネタに・・・

天龍源一郎、長州力、三沢光晴。いずれも当代きってのプロレスラーとして一時代を築いてきた男たちである。リング上での数々の激闘は、彼らの声帯を破壊してしまったのか。ちょっと確認しよう。
青春の握り拳 | 5,896 view
音楽配信サイト"AWA"でマツドデラックスがお届けする第4弾!「マツドデラックスがお送りするプロレス入場曲元曲ヴァージョン集」をご紹介!

音楽配信サイト"AWA"でマツドデラックスがお届けする第4弾!「マツドデラックスがお送りするプロレス入場曲元曲ヴァージョン集」をご紹介!

音楽配信サイト「AWA」の公式プレイリスターの「マツドデラックス」こと「山本圭亮」がお送りする「まるでカセットテープのような」シリーズ!今回は番外編を特別にご紹介するわ!どうかアクセスして聴いて頂戴ね!

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト